album jacket
 How To Buy
Add all to Cart
TitleDurationPrice
1
Hear It  aac: 16bit/44.1kHz  (320kbps CBR) 01:49 N/A
2
Shades Of Truth  aac: 16bit/44.1kHz  (320kbps CBR) 04:01 N/A
3
All Fantastic Images  aac: 16bit/44.1kHz  (320kbps CBR) 02:08 N/A
4
The Biggest Killer In American History  aac: 16bit/44.1kHz  (320kbps CBR) 02:14 N/A
5
No Substance  aac: 16bit/44.1kHz  (320kbps CBR) 03:04 N/A
6
Raise Your Voice!  aac: 16bit/44.1kHz  (320kbps CBR) 02:55 N/A
7
Sowing The Seeds Of Utopia  aac: 16bit/44.1kHz  (320kbps CBR) 02:01 N/A
8
The Hippy Killers  aac: 16bit/44.1kHz  (320kbps CBR) 03:01 N/A
9
The State Of The End Of The Millennium Address  aac: 16bit/44.1kHz  (320kbps CBR) 02:22 N/A
10
The Voracious March Of Godliness  aac: 16bit/44.1kHz  (320kbps CBR) 02:28 N/A
11
Mediocre Minds  aac: 16bit/44.1kHz  (320kbps CBR) 01:56 N/A
12
Victims Of The Revolution  aac: 16bit/44.1kHz  (320kbps CBR) 03:17 N/A
13
Strange Denial  aac: 16bit/44.1kHz  (320kbps CBR) 03:02 N/A
14
At The Mercy Of Imbeciles  aac: 16bit/44.1kHz  (320kbps CBR) 01:34 N/A
15
The Same Person  aac: 16bit/44.1kHz  (320kbps CBR) 02:49 N/A
16
In So Many Ways  aac: 16bit/44.1kHz  (320kbps CBR) 03:04 N/A
Add all to INTEREST

Discography

Rock

米パンク界の生ける伝説、バッド・レリジョン。17枚目の新作は、この“反理性の時代”に対するアンチテーゼとなる、彼らの意思表明である。 今作はカルロス・デ・ラ・ガルサ(Jimmy Eat World、Paramore他)の共同プロデュースとなり、2013年リリースの『True North』以来、約6年ぶりの新作となる。 現代の社会が抱える様々な問題、人種差別、トランプ政権問題、中流階級崩壊、コリン・キャパニックの抗議等をテーマにした世界に対する警告であり、きわめてアグレッシブな作品に仕上がっている。彼らは結成以来、ヒューマニズム、そして個人主義を支持する、政治性の強いパンク・バンドとして活動してきた。このような価値観が崩れていき、偏狭なナショナリズムが高まっていくこの時代だからこそ、バッド・レリジョンのメッセージはより重みをもって我々の胸に突き刺さるのかもしれない。

View More Discography Collapse