album jacket
 How To Buy
TitleDurationPrice
サブカルチャー'2013  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 04:30
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 04:30
Album Info

三島想平(cinema staff)作詞作曲、 「サブカルチャー'2013」ついに配信開始!!!!

あの頃の歌ー。

" あたしらずっとサブカルチャー こどものまま歳を取って いつまでだって笑い続けるよ "

Discography

Idol

三島想平(cinema staff)作詞作曲、 「サブカルチャー'2013」ついに配信開始!!!! あの頃の歌ー。 " あたしらずっとサブカルチャー こどものまま歳を取って いつまでだって笑い続けるよ "

1 track
Idol

三島想平(cinema staff)作詞作曲、 「サブカルチャー'2013」ついに配信開始!!!! あの頃の歌ー。 " あたしらずっとサブカルチャー こどものまま歳を取って いつまでだって笑い続けるよ "

1 track
Idol

グデイ初のクリスマスソング! 楽曲提供は三島想平(cinema staff)

1 track
Idol

グデイ初のクリスマスソング! 楽曲提供は三島想平(cinema staff)

1 track
Idol

三島想平(cinema staff)がプロデュース、全曲の作詞・作曲・編曲を三島が担当。5曲のうち3曲ではレコーディングとミックスも手がけた。

5 tracks
Idol

三島想平(cinema staff)がプロデュース、全曲の作詞・作曲・編曲を三島が担当。5曲のうち3曲ではレコーディングとミックスも手がけた。

5 tracks
Idol

昨年7月の終わり、コロナ禍で始動したミ米ミ・室井ゆうによる超自由音楽ユニット、グデイの5曲入りEPが5作品一挙に配信スタート。今回配信されたのは「ディグ(YELLOW)」「ディグ(RED)」「ディグ(PINK)」「ディグ(PURPLE)」「ディグ(SKYBLUE)」の5作品。 これらの作品には、タナカユーキ(SPARK!!SOUND!!SHOW!!)、タクマ(SPARK!!SOUND!!SHOW!!)、橋本薫(Helsinki Lambda Club)、須田亮太(ナードマグネット)、ニシハラ(peanut butters)、明神ナオ(PARIS on the City!)、澤竜次(FAIRY BRENDA/黒猫チェルシー)、甘夏かごめ、ワタナベタカシ、渡辺裕貴(SonoSheet)、クロマティーゆうや(シンガポールチリクラブ)、cocona、ヒラオコジョー、高島大輔(THE BOY MEETS GIRLS)、中山卓哉(愛しておくれ)、みおる、森本晋太郎(トンツカタン)、野口大志、円谷友一(エンヤサン)、Jr.TEA(エンヤサン)、来、iramina(こみゅにけいしょん)、竹内サティフォ(ONIGAWARA)、フカミズコウヨウ(totos)が参加するなど、異色のアイドルと言えるグデイならではの、インディーロックシーンの縮図のような豪華制作陣による25曲が出揃った。どの楽曲もグデイのロックでポップ、そしてキュートな魅力をさまざまな角度から引き出しており、グデイというアーティストの底知れなさを感じることができる。

5 tracks
Idol

昨年7月の終わり、コロナ禍で始動したミ米ミ・室井ゆうによる超自由音楽ユニット、グデイの5曲入りEPが5作品一挙に配信スタート。今回配信されたのは「ディグ(YELLOW)」「ディグ(RED)」「ディグ(PINK)」「ディグ(PURPLE)」「ディグ(SKYBLUE)」の5作品。 これらの作品には、タナカユーキ(SPARK!!SOUND!!SHOW!!)、タクマ(SPARK!!SOUND!!SHOW!!)、橋本薫(Helsinki Lambda Club)、須田亮太(ナードマグネット)、ニシハラ(peanut butters)、明神ナオ(PARIS on the City!)、澤竜次(FAIRY BRENDA/黒猫チェルシー)、甘夏かごめ、ワタナベタカシ、渡辺裕貴(SonoSheet)、クロマティーゆうや(シンガポールチリクラブ)、cocona、ヒラオコジョー、高島大輔(THE BOY MEETS GIRLS)、中山卓哉(愛しておくれ)、みおる、森本晋太郎(トンツカタン)、野口大志、円谷友一(エンヤサン)、Jr.TEA(エンヤサン)、来、iramina(こみゅにけいしょん)、竹内サティフォ(ONIGAWARA)、フカミズコウヨウ(totos)が参加するなど、異色のアイドルと言えるグデイならではの、インディーロックシーンの縮図のような豪華制作陣による25曲が出揃った。どの楽曲もグデイのロックでポップ、そしてキュートな魅力をさまざまな角度から引き出しており、グデイというアーティストの底知れなさを感じることができる。

