How To Buy
TitleDurationPrice
綯交ぜの双子  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 04:57
水上公園  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 04:45
カリーニングラード  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 07:31
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 17:13
Album Info

昨夜のレイトショー待望の3rd.EP『Lost Era 30』が遂にリリース!

曲調・歌詞共に希望が絶望へと変わる瞬間を表現した「綯交ぜの双子」、忙殺の日々から逃避を試みる物語の「水上公園」、幻想的かつ力強いリードギターや、神聖なコーラスが特徴的な「カリーニングラード」から構成される、失われた時代を表現した作品です。

Discography

Rock

昨夜のレイトショー待望の3rd.EP『Lost Era 30』が遂にリリース! 曲調・歌詞共に希望が絶望へと変わる瞬間を表現した「綯交ぜの双子」、忙殺の日々から逃避を試みる物語の「水上公園」、幻想的かつ力強いリードギターや、神聖なコーラスが特徴的な「カリーニングラード」から構成される、失われた時代を表現した作品です。

3 tracks
Rock

昨夜のレイトショー待望の3rd.EP『Lost Era 30』が遂にリリース! 曲調・歌詞共に希望が絶望へと変わる瞬間を表現した「綯交ぜの双子」、忙殺の日々から逃避を試みる物語の「水上公園」、幻想的かつ力強いリードギターや、神聖なコーラスが特徴的な「カリーニングラード」から構成される、失われた時代を表現した作品です。

3 tracks
Rock

「短編映画のような世界観」を創り出す昨夜のレイトショー2作目となるEP作品です。 悲愴感が漂いながらも美しいメロディを轟音とノイズで包んだ「もう助からない人」、日本のシューゲイズシーンを圧倒する数多くのヒット作を手がけてきた管梓氏(For Tracy Hyde・エイプリルブルー・Letters to Annika)とのコラボ楽曲「東海レールサーフ」、学生時代を思い出させるような雰囲気の序盤から、壮大でドラマチックに展開していく「消えた軌道」の3曲で構成されています。 前作よりも明らかにシューゲイズ・ドリームポップとしての存在感を高めた3曲。列車のボックス席に座って、遠くを眺めながら「Line12」の車窓を想像してみてください。

3 tracks
Rock

「短編映画のような世界観」を創り出す昨夜のレイトショー2作目となるEP作品です。 悲愴感が漂いながらも美しいメロディを轟音とノイズで包んだ「もう助からない人」、日本のシューゲイズシーンを圧倒する数多くのヒット作を手がけてきた管梓氏(For Tracy Hyde・エイプリルブルー・Letters to Annika)とのコラボ楽曲「東海レールサーフ」、学生時代を思い出させるような雰囲気の序盤から、壮大でドラマチックに展開していく「消えた軌道」の3曲で構成されています。 前作よりも明らかにシューゲイズ・ドリームポップとしての存在感を高めた3曲。列車のボックス席に座って、遠くを眺めながら「Line12」の車窓を想像してみてください。

3 tracks
Rock

「612号室から望んだ夕方の街、全部偽物だった」 Room612は、耳になじみやすい音に少々後ろ向きな歌詞を添えた、"人間味のある3曲"で構成される昨夜のレイトショー初となるEP作品です。夕暮れ時に遠くを眺めながら聴いて、Room612の景色を想像してみてください。

3 tracks
Rock

「612号室から望んだ夕方の街、全部偽物だった」 Room612は、耳になじみやすい音に少々後ろ向きな歌詞を添えた、"人間味のある3曲"で構成される昨夜のレイトショー初となるEP作品です。夕暮れ時に遠くを眺めながら聴いて、Room612の景色を想像してみてください。

3 tracks
Rock

進化していく過程で、大きな衝撃が加わったとき、人は全くの別人になってしまいます。その中で消えていく記憶について激しく、切なく歌っています。 序盤・中盤・終盤で全く曲の雰囲気が変わっていくのが特徴的です。あっという間に過ぎゆく9分間、聴き終えた頃にはなんとも言えない感情に浸っていることでしょう。

1 track
Rock

進化していく過程で、大きな衝撃が加わったとき、人は全くの別人になってしまいます。その中で消えていく記憶について激しく、切なく歌っています。 序盤・中盤・終盤で全く曲の雰囲気が変わっていくのが特徴的です。あっという間に過ぎゆく9分間、聴き終えた頃にはなんとも言えない感情に浸っていることでしょう。

1 track