album jacket
 How To Buy
Add all to Cart
TitleDurationPrice
1
Burn -- The Cure  aac: 16bit/44.1kHz  (320kbps CBR) 06:38 N/A
2
Golgotha Tenement Blues -- Machines Of Loving Grace  aac: 16bit/44.1kHz  (320kbps CBR) 04:00 N/A
3
Big Empty -- Stone Temple Pilots  aac: 16bit/44.1kHz  (320kbps CBR) 04:53 N/A
4
Dead Souls -- Nine Inch Nails  aac: 16bit/44.1kHz  (320kbps CBR) 04:53 N/A
5
Darkness -- Rage Against The Machine  aac: 16bit/44.1kHz  (320kbps CBR) 03:42 N/A
6
Color Me Once -- Violent Femmes  aac: 16bit/44.1kHz  (320kbps CBR) 04:11 N/A
7
Ghostrider -- Rollins Band  aac: 16bit/44.1kHz  (320kbps CBR) 05:45 N/A
8
Milktoast -- Helmet  aac: 16bit/44.1kHz  (320kbps CBR) 03:58 N/A
9
The Badge -- Pantera  aac: 16bit/44.1kHz  (320kbps CBR) 03:54 N/A
10
Slip Slide Melting -- For Love Not Lisa  aac: 16bit/44.1kHz  (320kbps CBR) 05:47 N/A
11
After the Flesh -- My Life With The Thrill Kill Kult  aac: 16bit/44.1kHz  (320kbps CBR) 02:59 N/A
12
Snakedriver -- The Jesus And Mary Chain  aac: 16bit/44.1kHz  (320kbps CBR) 03:42 N/A
13
Time Baby III -- Medicine  aac: 16bit/44.1kHz  (320kbps CBR) 03:51 N/A
14
It Can't Rain All the Time -- Jane Siberry  aac: 16bit/44.1kHz  (320kbps CBR) 05:36 N/A
Color Me Once -- Violent Femmes - N/A
Big Empty -- Stone Temple Pilots - N/A
Big Empty -- Stone Temple Pilots - N/A
Color Me Once -- Violent Femmes - N/A
Add all to INTEREST

Discography

Rock

ロック・シーンにおいて圧倒的な影響力と特異の存在感を持つ、90年代グランジ/オルタナ・シーンを代表するストーン・テンプル・パイロッツ。二人のフロントマンを失うという悲劇を乗り越えた彼らが、新たなヴォーカリストと共に今ここに復活する! 2017年にデビュー・アルバム発売から25周年という記念すべきアニバーサリー・イヤーを迎えた、90年代グランジ/オルタナ・シーンの代表格:ストーン・テンプル・パイロッツが、新たなヴォーカリストを迎え入れて発表する最新作! スタジオ・アルバムとしては実に約8年振りとなる、通算7作目となる作品!

Rock

ForeverYOUNGシリーズ逃れられない!!ストテン衝撃のデビュー・アルバム。 このミステリアスなサウンドは、 新たなる空間を生み出した。 (1992年作品)プロデュース:ブレンダン・オブライエン

Rock

シューゲイザーも、オルタナティヴも、すべては『サイコキャンディ』から始まった――。 『ダメージ・アンド・ジョイ』とは、いわゆるシャーデンフロイデ(=schadenfreude; ドイツ語で他者の不幸、悲しみ、苦しみ、失敗を見聞きした時に生じる、喜び、嬉しさといった快い感情。「他人の不幸(失敗)を喜ぶ気持ち」を意味する。日本語では「メシウマ」など)を意味しているが、このアルバムの制作は2015年9月からスタートしていたとのこと。 アルバムからの1st Singleとして「Amputation」を発表。歪んだギターのうねりと、Jimの無頓着なVocalとがぶつかり合うことで、なんともいえない催眠状態を引き起こす楽曲(=hypnotic track)に仕上がっている。 ベスト・アルバム『Upside Down: The Best of The Jesus and Mary Chain』にも収録されている「All Things Must Pass」のニュー・ヴァージョンも収録されている他、ガレージ・ロック・テイストな「Facing Up To The Facts」、耳障りのあるパワー・ポップ・チューン「The Two of Us」など様々なテイストの楽曲が収録されている。 アルバムにはバンドのツアー・ドラマーのBrian Young(ブライアン・ヤング)や、LushのベーシストPhil King(フィル・キング)が参加している。 JAMCは、今作『ダメージ・アンド・ジョイ』をひっさげて、リード兄弟に加え、Scott Von Ryper(guitar)、Mark Crozer(bass)、 Brian Young(drums)の布陣でUKツアーを行う。

View More Discography Collapse
Collapse

News

ジーザス&メリーチェイン3年ぶりの来日ツアー決定

ジーザス&メリーチェイン3年ぶりの来日ツアー決定

シューゲイザーの先駆け、のちのオルタナシーンに数多のフォロワーを生み出した重鎮的存在のジーザス&メインチェイン。 3年ぶりとなる来日ツアーが決定した。 初期メンバーにプライマル・スクリームのボビー・ギレスピーも在籍していたことでも有名なジーザス&メリー・