album jacket
 How To Buy
Add all to Cart
TitleDurationPrice
1
KANDYTOWN LIFE presents "Good Old Soul - Love and New Note" (Continuous Mix / mixed by MASATO & Minnesotah)  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 1:13:47 N/A
2
New York Times -- ボビー・ハンフリー  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 06:50 N/A
3
You Make Me Feel So Good -- ボビー・ハンフリー  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 06:15 N/A
4
Tuesday Heartbreak -- ロニー・フォスター  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 04:49 N/A
5
Friends And Strangers -- ロニー・ロウズ  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 04:49 N/A
6
My Life Is So Blue -- アルフォンズ・ムゾーン  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 04:37 N/A
7
Down Here On The Ground (Unmah Remix) -- グラント・グリーンダイアン・リーヴス  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 05:06 N/A
8
Afro Blue -- ロバート・グラスパーエリカ・バドゥ  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 05:08 N/A
9
Promise In Love -- 黒田卓也ホセ・ジェイムズ  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 04:11 N/A
10
As -- ジーン・ハリス  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 07:37 N/A
11
Let's Keep It Together -- ロニー・ロウズ  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 04:31 N/A
12
You And Music -- ドナルド・バード  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 05:18 N/A
13
Think Twice -- ドナルド・バード  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 07:38 N/A
14
Black Hole -- クリス・デイヴ&ザ・ドラムヘッズアンダーソン・パーク  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 04:33 N/A
15
You're Welcome, Stop On By -- ルー・ドナルドソン  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:57 N/A
16
I Don't Know -- ソウライブアメル・ラリュー  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 05:07 N/A
17
Feel Like Making Love -- マリーナ・ショウ  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 05:04 N/A
18
Lover To Lover -- マキシ  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 04:15 N/A
19
Time After Time -- ウィリー・ボボ  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:17 N/A
20
Losalamitoslatinfunklovesong -- ジーン・ハリス  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:07 N/A
21
Written In Stone -- ロバート・グラスパー・エクスペリメント  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 05:00 N/A
22
Song For My Father -- マッドリブサウンド・ディレクションズ  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 05:46 N/A
23
Liberated Brother -- ホレス・シルヴァー  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 05:21 N/A
24
Novocaine Heart -- キャンディス・スプリングス  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 04:44 N/A
25
Living Inside Your Love -- アール・クルー  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 05:39 N/A
Add all to INTEREST

Discography

クラシックの名曲カッチーニの「アヴェ・マリア」をモチーフに 映画音楽風、クラシック、スパニッシュ、EDMなどの要素をミックスさせたクロスオーバー作品。人類がこれまで地球に行ってきたことは正しかったのか?スペイン語の歌詞に乗せて環境問題を切々と歌い上げています。 コロナ禍に作曲家・プロデューサーのMASATOが2人の異ジャンルのアーティストをオンラインでプロデュース。スペインのロック系シンガーソングライター Carlos Moratallaはクラウドソーシング・サイトにてキャスティング、録音と動画撮影を現地で行ってもらい日本で編集。北原瑠美は日本オペラ界の最高峰二期会所属のソプラノ。顔を合わせたことのない2人によるオンラインでのコラボが実現。 作曲・編曲・プロデュース・ピアノ:MASATO(谷 真人) 作詞・歌・ギター・サウンドエンジニアリング:Carlos Moratalla 歌:北原瑠美

1 track

2020年コロナ禍にて7人のシンガー、3人のミュージシャン、14人のダンサーをクラウドソーシングのサイトを通して世界中からキャスティング。ベートーヴェンの第九の「歓喜の歌 (Ode To Joy )」をダンサブルなポップスにアレンジし、各地で録音・録画したデータを集めてリモート制作しました! ●リードシンガー:C3(アメリカ) ●コーラス:Lehlogonolo Seodisha(南アフリカ)、Ani De los Reyes(コロンビア)、Aurora Pinto(イタリア)、Alexey Bugaev(ロシア)、Montreea(アメリカ)、松永ちづる(日本) ●ギター:Anton Suchkov(カザフスタン) ●トランペット:Oli Parker(イギリス) ●ヴァイオリン:Olga Ilyashenko(ウクライナ) ●ピアノ:MASATO(日本) ●サウンドエンジニア:Paulo Germano(ブラジル) ●英語作詞:Gary Perlman(アメリカ) ●作曲・編曲・プロデュース by MASATO(日本)

