album jacket
 How To Buy
Add all to Cart
TitleDurationPrice
1
Baby I -- アリアナ・グランデ  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:17 N/A
2
Jealous -- ニック・ジョナス  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 04:10 N/A
3
Hold On, We're Going Home -- ドレイクマジッド・ジョーダン  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:48 N/A
4
I Call It Love -- ライオネル・リッチー  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:20 N/A
5
Happy Song (Tonite) -- ブラックストリート  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 05:41 N/A
6
Just Friends (Sunny) -- ミュージック  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 04:06 N/A
7
Feel Like Makin' Love -- ディアンジェロ  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 06:05 N/A
8
After The Dance (Extended Alternate Mix) -- マーヴィン・ゲイ  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 05:12 N/A
9
Yearning For Your Love -- ギャップ・バンド  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 05:45 N/A
10
My Cherie Amour -- スティーヴィー・ワンダー  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 02:53 N/A
11
Lovefool -- カーディガンズ  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:17 N/A
12
If It Makes You Happy -- シェリル・クロウ  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 05:26 N/A
13
Fallin' For You -- コルビー・キャレイ  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:38 N/A
14
A Thousand Miles -- ヴァネッサ・カールトン  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:59 N/A
15
Shooting Star -- アウル・シティー  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 04:08 N/A
16
Young And Beautiful -- ラナ・デル・レイ  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:58 N/A
17
Your Song -- エリー・ゴールディング  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:12 N/A
18
You're The Best Thing -- ザ・スタイル・カウンシル  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 05:42 N/A
19
Spooky -- ダスティ・スプリングフィールド  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 02:45 N/A
20
Love -- キーシャ・コール  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 04:16 N/A
Add all to INTEREST

Discography

Rock

ドリーム・ポップのその先へ。 映画を見ているかのように情景を想起させる音楽、哀しみを帯びた声とメロディ。 そして50’s、60’sのアメリカ音楽を取り入れた独自の世界感を繰り広げる’孤高のシンガー’による最新アルバム。 2019年にグラミー賞にノミネートされた前作『ノーマン・ファッキング・ロックウェル!』以来、1年半ぶり7作目となるスタジオ・アルバム! 2020年にリリースしたシングル「Let Me Love You Like A Woman」やタイトルトラックの「Chemtrails Over The Country Club」など全11曲を収録。

11 tracks
View More Discography Collapse
Collapse

News

映画『サマー・オブ・ソウル(あるいは、革命がテレビ放映されなかった時)』予告映像&ポスタービジュアル公開

映画『サマー・オブ・ソウル(あるいは、革命がテレビ放映されなかった時)』予告映像&ポスタービジュアル公開

2021年8月27日(金)に劇場公開される音楽ドキュメンタリー映画『サマー・オブ・ソウル(あるいは、革命がテレビ放映されなかった時)』から、予告映像とポスタービジュアルが公開された。 この映画は、ウッドストックと同じ1969年の夏、160キロ離れた場所で

【連載コラム】ラヴェンダーズAKIRA のWANNA GO HOME―第52回

【連載コラム】ラヴェンダーズAKIRA のWANNA GO HOME―第52回

みなさんこんにちは、AKIRAです! 今週も「ラヴェンダーズAKIRAのWANNA GO HOME」へようこそ! すっかり寒いけど、皆さんいかがお過ごし? 今週のお題「打ち上げ」 打ち上げ、って久々に口に出したな、、、こないだ編集の岡本さんと話してたとき

ザ・スタイル・カウンシルの決定版ベストがリリース

ザ・スタイル・カウンシルの決定版ベストがリリース

ポップ・グループザ・スタイル・カウンシル、数々の大ヒット曲をすべて収録したCD2枚組の決定版アンソロジー『ロング・ホット・サマーズ:ザ・ストーリー・オブ・ザ・スタイル・カウンシル』が本日リリースされた。 本作は、ポール・ウェラー自身が共同編集者として関わ

スティーヴィー・ワンダー、約4年ぶりの新曲2曲同時リリース

スティーヴィー・ワンダー、約4年ぶりの新曲2曲同時リリース

現地時間10月13日(水)、スティーヴィー・ワンダーが次男ムンタズ・ワンダーの誕生日を記念して、新曲「Can’t Put It in The Hands of Fate」と「Where Is Our Love Song」を2曲同時にリリースした。 どちら

【連載コラム】ラヴェンダーズAKIRA のWANNA GO HOME―第49回

【連載コラム】ラヴェンダーズAKIRA のWANNA GO HOME―第49回

みなさんこんにちは、AKIRAです! 今週も「ラヴェンダーズAKIRAのWANNA GO HOME」へようこそ! 10月です。大好きな秋、毎日過ごしやすい!一年中この気候が良いなぁ。それでは早速今週のテーマへ。 今週のお題「歌詞」 歌詞の話をしようと思う

ザ・スタイル・カウンシルのグレイテスト・ヒッツが10月30日リリース

ザ・スタイル・カウンシルのグレイテスト・ヒッツが10月30日リリース

ザ・スタイル・カウンシルが、大ヒット曲をすべて収録した決定版となる待望のアンソロジー『ロング・ホット・サマーズ:ザ・ストーリー・オブ・ザ・スタイル・カウンシル』を10月30日にリリースすることを発表した。 ポール・ウェラー自身が共同編集者として関わり、ア

View More News Collapse
【連載コラム】ラヴェンダーズAKIRA のWANNA GO HOME―第31回

【連載コラム】ラヴェンダーズAKIRA のWANNA GO HOME―第31回

みなさんこんにちは、AKIRAです! 今週も「ラヴェンダーズAKIRAのWANNA GO HOME」へようこそ! 寒い、寒い!暖冬って言うけど、十分寒いわ!ってマフラーぐるぐる巻きの今日この頃。それでは早速今週のテーマへ。 ★今週のお題『お気に入りのファ

アリアナ・グランデ 自身初のライヴ・アルバムをリリース

アリアナ・グランデ 自身初のライヴ・アルバムをリリース

アリアナ・グランデが、自身初のライヴ・アルバム『k bye for now (swt live)』をリリースした。 昨年8月に発表したアルバム『スウィートナー』を引っ提げて今年3月からワールド・ツアーを敢行中のアリアナ。(結果的に、その僅か半年後の今年2

【連載コラム】ラヴェンダーズAKIRA のWANNA GO HOME―第13回

【連載コラム】ラヴェンダーズAKIRA のWANNA GO HOME―第13回

みなさんこんにちは、AKIRAです ! 今週も「ラヴェンダーズAKIRAのWANNA GO HOME」へようこそ! さて5月ももう後半、暑すぎやしませんか? 夏本番どうなっちゃうんだろうって、毎年言ってる気がしますね(笑)。それでは早速今週のテーマへ!

グラミー賞選出の2018年最大の洋楽ヒットコンピがリリース

グラミー賞選出の2018年最大の洋楽ヒットコンピがリリース

第61回を迎える世界最高峰の音楽の祭典グラミー賞。 授賞式に先駆け、毎年その一年の洋楽ヒットを完全網羅した内容で発売されているグラミー公式コンピレーション・シリーズが今年も登場した。 今年も「年間最優秀レコード」「年間最優秀楽曲」「年間最優秀アルバム」「

Collapse

Articles

ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第23回

連載

ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第23回

2018年もいよいよ残りわずか、今年のヒップホップ・シーンも目まぐるしく動いていった1年でしたね。斎井直史による「パンチライン・オブ・ザ・マンス」、先月は東京とLAを拠点にじわじわと話題を集めるユニット、CIRRRCLEから分かる、ネット時代の新たなプロモ…