album jacket
 How To Buy
TitleDurationPrice
Rather Be  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:14
No Cry (feat. KEIJU) -- MUDKEIJU  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:48
Sacred Muzik  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:04
Vertex (feat. Dony Joint) -- MUDDONY JOINT  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 02:56
No Mercy (feat. BLAISE & Gottz) -- MUDBLAISEGottz  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:39
Brotherhood (feat. Pablo Blasta) -- MUDPablo Blasta  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 02:56
Ex  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:01
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 22:38
Album Info

HIP HOPクルー、KANDYTOWNに所属し、そのルードなアティテュードと日本人離れしたフロウでクルー屈指の実力派との呼び声高い、ラッパーのMUDがEP『VALUE THE PRESENT』を12月25日にリリースすることが決定した。それに伴い、本日よ先行シングル「Rather Be」をリリース。 自身のソロ名義としては、2017年にリリースし各方面から高い評価を得た『Make U Dirty』以来、約1年半ぶりとなる今作。全7曲を収録し、ゲストにはKANDYTOWNよりKEIJU、Gottz、ビートメイカーのMIKIが参加。又、Blaise(KILLAH)、Pablo Blasta、楽曲提供としてFla$hBacksのFebbが参加している。

Discography

HipHop/R&B
MUD

HIP HOPクルー、KANDYTOWNに所属し、そのルードなアティテュードと日本人離れしたフロウでクルー屈指の実力派との呼び声高い、ラッパーのMUDがEP『VALUE THE PRESENT』を12月25日にリリースすることが決定した。それに伴い、本日よ先行シングル「Rather Be」をリリース。 自身のソロ名義としては、2017年にリリースし各方面から高い評価を得た『Make U Dirty』以来、約1年半ぶりとなる今作。全7曲を収録し、ゲストにはKANDYTOWNよりKEIJU、Gottz、ビートメイカーのMIKIが参加。又、Blaise(KILLAH)、Pablo Blasta、楽曲提供としてFla$hBacksのFebbが参加している。

7 tracks
HipHop/R&B
MUD

注目のクルー、KANDYTOWNのメンバーであり、ソロ・デビューが待たれていた最高にドープなラッパー、MUD!Neetzの全曲プロデュースによるデビュー・アルバム『Make U Dirty』が遂に解禁!

13 tracks
HipHop/R&B

1 track
HipHop/R&B

1 track
HipHop/R&B

東京出身の総勢16名のヒップホップ・クルー:KANDYTOWNのProducer/Rapper、Neetzが2014年に発表した配信限定アルバム『Soundtrack from 991(Remaster Version)』をリリース。 この作品は、KANDYTOWNメンバー全員が参加しており、2015年発表のストリートアルバム『BLAKK MOTEL』以前の最初期作品として位置づけられる。リマスタリングはKANDYTOWN諸作品を手掛けるRick Essigが担当。 また、Bonus trackとして入手困難な“Summer Connection(Remix)”とHolly Q出演CMの新曲full ver.を収録。

17 tracks

DJ イーグル藤田としての活動を経て、 全曲セルフプロデュースアルバムを発売。 日本屈指のラッパー、プロデューサーとの共作を経て、 時代を超えたコラボレーションが実現。 人生=時間の定められたこの世の中で、 それぞれの「8 日目」を綴ったコンンセプトアルバム。 SOULFUL なトラックと都会的なサウンドの融合。 Good Music Lover へ届きますように。

8 tracks
HipHop/R&B
IO

ヒップホップの時代が世界、そして日本で到来する中で、ありとあらゆる"個性"と"才能"が集結した総勢16名の東京ヒップホップクルー「KANDYTOWN」のIO(イオ)が、世界的ヒップホップ名門レーベル「Def Jam Recordings」からついにメジャーデビュー!

GOOD PRICE!
13 tracks
HipHop/R&B

8 tracks
HipHop/R&B

KANDYTOWN所属のラッパーGottzが2ndアルバム「SAKURAGAOKA」をリリース。先行シングルを含む、全10曲を収録。

10 tracks
HipHop/R&B

KANDYTOWNメンバー、Gottzの2ndアルバム「SAKURAGAOKA」より先行シングルリリース。

2 tracks
HipHop/R&B

総勢16名の面々からなる東京拠点のヒップホップクルーKANDYTOWNが、クルー名義の新プロジェクトとしては1年ぶりとなる新作EP『LOCAL SERVICE』をサプライズリリース!