1 track

マルチ音楽クリエイターMASATO。様々なジャンルの影響を受けた彼の「Bolero XO」は、クラシックの名曲「ボレロ」をジャズ・ファンクに大胆アレンジし、LA在住のシンガーをフィーチャーしたとびきりクールなチューン。コロナ禍により音源・映像ともすべてリモートで制作。2020年6月~東京都主催のアーティスト支援プロジェクト「アートにエールを!」にて本作MVが採用され、同サイトやYouTubeにて限定公開されました。XOとはキスとハグを意味します。   アレンジ・プロデュース・ピアノ・コーラス・MV制作: MASATO(東京) メイン・ヴォーカル: Swinky (ロサンゼルス在住) ミキシング&マスタリング: Paulo Germano(ブラジル在住) リリース情報: 2020年8月13日(木)LUCEレーベルよりデジタル配信予定   Bolero XO オフィシャルMV : https://youtu.be/jbsM-abRht0

1 track
Jazz/World

世界をゴールドに染め上げるサムライ・トランペッター。ビートと生演奏が絶妙に融合した、圧倒的グルーヴ&メロディのTKワールド。日本盤ボーナス・トラックにはYonYon & MELRAWによるリワーク・ヴァージョンを収録。 2014年、USブルーノート初の日本人アーティストとして『ライジング・サン』でメジャー・デビュー。以降ニューヨークをベースに世界的な活躍を続け、自身のプロジェトに加えて、DJプレミアやアコヤ・アフロビート・アンサンブルのメンバーとしても活動。日本国内でもMISIAやJUJU、ceroとのコラボや、J-Squadの一員としてテレビ朝日系「報道ステーション」のテーマ曲を担当するなど、ジャンルを自由に横断しながらキャリアアップを重ねてきました。 コンコードから発表した前作『ジグザガー』(2016年)から3年半ぶりとなる新作は、「絶対的な自然と人間の偉大なる卑猥さの妙」をテーマに、自らプログラミングしたビートと生演奏の融合を実現。細部の音色やテクスチャーに至るまで綿密にプロダクションを構築した作品で、圧倒的なグルーヴとメロディ、そして切れ味のあるトランペット・プレイが冴えわたっています。 オリジナル曲をメインに、ディアンジェロのヴァージョンでも有名なオハイオ・プレイヤーズ「スイート・スティッキー・シング」、ハービー・ハンコック「テル・ミー・ア・ベッドタイム・ストーリー」のカヴァーを収録。 日本盤には、ソウル生まれ・東京育ちのDJ/シンガー・ソングライターYonYonと、マルチ・インストゥルメンタリスト安藤康平のソロ・プロジェクトMELRAWによる「ドゥ・ノー・ホワイ」のリワーク・ヴァージョンをボーナス・トラックとして収録。

10 tracks
View More Discography Collapse
Collapse

News

ロバート・グラスパー、TVドラマ「Run The World」サウンドトラックをリリース

ロバート・グラスパー、TVドラマ「Run The World」サウンドトラックをリリース

今年の第63回グラミー賞で最優秀R&Bソングを獲得したロバート・グラスパーが、5月17日から放送されているSTARZのTVドラマ・シリーズ「Run The World」の音楽をデリック・ホッジと手がけ、サウンドトラックのデジタル配信をスタートした。  

黒田卓也ビッグ・バンド ワンマン〈aTak 2020〉客演に田我流の参加が決定

黒田卓也ビッグ・バンド ワンマン〈aTak 2020〉客演に田我流の参加が決定

黒田卓也が自身のビッグ・バンド"aTak band"のワンマンライヴとして年末恒例のイベント〈aTak 2020〉を12月28日(月)に開催する。 今回客演に今年10月にB.I.G.JOEとのコラボシングル"マイペース"、KMとの新曲“3rd TIME”

グラスパー、H.E.R.とミシェル・ンデゲオチェロをフィーチャーした新曲をリリース

グラスパー、H.E.R.とミシェル・ンデゲオチェロをフィーチャーした新曲をリリース

ロバート・グラスパーが、H.E.R.とミシェル・ンデゲオチェロをフィーチャリングしたニュー・シングル"Better Than I Imagined"を本日リリースした。また合わせて美しいアニメーションMVも公開された。 楽曲は、黒人の愛の価値と美徳への熱

