How To Buy
TitleDurationPrice
レンゲの月  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:46
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 04:46
Album Info

MUSICおさむの楽曲『レンゲの月』がリリースされました。この曲は、MUSICおさむ自身が作詞・作曲を手がけた楽曲です。彼が幼少期に体験したエピソードが曲の制作に大きな影響を与えています。彼は子供の頃、父親と高速道路のパーキングエリアの小さな食堂で月見うどんを食べた時のことをよくライブ放送で話しています。

幼いMUSICおさむは、月見うどんの半熟卵が割れてスープが濁らないように、黄身を優しく扱っていました。その様子を見た父親が「優しい子だね」と褒めたことが、彼の心に深く刻まれました。

この体験が彼の心に残り、大人になったMUSICおさむは、その優しさの記憶が愛情という形で変化していく様子を描いた『レンゲの月』を制作しました。か弱い卵の黄身と、愛する人を重ね合わせ、傷つけないように、清らかなうどんの湯気が漂う中、月を優しくすくい上げたいという思いが、愛する人を救いたい、守りたいという思いにつながっています。その純粋な想いが、癒やしと温かさを感じさせる楽曲となっています。雲の影に隠れて泣く月や、愛する人と笑う光景が、雨の日の情景と相まって、切なくも美しい風景を描いています。

『レンゲの月』は、聴く人々に愛と希望を届ける楽曲であり、MUSICおさむの感性が織りなす美しいメロディと歌詞が心に深く響くことでしょう。

Discography

MUSICおさむの楽曲『大丈夫』がリリースされました。 この曲は、人生の困難を乗り越える勇気と希望を歌っています。 歌詞では、少年が思い出す歌や、冗談のようなやり取りを通じて、辛い時も乗り越えられる強さと、笑顔の大切さが描かれています。「大丈夫、昨日の涙は想い出に変わるよね」というリフレインは、過去の苦しい記憶も時間が経てば美しい思い出に変わるという希望のメッセージを伝えています。また、「大丈夫、消えないのはここで今笑ったこと」という部分では、どんな困難も乗り越え、笑顔を忘れないことの重要性を強調しています。 『大丈夫』は、日常の小さな幸せや前向きな気持ちを大切にすることを思い出させる楽曲で、リスナーに元気と勇気を与えるでしょう。

1 track

MUSICおさむの楽曲『大丈夫』がリリースされました。 この曲は、人生の困難を乗り越える勇気と希望を歌っています。 歌詞では、少年が思い出す歌や、冗談のようなやり取りを通じて、辛い時も乗り越えられる強さと、笑顔の大切さが描かれています。「大丈夫、昨日の涙は想い出に変わるよね」というリフレインは、過去の苦しい記憶も時間が経てば美しい思い出に変わるという希望のメッセージを伝えています。また、「大丈夫、消えないのはここで今笑ったこと」という部分では、どんな困難も乗り越え、笑顔を忘れないことの重要性を強調しています。 『大丈夫』は、日常の小さな幸せや前向きな気持ちを大切にすることを思い出させる楽曲で、リスナーに元気と勇気を与えるでしょう。

1 track

MUSICおさむの新曲『僕が生まれた日』がリリースされました。この曲は、誕生日の意味と人生での大切な出会いについて歌っています。誕生日はただ歳を重ねる日ではなく、自分を再発見する日であることを表現しています。 歌詞では、誕生日に感じるいろんな感情や、人とのつながりが自分をどう変えるかを描いています。特に、他人との関係が自分の価値をどう高め、自己受容につながるかを掘り下げています。「あなたとの出会いが僕の人生に意味を与えた」というメッセージを通じて、人との深いつながりがもたらすポジティブな変化を讃えています。 『僕が生まれた日』はまた、過去の記憶や景色を振り返り、それを現在の自分と照らし合わせて成長を感じるプロセスも描いています。「あの時の記憶を角度変えて今の僕になれた」という歌詞で、過去の経験が今の自分にどう影響しているかを示しています。 この曲は、人として成長する中で感じる様々な感情を表現し、人として成熟することの美しさと価値を強調しています。聴く人々にとって、『僕が生まれた日』は、人生の葛藤と成長を反映し、自己受容と愛の重要性を考えるきっかけとなるでしょう。

1 track

MUSICおさむの新曲『僕が生まれた日』がリリースされました。この曲は、誕生日の意味と人生での大切な出会いについて歌っています。誕生日はただ歳を重ねる日ではなく、自分を再発見する日であることを表現しています。 歌詞では、誕生日に感じるいろんな感情や、人とのつながりが自分をどう変えるかを描いています。特に、他人との関係が自分の価値をどう高め、自己受容につながるかを掘り下げています。「あなたとの出会いが僕の人生に意味を与えた」というメッセージを通じて、人との深いつながりがもたらすポジティブな変化を讃えています。 『僕が生まれた日』はまた、過去の記憶や景色を振り返り、それを現在の自分と照らし合わせて成長を感じるプロセスも描いています。「あの時の記憶を角度変えて今の僕になれた」という歌詞で、過去の経験が今の自分にどう影響しているかを示しています。 この曲は、人として成長する中で感じる様々な感情を表現し、人として成熟することの美しさと価値を強調しています。聴く人々にとって、『僕が生まれた日』は、人生の葛藤と成長を反映し、自己受容と愛の重要性を考えるきっかけとなるでしょう。

