How To Buy
Add all to Cart
TitleDurationPrice
1
今宵の月のように -- 田島貴男  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 04:31 N/A
2
悲しみの果て -- manaka  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 02:19 N/A
3
四月の風 -- SUPER BEAVER  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 04:00 N/A
4
風に吹かれて -- 菅原卓郎  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 04:01 N/A
5
俺たちの明日 -- 東京スカパラダイスオーケストラ高橋一生  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 05:25 N/A
6
リッスントゥザミュージック -- 阿部真央  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 04:30 N/A
7
ヒトコイシクテ、アイヲモトメテ -- ドレスコーズ  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 04:18 N/A
8
さよならパーティー -- クリープハイプ  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:43 N/A
9
かけだす男 -- 斉藤和義  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 04:34 N/A
10
ファイティングマン -- 村越"HARRY"弘明  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:29 N/A
Album Info

デビュー30周年を迎えたエレファントカシマシをリスペクトするバンド・アーティストによるエレカシカヴァーアルバム! 2003年のデビュー15周年に第一弾、2013年のデビュー25周年の第二弾に続く、エレファントカシマシデビュー30周年アニバーサリーイヤーに送るシリーズ第三弾のリリースが決定。 過去2作品よりも幅広いジャンルからロックシーンを超えて、現在の音楽シーンを代表する豪華アーティストが参加。 キャリアもジャンルも様々だが、共通するのはエレファントカシマシへの愛。エレファントカシマシ好きも、オリジナルアーティスト好きも必聴の最強のトリビュートアルバム!!

Add all to INTEREST

Discography

Pop

阿部真央、デジタルシングル「Hands and Dance」をサプライズリリース!

1 track
Pop

阿部真央、デジタルシングル「Hands and Dance」をサプライズリリース!

1 track
Rock

現メンバー結成15周年イヤーのクリープハイプの新曲。『5秒でスキップされてしまう動画広告』と、その後に待つ『本編の映像』、『CM』と『MV』とを、『本命になれない自分』と『本命の誰か』になぞらえた歌詞は、作家でもある尾崎世界観にしか書けない視点と表現に満ち溢れている。この曲を携えて、今年は初出演となるFUJI ROCK FESTIVALを初め過去最多数の夏フェスへ出演。

1 track
Rock

現メンバー結成15周年イヤーのクリープハイプの新曲。『5秒でスキップされてしまう動画広告』と、その後に待つ『本編の映像』、『CM』と『MV』とを、『本命になれない自分』と『本命の誰か』になぞらえた歌詞は、作家でもある尾崎世界観にしか書けない視点と表現に満ち溢れている。この曲を携えて、今年は初出演となるFUJI ROCK FESTIVALを初め過去最多数の夏フェスへ出演。

1 track
Jazz/World

東京スカパラダイスオーケストラ、["NO BORDER" 3部作]第1弾配信シングル「一日花 feat.imase & 習志野高校吹奏楽部」

1 track
Jazz/World

東京スカパラダイスオーケストラ、["NO BORDER" 3部作]第1弾配信シングル「一日花 feat.imase & 習志野高校吹奏楽部」

1 track
Pop

前作『LOVE』以来、約5年振り3枚目となるオリジナル・フルアルバム。ドラマ、映画、アニメなど多岐に渡るタイアップシングルを収録し、自身のプロデュース曲も多く収録した意欲作。

13 tracks
Pop

前作『LOVE』以来、約5年振り3枚目となるオリジナル・フルアルバム。ドラマ、映画、アニメなど多岐に渡るタイアップシングルを収録し、自身のプロデュース曲も多く収録した意欲作。

13 tracks
V.A.

10 tracks
View More Discography Collapse
Collapse

News

ドレスコーズ、リイシュー盤『1』発売記念「“1”year/1954-2014」公開

ドレスコーズ、リイシュー盤『1』発売記念「“1”year/1954-2014」公開

ドレスコーズが、2024年9月18日(水)に発売する『『1』LP 10th Anniversary Reissue』を記念して、『“1”year/1954-2014』をYouTubeにて公開した。 本映像は、2015年リリース『"Don't Trust

【オフィシャルレポ】〈加藤和彦トリビュートコンサート〉メロディの普遍さとエヴァーグリーンな魅力

【オフィシャルレポ】〈加藤和彦トリビュートコンサート〉メロディの普遍さとエヴァーグリーンな魅力

2009年に亡くなった不世出の音楽家、加藤和彦のトリビュートコンサートが、7⽉15⽇(⽉・祝)に東京・Bunkamuraオーチャードホールで開催され、7組のアーティストが参加。120分に渡って加藤和彦作品を演奏し満員の聴衆を沸かせた。 本公演は加藤の出生

クリープハイプ、“とある5秒”のズレで2つの世界線に分岐する「あと5秒」MV公開

クリープハイプ、“とある5秒”のズレで2つの世界線に分岐する「あと5秒」MV公開

クリープハイプが、2024年7月10日に配信リリースした新曲「あと5秒」のMVを公開した。 この楽曲は“5秒でスキップされてしまう広告”と“本編の映像"、“CM”と”MV” を、“本命になれない自分”と“本命の誰か”になぞらえた楽曲。 MVは、「モノマネ