黒田卓也、新作ALから第2弾シングル"チェンジ"が先行配信 & MVも公開

黒田卓也、新作ALから第2弾シングル"チェンジ"が先行配信 & MVも公開

ジャズ・トランぺッター黒田卓也がニュー・アルバム『フライ・ムーン・ダイ・スーン』から先行シングル第2弾"チェンジ"を、24日(金)に配信リリースした。 "チェンジ"は、黒田の盟友であるトロンボーン奏者/ヴォーカリストのコーリー・キングが作詞を担当した、メ

黒田卓也、新作からの第一弾シングルが日本先行リリース

黒田卓也、新作からの第一弾シングルが日本先行リリース

ジャズ・トランペッターの黒田卓也がニュー・アルバム『フライ・ムーン・ダイ・スーン』からの先行シングルとなる"ドゥ・ノー・ホワイ"及びそのリワーク・ヴァージョンを配信リリースした。 "ドゥ・ノー・ホワイ"は、黒田の持ち味のひとつであるアフロビート調のダンサ

サムライ・トランペッター黒田卓也、延期となっていたニューALを8月5日に発売

サムライ・トランペッター黒田卓也、延期となっていたニューALを8月5日に発売

ジャズ・トランペッターの黒田卓也が、ニュー・アルバム『フライ・ムーン・ダイ・スーン』を8月5日(水)にリリースすることが発表された。 新型コロナウイルスの世界的感染拡大にともない5月の発売が延期になっていた本作。 アルバムには、J-Squadのメンバーや

View More News Collapse
サムライ・トランペッター黒田卓也、3年半ぶりのニュー・アルバム発売

サムライ・トランペッター黒田卓也、3年半ぶりのニュー・アルバム発売

ジャズ・トランペッターの黒田卓也が、ニュース・アルバム『フライ・ムーン・ダイ・スーン』を5月6日(水)にリリースする。 前作『ジグザガー』(2016年)から3年半ぶりとなる新作は、「絶対的な自然と人間の偉大なる卑猥さの妙」をテーマに、自らプログラミングし

日本初上陸の野外ジャズフェスにロバート・グラスパー出演

日本初上陸の野外ジャズフェスにロバート・グラスパー出演

2020年5月9日(土)10日(日)に東京・豊洲で開催される野外ジャズフェスティバル〈LOVE SUPREME JAZZ FESTIVAL〉に第一弾の出演アーティストとしてロバート・グラスパーの出演が決定した。 〈LOVE SUPREME JAZZ FE

新世代ジャズFes.〈LOVE SUPREME JAZZ FESTIVAL〉が日本上陸、ロバート・グラスパー出演決定

新世代ジャズFes.〈LOVE SUPREME JAZZ FESTIVAL〉が日本上陸、ロバート・グラスパー出演決定

2020年5月、ヨーロッパ最大規模の野外ジャズフェスティバル〈LOVE SUPREME JAZZ FESTIVAL〉の日本上陸が決定した。 〈LOVE SUPREME JAZZ FESTIVAL〉は2013年に始まり、毎年7月にイギリスのイースト・サセッ

ロバート・グラスパー、レジデンス公演の動画を新たに公開

ロバート・グラスパー、レジデンス公演の動画を新たに公開

ロバート・グラスパーがNYブルーノートで約1ケ月に渡り実施したレジデンス公演の最終週の動画を新たに公開した。 ブルーノート公演の最終週を飾ったのは、ボイラールームTVでライヴ・ストリーミング配信されたJ・ディラへのスペシャル・トリビュート・ライヴ、そして

ロバート・グラスパー、NYブルーノートでのJ・ディラ・トリビュート公演ライヴ・ストリーミング配信決定

ロバート・グラスパー、NYブルーノートでのJ・ディラ・トリビュート公演ライヴ・ストリーミング配信決定

Loma Vista Recordingsからの移籍第一弾作品『ファック・ヨ・フィ―リングス』を12月4日に日本でCDリリースするロバート・グラスパー。 現在彼はニューヨークの老舗ジャズ・クラブのブルーノートにて、本作で共演したクリス・デイヴ/デリック・