6 tracks

「ラップスタア誕生」の栄冠から約1年、既にYouTubeでMV配信され話題を集める”BARBERSHOP (Prod. 松川晃弥)”や、Daiaと同世代で今やシーンには欠かせない存在となったKANDYTOWNの"Make U Dirty"ことMUD、さらに地元沖縄(コザ)のクルー:JAP SUN TRIBEから¥uk-K、R2B2が参加。 ビートメイカーには、近年はRAU DEF作品の多くを手掛け、先行シングルとなっている"BARBERSHOP"も手掛けた 松川晃弥、Daiaも客演で参加したKOJOEの話題作『here』でその手腕を披露した大分のトラックメイカー:illmore、話題のクリエイター集団:CreativeDrugStoreからDJ/プロデューサーのdoooo、”一網打尽”をはじめ数々の名仕事でしられるNAOtheLAIZA、さらに、JAPANESE WEST COAST HIP HOPの先駆者とも言える横浜のレジェンドDJ/プロデューサーのDJ PMX等が参加。 この作品ではDaiaの地元沖縄が生み出すアイランド・ヴァイブスな楽曲から、東京で活動し、リンクしたアーティストと制作することで開花したDaiaの新たな一面を垣間見る事ができる。

14 tracks
HipHop/R&B

KANDYTOWNの代表曲「R.T.N.」、「Paper Chase」等を手掛ける同クルーのビートメーカー/プロデューサー"MIKI"の初となるソロ名義アルバム! KANDYTOWNの仲間達に加え、BES、NIPPS 、Febb等の国内の盟友、更には海外勢までを巻き込み、豪華ゲスト陣と共に描くストリクトリーなヒップホップの美学! 現在、国内で最も注目されている総勢16人からなる大所帯ヒップホップクルー「KANDYTOWN」に所属するビートメーカー/プロデューサー"MIKI"。彼の生み出すソウル・ミュージックへの過剰な愛が詰まったハイセンスなサンプリング・ビートは、シンプルながらに黒さと重厚さを内包しており、既に国内外の多くのヘッズ達から高い評価を得ている。2017年12月にソロ名義として配信されたシングル「Oversea ft. Raz Fresco, IO」では、KANDYTOWNの顔であり2枚のソロアルバムでその存在感を不動のものにしている"IO"と、NYのレーベルDuck Down Musicに所属するラッパー"Raz Fresco"を客演に迎えたことで大きな話題を呼び、アルバムへの期待を否が応にも高める布石となった。そして、遂に発表される初のソロ名義アルバムとなる本作。流行のUSトレンドを後追いしたような作品ではなく、ヒップホップの本質である"不変的な格好良さ"を目指したアルバムに仕上がっている。先述したIOの他にも"Ryohu"や、"MUD"、"Dony Joint"、"DIAN"ら、クルーの面々も数多く参加し、あのKANDYTOWN独特のグルーヴが堪能できる。更には先日惜しくも亡くなった若き才能"Febb"とTETRAD THE GANG OF FOURのベテラン"Nipps" & "B.D"をフィーチャーした「You Want Me ft. B.D, Febb & Nipps」や、DOWN NORTH CAMPの"仙人掌"と、ここ日本で最もドープなラッパーの一人である"BES"を迎えた「Breath ft. BES & 仙人掌」等々、昔から国内のヒップホップを追い続けている玄人ヘッズをも思わず唸らせる素晴らしい布陣がその名を連ねている。又、海外からはRaz Frescoに加え、USブルックリン出身でJoey Bada$$率いるPro Eraとも交流の深いフィメールラッパー"Chelsea REJECT"が「Raindrops ft. Chelsea REJECT」に参加。国内外を問わず、まさに彼の幅広いコネクションをもってしかなし得ない幅広い音楽性が堪能できる作品となった。 『137』と名付けられた本作、表題となる137という数字は宇宙が誕生した137億年という数字と、MIKIともアメリカ時代に生活を共にし惜しくも2015年2月に帰らぬ人となってしまったKANDYTOWNの中心人物YUSHIが好きだった素数137に因んでいる。また本作のMIXはThe Anticipation Illicit Tsuboiが担当。東京に生まれ、東京に生きる、MIKIが生み出した"2018年東京のサウンドトラック"として、恐らくこの先も長く語り継がれるであろうマスターピースが完成した。

13 tracks
V.A.