5 tracks
Idol

昨年7月の終わり、コロナ禍で始動したミ米ミ・室井ゆうによる超自由音楽ユニット、グデイの5曲入りEPが5作品一挙に配信スタート。今回配信されたのは「ディグ(YELLOW)」「ディグ(RED)」「ディグ(PINK)」「ディグ(PURPLE)」「ディグ(SKYBLUE)」の5作品。 これらの作品には、タナカユーキ(SPARK!!SOUND!!SHOW!!)、タクマ(SPARK!!SOUND!!SHOW!!)、橋本薫(Helsinki Lambda Club)、須田亮太(ナードマグネット)、ニシハラ(peanut butters)、明神ナオ(PARIS on the City!)、澤竜次(FAIRY BRENDA/黒猫チェルシー)、甘夏かごめ、ワタナベタカシ、渡辺裕貴(SonoSheet)、クロマティーゆうや(シンガポールチリクラブ)、cocona、ヒラオコジョー、高島大輔(THE BOY MEETS GIRLS)、中山卓哉(愛しておくれ)、みおる、森本晋太郎(トンツカタン)、野口大志、円谷友一(エンヤサン)、Jr.TEA(エンヤサン)、来、iramina(こみゅにけいしょん)、竹内サティフォ(ONIGAWARA)、フカミズコウヨウ(totos)が参加するなど、異色のアイドルと言えるグデイならではの、インディーロックシーンの縮図のような豪華制作陣による25曲が出揃った。どの楽曲もグデイのロックでポップ、そしてキュートな魅力をさまざまな角度から引き出しており、グデイというアーティストの底知れなさを感じることができる。

5 tracks
Idol

昨年7月の終わり、コロナ禍で始動したミ米ミ・室井ゆうによる超自由音楽ユニット、グデイの5曲入りEPが5作品一挙に配信スタート。今回配信されたのは「ディグ(YELLOW)」「ディグ(RED)」「ディグ(PINK)」「ディグ(PURPLE)」「ディグ(SKYBLUE)」の5作品。 これらの作品には、タナカユーキ(SPARK!!SOUND!!SHOW!!)、タクマ(SPARK!!SOUND!!SHOW!!)、橋本薫(Helsinki Lambda Club)、須田亮太(ナードマグネット)、ニシハラ(peanut butters)、明神ナオ(PARIS on the City!)、澤竜次(FAIRY BRENDA/黒猫チェルシー)、甘夏かごめ、ワタナベタカシ、渡辺裕貴(SonoSheet)、クロマティーゆうや(シンガポールチリクラブ)、cocona、ヒラオコジョー、高島大輔(THE BOY MEETS GIRLS)、中山卓哉(愛しておくれ)、みおる、森本晋太郎(トンツカタン)、野口大志、円谷友一(エンヤサン)、Jr.TEA(エンヤサン)、来、iramina(こみゅにけいしょん)、竹内サティフォ(ONIGAWARA)、フカミズコウヨウ(totos)が参加するなど、異色のアイドルと言えるグデイならではの、インディーロックシーンの縮図のような豪華制作陣による25曲が出揃った。どの楽曲もグデイのロックでポップ、そしてキュートな魅力をさまざまな角度から引き出しており、グデイというアーティストの底知れなさを感じることができる。