ロバート・グラスパー、移籍第一弾アルバムCD盤12/4日本リリース

ロバート・グラスパー、移籍第一弾アルバムCD盤12/4日本リリース

ロバート・グラスパーが、10月3日にこれまで在籍していたブルーノート・レコーズを離れ、〈Loma Vista Recordings〉からの移籍第一弾ミックステープ作品『Fuck Yo Feelings』を急遽デジタル・リリース。 同作品を12月4日に日本

ロバート・グラスパー、Loma Vista Recordings移籍第一弾ミックステープ急遽デジタル・リリース

ロバート・グラスパー、Loma Vista Recordings移籍第一弾ミックステープ急遽デジタル・リリース

これまで今年設立80周年を迎えた〈ブルーノート〉にこれまで在籍し、2012年ロバート・グラスパー・エクスペリメント名義の『ブラック・レディオ』をはじめとし、ヒット作をリリースしてきたジャズの革命児、ロバート・グラスパー。 そんな彼が心機一転、〈Loma

ブルーノート・レコード創立80周年を祝う日本発トリビュート・アルバム発売決定

ブルーノート・レコード創立80周年を祝う日本発トリビュート・アルバム発売決定

今年創立80周年を迎えたジャズ・レーベル、ブルーノート・レコード。マイルス・デイヴィスからノラ・ジョーンズまで時代を代表する多くの名盤を発表し、長きにわたりシーンをリードしつづける革新的レーベルだ。 9月のドキュメンタリー映画『ブルーノート・レコード ジ

15周年を迎える日本最大級のサーフカルチャーフェスティバル〈GREENROOM FESTIVAL’19〉5月25日(土)・26日(日)開催

15周年を迎える日本最大級のサーフカルチャーフェスティバル〈GREENROOM FESTIVAL’19〉5月25日(土)・26日(日)開催

今年で15回目の開催を迎える日本最大級のサーフカルチャー・フェスティバル〈GREENROOM FESTIVAL’19〉が、2019年5 月25日(土)、26日(日)に横浜赤レンガ地区野外特設会場にて開催される。 同フェスは、“Save The Beach

史上最強のジャズ・レーベル、〈ブルーノート・レコード〉を描いたドキュメンタリー映画の日本公開が決定

史上最強のジャズ・レーベル、〈ブルーノート・レコード〉を描いたドキュメンタリー映画の日本公開が決定

今年レーベル創立80周年を迎えたジャズ・レーベル、〈ブルーノート・レコード〉。マイルス・デイヴィスからノラ・ジョーンズまで時代を代表する多くの名盤を発表し、長きにわたりジャズをリードしつづける革新的レーベルの真実に迫るドキュメンタリー映画『ブルーノート・

名門ブルーノート、創立80周年を記念し壮大なアニバーサリー計画を発表

名門ブルーノート、創立80周年を記念し壮大なアニバーサリー計画を発表

音楽ファンならば、その名を知らぬものはいない名門ジャズ・レーベル「ブルーノート」。 1939年1月6日、ドイツ人移民のアルフレッド・ライオンによりニューヨークで創設されて以来、ホット・ジャズ、ブギ、スウィング、ビーバップ、ハード・バップ、ソウル・ジャズ、

ジョージア・アン・マルドロウ、待望の最新アルバム『Overload』、本日発売!

ジョージア・アン・マルドロウ、待望の最新アルバム『Overload』、本日発売!

2018年にレーベル設立10周年を迎え、ますます勢いを増す〈Brainfeeder〉。そのラインナップに新たに仲間入りしたのが、現代のニーナ・シモンとも称されるジョージア・アン・マルドロウである。 そんな彼女の〈Brainfeeder〉移籍第一弾アルバム

Collapse

Articles

山本浩司 × 高橋健太郎〈KORG Nu 1で聴く現代ブルーノートの名盤セレクション〉

インタヴュー

山本浩司 × 高橋健太郎〈KORG Nu 1で聴く現代ブルーノートの名盤セレクション〉

OTOTOYが主催するイベント〈OTOTOYハイレゾ試聴会〉の第3回が、2019年4月10日(水)に行われた。メインMCに音楽評論家 / オーディオ評論家である高橋健太郎、今回はゲストに『ステレオ・サウンド』誌などで健筆を振るうオーディオ評論家、山本浩司が…