album jacket
 How To Buy
Add all to Cart
TitleDurationPrice
1
Paganini: Violin Concerto No. 4 in D Minor, MS. 60 - 1. Allegro maestoso  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 15:59 N/A
2
Paganini: Violin Concerto No.4 in D minor - 2. Adagio flebile con sentimento  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 05:39 N/A
3
Paganini: Violin Concerto No. 4 in D Minor, MS. 60 - 3. Rondo galante. Andantino gaio  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 10:31 N/A
4
Paganini: Suonata Varsavia - 1. Allegro vivo  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 04:26 N/A
5
Paganini: Suonata Varsavia - 2. Recitativo (Sostenuto - Allegro)  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 00:46 N/A
6
Paganini: Suonata Varsavia - 3. Tema polacco (Andantino)  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 08:06 N/A
7
Paganini: Suonata Varsavia - 4. Finale  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:41 N/A
Add all to INTEREST

Discography

Classical/Soundtrack

ミェチスワフ・ヴァインベルクはポーランド出身、後にロシアで活動するも、ユダヤ人として苦難の人生を歩んだ作曲家である。ショスタコーヴィチにその才能を見出されたこの天才作曲家の様々な作品に挑み続けてきた鬼才ギドン・クレーメルが今回取り上げたのは無伴奏ヴァイオリン・ソナタ3曲。1964年、1967年、1979年に書かれたヴァインベルクの3つのソナタは、20世紀の独奏ヴァイオリンのための作品の中で最も豊かな創造性と技術的な挑戦であり、その過激な表現力は聴く者を魅了する。

13 tracks
Classical/Soundtrack

ミェチスワフ・ヴァインベルクはポーランド出身、後にロシアで活動するも、ユダヤ人として苦難の人生を歩んだ作曲家である。ショスタコーヴィチにその才能を見出されたこの天才作曲家の様々な作品に挑み続けてきた鬼才ギドン・クレーメルが今回取り上げたのは無伴奏ヴァイオリン・ソナタ3曲。1964年、1967年、1979年に書かれたヴァインベルクの3つのソナタは、20世紀の独奏ヴァイオリンのための作品の中で最も豊かな創造性と技術的な挑戦であり、その過激な表現力は聴く者を魅了する。

13 tracks
View More Discography Collapse
Collapse