1 track

MUSICおさむの楽曲『おんどこ』がリリースされました。この曲は、MUSICおさむの実話に基づいて、ユーモラスなストーリーが綴られた楽曲です。歌詞には、彼や彼の兄の漢字の読み間違えによる学校や仕事場での赤っ恥エピソードが散りばめられており、リスナーに笑いと共感を呼び起こします。 この楽曲は、日常の些細な出来事や勘違いも笑いに変え、そして、何かの明るい未来のきっかけにもなると、明るくポジティブなメッセージを伝えながら、彼の人間味溢れる一面を覗かせてくれます。その軽快なリズムとキャッチーなメロディは、聴く人々に笑顔と楽しさを届けることでしょう。

1 track

MUSICおさむの楽曲『おんどこ』がリリースされました。この曲は、MUSICおさむの実話に基づいて、ユーモラスなストーリーが綴られた楽曲です。歌詞には、彼や彼の兄の漢字の読み間違えによる学校や仕事場での赤っ恥エピソードが散りばめられており、リスナーに笑いと共感を呼び起こします。 この楽曲は、日常の些細な出来事や勘違いも笑いに変え、そして、何かの明るい未来のきっかけにもなると、明るくポジティブなメッセージを伝えながら、彼の人間味溢れる一面を覗かせてくれます。その軽快なリズムとキャッチーなメロディは、聴く人々に笑顔と楽しさを届けることでしょう。

1 track

MUSICおさむの楽曲『レンゲの月』がリリースされました。この曲は、MUSICおさむ自身が作詞・作曲を手がけた楽曲です。彼が幼少期に体験したエピソードが曲の制作に大きな影響を与えています。彼は子供の頃、父親と高速道路のパーキングエリアの小さな食堂で月見うどんを食べた時のことをよくライブ放送で話しています。 幼いMUSICおさむは、月見うどんの半熟卵が割れてスープが濁らないように、黄身を優しく扱っていました。その様子を見た父親が「優しい子だね」と褒めたことが、彼の心に深く刻まれました。 この体験が彼の心に残り、大人になったMUSICおさむは、その優しさの記憶が愛情という形で変化していく様子を描いた『レンゲの月』を制作しました。か弱い卵の黄身と、愛する人を重ね合わせ、傷つけないように、清らかなうどんの湯気が漂う中、月を優しくすくい上げたいという思いが、愛する人を救いたい、守りたいという思いにつながっています。その純粋な想いが、癒やしと温かさを感じさせる楽曲となっています。雲の影に隠れて泣く月や、愛する人と笑う光景が、雨の日の情景と相まって、切なくも美しい風景を描いています。 『レンゲの月』は、聴く人々に愛と希望を届ける楽曲であり、MUSICおさむの感性が織りなす美しいメロディと歌詞が心に深く響くことでしょう。

1 track

MUSICおさむの楽曲『レンゲの月』がリリースされました。この曲は、MUSICおさむ自身が作詞・作曲を手がけた楽曲です。彼が幼少期に体験したエピソードが曲の制作に大きな影響を与えています。彼は子供の頃、父親と高速道路のパーキングエリアの小さな食堂で月見うどんを食べた時のことをよくライブ放送で話しています。 幼いMUSICおさむは、月見うどんの半熟卵が割れてスープが濁らないように、黄身を優しく扱っていました。その様子を見た父親が「優しい子だね」と褒めたことが、彼の心に深く刻まれました。 この体験が彼の心に残り、大人になったMUSICおさむは、その優しさの記憶が愛情という形で変化していく様子を描いた『レンゲの月』を制作しました。か弱い卵の黄身と、愛する人を重ね合わせ、傷つけないように、清らかなうどんの湯気が漂う中、月を優しくすくい上げたいという思いが、愛する人を救いたい、守りたいという思いにつながっています。その純粋な想いが、癒やしと温かさを感じさせる楽曲となっています。雲の影に隠れて泣く月や、愛する人と笑う光景が、雨の日の情景と相まって、切なくも美しい風景を描いています。 『レンゲの月』は、聴く人々に愛と希望を届ける楽曲であり、MUSICおさむの感性が織りなす美しいメロディと歌詞が心に深く響くことでしょう。

1 track

MUSICおさむの楽曲『雨と空想と僕』がリリースされました。この楽曲は、MUSICおさむが描く甘く、甘酸っぱい青春の物語を表現した作品です。曲の中に登場する少年は、多くの若者が青春時代に経験したり、共感するであろう感情を象徴しています。 サビの中で描かれる若い男女が嬉しそうに二人ではしゃぐ姿は、少年の妄想の中での出来事であり、現実では、誘うことも、告白することもできず、1人で妄想や空想の中で夢のようなひとときを過ごす姿を表しています。 この曲は、若者が抱える葛藤や未練、そして変えられない現実に対する無力感、切なさをリアルに描写し、聴く人々に共感を呼び起こすことで、深い感動を与えるでしょう。MUSICおさむの感情豊かな歌声と、曲の美しいメロディが組み合わさり、青春の情熱や葛藤を胸に刻み込むメッセージを届けます。 雨の美しいイメージと共に、青春の甘く切ない物語の世界へ。