5 tracks
Idol

昨年7月の終わり、コロナ禍で始動したミ米ミ・室井ゆうによる超自由音楽ユニット、グデイの5曲入りEPが5作品一挙に配信スタート。今回配信されたのは「ディグ(YELLOW)」「ディグ(RED)」「ディグ(PINK)」「ディグ(PURPLE)」「ディグ(SKYBLUE)」の5作品。 これらの作品には、タナカユーキ(SPARK!!SOUND!!SHOW!!)、タクマ(SPARK!!SOUND!!SHOW!!)、橋本薫(Helsinki Lambda Club)、須田亮太(ナードマグネット)、ニシハラ(peanut butters)、明神ナオ(PARIS on the City!)、澤竜次(FAIRY BRENDA/黒猫チェルシー)、甘夏かごめ、ワタナベタカシ、渡辺裕貴(SonoSheet)、クロマティーゆうや(シンガポールチリクラブ)、cocona、ヒラオコジョー、高島大輔(THE BOY MEETS GIRLS)、中山卓哉(愛しておくれ)、みおる、森本晋太郎(トンツカタン)、野口大志、円谷友一(エンヤサン)、Jr.TEA(エンヤサン)、来、iramina(こみゅにけいしょん)、竹内サティフォ(ONIGAWARA)、フカミズコウヨウ(totos)が参加するなど、異色のアイドルと言えるグデイならではの、インディーロックシーンの縮図のような豪華制作陣による25曲が出揃った。どの楽曲もグデイのロックでポップ、そしてキュートな魅力をさまざまな角度から引き出しており、グデイというアーティストの底知れなさを感じることができる。

5 tracks
Idol

「自由に好きなことを好きなように。あなたの日常を少しだけGoodDayに。」をコンセプトを掲げ活動中のミ米ミ(ミーマイミ)・室井ゆうによる超自由音楽ユニット、グデイが新曲「Songs from the thistime」を配信リリース

1 track
Idol

グデイ、澤竜次(黒猫チェルシー)作詞作曲の「あんせむ」配信リリース

1 track
Idol

もしももう一度出会えたときにだけ、伝えたい言葉があることを―。 作詞作曲はmeiyoことワタナベタカシ 2020年7月にふらっとデビューしBaseBallBear小出祐介・吉田豪・南波一海などアイドル楽曲派リスナーの中で話題になる。 そんなミ米ミと室井ゆうによるグデイ2021年最初のリリース曲、切ない歌詞をGoodMusicにのせ走る「305KB」 ジャケットには岡田を追え!!で話題の岡田康太を起用

1 track
Idol

もしももう一度出会えたときにだけ、伝えたい言葉があることを―。 作詞作曲はmeiyoことワタナベタカシ 2020年7月にふらっとデビューしBaseBallBear小出祐介・吉田豪・南波一海などアイドル楽曲派リスナーの中で話題になる。 そんなミ米ミと室井ゆうによるグデイ2021年最初のリリース曲、切ない歌詞をGoodMusicにのせ走る「305KB」 ジャケットには岡田を追え!!で話題の岡田康太を起用

1 track
Idol

ミッドナイトレディオ/グデイ

1 track
View More Discography Collapse
Collapse

News

ねおち、進化を告げる新作ミニAL『待ち合わせの図書館にて』本日配信開始

ねおち、進化を告げる新作ミニAL『待ち合わせの図書館にて』本日配信開始

2022年始動のアイドルグループねおちが、ミニアルバム『待ち合わせの図書館にて』をリリースした。 同作は、8月の”画になりたかった”、9月の”音と堕ちて”、10月の”をやすみゆうれい”という3か月連続デジタルリリースとなった3曲ももちろん収録の全8曲入り

