album jacket
 How To Buy
Add all to Cart
TitleDurationPrice
1
Waitin' for a Superman (Radio Edit)  aac: 16bit/44.1kHz  (320kbps ABR) 03:31 N/A
2
Waitin' for a Superman  (320kbps ABR) 04:21 N/A
2
Waitin' for a Superman  aac: 16bit/44.1kHz  (320kbps ABR) 04:19 N/A
3
Waitin' for a Superman (Mokran Remix)  aac: 16bit/44.1kHz  (320kbps ABR) 04:19 N/A
4
Thirty-Five Thousand Feet of Despair (Stereo Remix)  aac: 16bit/44.1kHz  (320kbps ABR) 05:08 N/A
5
Riding to Work in the Year 2025 (Your Invisible Now) [Stereo Remix]  aac: 16bit/44.1kHz  (320kbps ABR) 05:53 N/A
Waitin' for a Superman  (320kbps ABR) - N/A
Add all to INTEREST

Discography

Rock

そのシュールでアートな音世界で、独自のサイケデリックな摩訶不思議ワールドを極め続けているザ・フレーミング・リップス。彼らにとって昨年の『KING’S MOUTH』以来となる最新スタジオ・アルバムがリリースとなる。 最新作のタイトルは『AMERICAN HEAD』。13の映像的な楽曲からなるこのアルバムのプロデュースを手掛けるのは、バンドと彼らの作品ではおなじみのデイヴ・フリードマン。アルバムからは先行シングルとして、泣きそうなほどドリーミーでメランコリックな「Flowers of Neptune 6」と美しいメロディーが切ない感傷的なバラード「My Religion Is You」がリリースされているが、これらの楽曲を聴いてもらえば、本作が『THE SOFT BULLETIN』や『YOSHIMI BATTLES THE PINK ROBOTS』と同じ空気感を持っていることが伝わってくるだろう。『AMERICAN HEAD』 は、ザ・フレーミング・リップス史上最も美しく、首尾一貫した作品になるかもしれないのだ。またアルバムには、ケイリー・マスグレイヴスをフィーチャリング・ゲストに迎えた「God And The Policeman」も収録されている。 歌詞の面では、より黙想的な内容となっていると言えよう。それはフロントマンのウェイン・コインがアルバム・リリースの発表に合わせて公開した短編、『WE’RE AN AMERICAN BAND』からの抜粋となる以下にも綴られている。

Rock

ザ・フレーミング・リップスがオーケストラとコーラスとともに演奏した『THE SOFT BULLETIN』完全再現オーケストラ・ライヴがバンド”初”の公式ライヴ・アルバムとして登場! 世界を祝福する歓喜の音響が、圧倒的多幸感とともに降り注ぐ。

View More Discography Collapse
Collapse