1 track

MUSICおさむの楽曲『雨と空想と僕』がリリースされました。この楽曲は、MUSICおさむが描く甘く、甘酸っぱい青春の物語を表現した作品です。曲の中に登場する少年は、多くの若者が青春時代に経験したり、共感するであろう感情を象徴しています。 サビの中で描かれる若い男女が嬉しそうに二人ではしゃぐ姿は、少年の妄想の中での出来事であり、現実では、誘うことも、告白することもできず、1人で妄想や空想の中で夢のようなひとときを過ごす姿を表しています。 この曲は、若者が抱える葛藤や未練、そして変えられない現実に対する無力感、切なさをリアルに描写し、聴く人々に共感を呼び起こすことで、深い感動を与えるでしょう。MUSICおさむの感情豊かな歌声と、曲の美しいメロディが組み合わさり、青春の情熱や葛藤を胸に刻み込むメッセージを届けます。 雨の美しいイメージと共に、青春の甘く切ない物語の世界へ。

1 track

MUSICおさむの楽曲『桜木Bye-Bye Baby』がリリースされました。この曲は、春の訪れとともに別れを迎える心の葛藤を描いた作品です。柔らかな日差しと桜の香りが漂う中、切なさが心を包み込むこの曲は、誰もが感じたことのある「さよなら」の瞬間を切なくも美しく刻みます。歌詞の中で「Bye-Bye Baby」と繰り返されるフレーズが、忘れがたい思い出と新しい未来への一歩を象徴しています。最後には感謝を込めて、新たな始まりに向けての希望を歌に込めています。『桜木Bye-Bye Baby』は、春の訪れと共に心に残る一曲です。

1 track

MUSICおさむの楽曲『桜木Bye-Bye Baby』がリリースされました。この曲は、春の訪れとともに別れを迎える心の葛藤を描いた作品です。柔らかな日差しと桜の香りが漂う中、切なさが心を包み込むこの曲は、誰もが感じたことのある「さよなら」の瞬間を切なくも美しく刻みます。歌詞の中で「Bye-Bye Baby」と繰り返されるフレーズが、忘れがたい思い出と新しい未来への一歩を象徴しています。最後には感謝を込めて、新たな始まりに向けての希望を歌に込めています。『桜木Bye-Bye Baby』は、春の訪れと共に心に残る一曲です。

1 track

MUSICおさむの心に響く楽曲『星になった君と』がリリースされました。この曲は、失った大切な人との思い出をテーマに、切ないが温かなメロディーで綴られています。MUSICおさむが自ら作詞作曲編曲を手がけ、その優しい歌声が私たちの心に寄り添います。 「僕も星に行くためのロケットを作ってるんだよ」という歌詞には、愛した人への深い想いと、いつかまた再会する希望が込められています。「アロハオエ」という合言葉は、永遠の別れを象徴しながらも、いつの日か再び会えることへの願いを表しています。 曲中で繰り返される「うえーん うえーん」「うわーん うわーん」は、初めの悲しみが次第に癒えていく過程を描いており、MUSICおさむの歌声がそれを一層感動的に伝えます。『星になった君と』は、ただの楽曲ではなく、心の奥深くに訴えかける物語です。 この曲を通じて、MUSICおさむは私たちに大切な人との美しい思い出を大切にし、前向きに生きる力を与えてくれます。心温まるそのメロディと歌詞で、ぜひあなたも失われた愛を感じながら、新たな一歩を踏み出してみませんか?

1 track

MUSICおさむの心に響く楽曲『星になった君と』がリリースされました。この曲は、失った大切な人との思い出をテーマに、切ないが温かなメロディーで綴られています。MUSICおさむが自ら作詞作曲編曲を手がけ、その優しい歌声が私たちの心に寄り添います。 「僕も星に行くためのロケットを作ってるんだよ」という歌詞には、愛した人への深い想いと、いつかまた再会する希望が込められています。「アロハオエ」という合言葉は、永遠の別れを象徴しながらも、いつの日か再び会えることへの願いを表しています。 曲中で繰り返される「うえーん うえーん」「うわーん うわーん」は、初めの悲しみが次第に癒えていく過程を描いており、MUSICおさむの歌声がそれを一層感動的に伝えます。『星になった君と』は、ただの楽曲ではなく、心の奥深くに訴えかける物語です。 この曲を通じて、MUSICおさむは私たちに大切な人との美しい思い出を大切にし、前向きに生きる力を与えてくれます。心温まるそのメロディと歌詞で、ぜひあなたも失われた愛を感じながら、新たな一歩を踏み出してみませんか?

1 track