グデイ主催の2日間の音楽祭、「GOODDAY FES」と「GOODDAY ONEMAN」が開催決定

グデイ主催の2日間の音楽祭、「GOODDAY FES」と「GOODDAY ONEMAN」が開催決定

2人組 “超自由音楽ユニット” グデイが、7月31日(月)と8月1日(火)の2日間、渋谷clubasiaを貸し切って主催フェス「GOODDAY FES」そしてワンマン公演「GOODDAY ONEMAN」を開催する。 「GOODDAY FES」の出演者第1

キセル、〈ボロフェスタ2022〉に急遽出演決定

キセル、〈ボロフェスタ2022〉に急遽出演決定

いよいよ、明日11月3日(木、祝)から始まり4日(金)5日(土)6日(日)にわたり京都で開催される音楽フェス・〈ボロフェスタ2022〉。 11月4日に出演が決まっていたDYGLが体調不良によりキャンセルとなり、代わりにボロフェスタと所縁の深いキセルの出演

〈ボロフェスタ2022〉TT発表 ロックバンドの4組がトリ

〈ボロフェスタ2022〉TT発表 ロックバンドの4組がトリ

2022年11月3日(木、祝)4日(金)5日(土)6日(日)にわたり京都で開催される音楽フェス・〈ボロフェスタ2022〉。 本日、注目のタイムテーブルが発表された。 4日間続く〈ボロフェスタ2022〉は各ジャンルの垣根を超えた、いま注目のアーティスト総勢

〈ボロフェスタ2022〉第6弾でKOTORI、THE NOVEMBERSら決定 ウクライナ支援トークセッションも

〈ボロフェスタ2022〉第6弾でKOTORI、THE NOVEMBERSら決定 ウクライナ支援トークセッションも

2022年11月3日(木、祝)4日(金)5日(土)6日(日)にわたり京都で開催される音楽フェス・〈ボロフェスタ2022〉。 その第6弾出演アーティストが発表された。 岸田繁(くるり)がプロデュースした楽曲「こころ」が話題を集めるなど、てらいのないまっすぐ

〈ボロフェスタ2022〉第5弾で春ねむり、mekakushe、FLUID 、みらん、ラッキーオールドサン、Hakubiら18組

〈ボロフェスタ2022〉第5弾で春ねむり、mekakushe、FLUID 、みらん、ラッキーオールドサン、Hakubiら18組

2022年11月3日(木、祝)4日(金)5日(土)6日(日)にわたり京都で開催される音楽フェス・〈ボロフェスタ2022〉。 その第5弾出演アーティストが発表された。 今年リリースされたアルバム『春火燎原』が、〈Pitchfork〉から高評価のレビューを獲

View More News Collapse
〈ボロフェスタ2022〉伝説の “街の底ステージ” 復活

〈ボロフェスタ2022〉伝説の “街の底ステージ” 復活

2022年11月3日(木、祝)4日(金)5日(土)6日(日)にわたり京都で開催される音楽フェス・〈ボロフェスタ2022〉。 その第4弾出演アーティストが発表された。併せて、〈街の底ステージ〉が約3年ぶりに復活することも決定した。 今回の第4弾発表では、関

グデイ、新曲「Songs from the thistime」を配信開始

グデイ、新曲「Songs from the thistime」を配信開始

「自由に好きなことを好きなように。あなたの日常を少しだけGoodDayに。」をコンセプトを掲げ活動中のミ米ミ(ミーマイミ)・室井ゆうによる超自由音楽ユニット、グデイが3ヶ月ぶりの新曲「Songs from the thistime」を配信リリースした。

開歌-かいか-、tipToe.、PANDAMICら出演〈ソノウチ〉2/7来場&配信で開催

開歌-かいか-、tipToe.、PANDAMICら出演〈ソノウチ〉2/7来場&配信で開催

2月7日に新宿ロフトにてライヴ・イベント〈ソノウチ〉が1st、2ndの2部構成で開催される。 〈ソノウチ〉は、コロナ禍にスタートしたライヴ・イベント。「そのうち、きっと、以前のような日常を」というポジティブなイメージでつけられた。 出演アーティストは1s

Collapse