新進気鋭のレーベルAOTLから、DJ CHARI監修の元、第一弾コンピレーションEP「X-FACTOR」が発売。 現行トップアーティストから次世代を担う若手が参加した今と未来を感じるタイトルとなっている。

5 tracks

News

KANDYTOWNのラッパーGottzが、Neetz、Yo-Seaとのコラボ曲「Neon Step」のMV公開

KANDYTOWNのラッパーGottzが、Neetz、Yo-Seaとのコラボ曲「Neon Step」のMV公開

MUDやNeetz、Ryugo Ishida(ゆるふわギャング)、Yo-Sea、Hideyoshi(Tokyo Young Vision)らが参加した待望のソロ・デビュー・アルバム『SOUTHPARK』や、そこからのストリート・ヒット「+81」 feat

KANDYTOWN所属MUDの新曲「No Mercy」のミュージック・ビデオが公開

KANDYTOWN所属MUDの新曲「No Mercy」のミュージック・ビデオが公開

HIP HOPクルー、KANDYTOWNに所属し、そのルードなアティテュードと日本人離れしたフロウでクルー屈指の実力派との呼び声高い、ラッパーの MUD 。昨年のクリスマスにリリースした、EP『VALUE THE PRESENT』に収録の「No Merc

多数ゲスト出演、KIKUMARUとMASATO&Minnesotahのリリースパーティーが11/30に開催決定

多数ゲスト出演、KIKUMARUとMASATO&Minnesotahのリリースパーティーが11/30に開催決定

KANDYTOWNから豪華客演・プロデューサー陣が集結したKIKUMARUのニューアルバム『711』。そして、DJのMASATOとMinnesotahが、名門ジャズレーベルのブルーノートの楽曲のみで制作したミックスCD『 KANDYTOWN LIFE p

KANDYTOWNからYOUNG JUJUがメジャー契約

KANDYTOWNからYOUNG JUJUがメジャー契約

次世代HIP HOPクルーKANDYTOWNから YOUNG JUJU がメジャー契約を発表した。同時にYOUNG JUJUからKEIJU as YOUNG JUJUへの改名も発表。 東京の街を生きる幼馴染からなる総勢16名を擁する話題の次世代HIP H

KANDYTOWN所属の、MUDのソロ・アルバム&DJ2人によるミックスCDのダブル・リリパ開催

KANDYTOWN所属の、MUDのソロ・アルバム&DJ2人によるミックスCDのダブル・リリパ開催

KANDYTOWNに所属するMUDのソロ・アルバムと、同じくメンバーのMASATOとMinnesotahによるミックスCDのリリースを記念してリリースパーティを開催することが発表された。 昨年リリースした1stアルバム『KANDYTOWN』がiTunes

MUD(KANDYTOWN)、ソロ・デビュー作よりタイトル・ナンバーのMVを公開

MUD(KANDYTOWN)、ソロ・デビュー作よりタイトル・ナンバーのMVを公開

昨年リリースのアルバムもLP化されたばかり、現在最注目ヒップホップ・クルーであるKANDYTOWNよりソロ・デビュー作『Make U Dirty』を7/26(水)にリリースしたラッパー・MUD。 すでに各所で話題を呼んでいるこのアルバムであるが、この度タ

View More News Collapse
MUD(KANDYTOWN)のソロ・デビュー・アルバム『Make U Dirty』の全容が公開

MUD(KANDYTOWN)のソロ・デビュー・アルバム『Make U Dirty』の全容が公開

総勢16名のヒップホップ・クルー、KANDYTOWNのメンバーであり、仙人掌の「BACK TO MAC」やDJ PMXの「Neon Wave」の客演としても参加したMUDが7月26日にリリースするソロ・デビュー・アルバム『Make U Dirty』。 こ

Collapse

Articles

REVIEWS : 005 ヒップホップ(2020年7月)──鎮目悠太

連載

REVIEWS : 005 ヒップホップ(2020年7月)──鎮目悠太

毎回、それぞれのジャンルに特化したライターがこの数ヶ月で「コレ」と思った9作品+αを紹介するコーナー。今回は中国語圏のヒップホップ記事「熱烈的時代到来! 探索中国ラップ!」を紹介してくれた鎮目悠太が2回目の登場。西ロンドンのグライムMC、AJ Tracey…

IO、メジャー初作品『Player’s Balld』──KANDYTOWNの1年から追う今作

レヴュー

IO、メジャー初作品『Player’s Balld』──KANDYTOWNの1年から追う今作

東京のみならず全国で人気を博しているKANDYTOWNのラッパー、IOが名門レーベル〈Def Jam Recordings〉よりメジャー・デビュー・アルバム『Player's Ballad.』をリリース! 大物ラッパー5lackや沖縄の若手アーティストYo…