スカパラ、3ヶ月連続配信リリース決定

スカパラ、3ヶ月連続配信リリース決定

東京スカパラダイスオーケストラが7月1日(月)に日本テレ「ZIP!」新テーマソング「一日花 feat.imase & 習志野高校吹奏楽部」のリリースを皮切りに、“NO BORDER” 3部作として3ヶ月連続配信リリースを行うことを発表した。 第一弾は7月

ano 、尾崎世界観 × ケンモチヒデフミとコラボした「愛してる、なんてね。」 リリース決定

ano 、尾崎世界観 × ケンモチヒデフミとコラボした「愛してる、なんてね。」 リリース決定

anoが、2024年8月21日(水)に 5ヶ月ぶりの新曲「愛してる、なんてね。」をCDリリースする。 作詞はあのが手掛け、作曲は「普変」を手掛けたクリープハイプ 尾崎世界観、編曲は「スマイルあげない」を手掛けたケンモチヒデフミが担当。anoだからこそでき

クリープハイプ、新曲「あと5秒」を7/10リリース

クリープハイプ、新曲「あと5秒」を7/10リリース

クリープハイプが、新曲「あと5秒」を2024年7月10日(水)に配信リリースすることが決定した。 「あと5秒」は“5秒でスキップされてしまう広告”と”本編の映像"、“CM”と”MV” を、”本命になれない自分”と”本命の誰か”になぞらえた楽曲。ジャケット

View More News Collapse
阿部真央、新SG「進むために」のMVを公開

阿部真央、新SG「進むために」のMVを公開

阿部真央が2024年5月29日(水)にリリースしたニューシングル「進むために」のミュージックビデオを公開した。 今回のミュージックビデオは、YUKARI(OBF TOKYO)が担当。鮮やかなカラーの映像を通じて、主人公の内面の成長ともに新しい未来を迎える

クリープハイプ、プレイリスト企画に森七菜ら参加

クリープハイプ、プレイリスト企画に森七菜ら参加

クリープハイプの現メンバー体制15周年を記念したスペシャルプレイリスト企画「三十九、四十」第4弾に、森七菜・誠(ヨネダ2000)・渡邉美穂の選曲とコメントが掲載された。 現メンバー15周年を迎える2024年に39歳から40歳を迎える尾崎世界観の軌跡を振り

加藤和彦トリビュートコンサート、第2弾に高野寛、坂本美雨、ハンバート ハンバート、GLIM SPANKY

加藤和彦トリビュートコンサート、第2弾に高野寛、坂本美雨、ハンバート ハンバート、GLIM SPANKY

7月に京都と東京で開催される加藤和彦のトリビュートコンサートの第2弾出演アーティストに高野寛、坂本美雨、ハンバート ハンバート、 GLIM SPANKY が発表された。 同公演は2009年に亡くなった不世出の音楽家、加藤和彦をゆかりの音楽家が参加してトリ

奇妙礼太郎BAND、ドレスコーズとの初ツーマン決定

奇妙礼太郎BAND、ドレスコーズとの初ツーマン決定

奇妙礼太郎BANDが、初のツーマン企画〈ROLLING THUNDER REVUE〉にてドレスコーズとの対バンを行うことが決定した。 昨年、音楽活動25周年を迎え、日比谷野音でのアニバーサリーライヴは完売。今年に入り4年ぶりに復活した〈TENSAIBAN

加藤和彦トリビュートコンサート、第1弾に小原礼、奥田民生、田島貴男

加藤和彦トリビュートコンサート、第1弾に小原礼、奥田民生、田島貴男

7月に京都と東京で開催される加藤和彦トリビュートコンサートの出演アーティストが発表された。 両公演共通の出演者第1弾では小原礼、奥田民生、田島貴男が発表。小原礼は加藤和彦のサディスティック・ミカ・バンドのオリジナル・メンバー。1989年のミカバンド再結成

スカパラ、「風に戦ぐブルーズ feat.TAKUMA(10-FEET)」配信スタート デビュー35周年キックオフ曲

スカパラ、「風に戦ぐブルーズ feat.TAKUMA(10-FEET)」配信スタート デビュー35周年キックオフ曲

東京スカパラダイスオーケストラのデビュー35周年のキックオフ曲「風に戦ぐブルーズ feat.TAKUMA (10-FEET)」が配信リリースされた。 本日MVティザー映像 Vol.2が公開。5月10日(金)20時公開のミュージックビデオプレミア公開では、

菅田将暉、新AL『SPIN』収録曲発表 自身プロデュース曲も多く収録

菅田将暉、新AL『SPIN』収録曲発表 自身プロデュース曲も多く収録

菅田将暉が、2024年7月3日(水)にリリースするサード・オリジナルアルバム『SPIN』の収録曲が発表となった。 Vaundyが提供し、日本テレビ『news zero』の2022年テーマソングとなった「惑う糸」や、東京スカパラダイスオーケストラとのコラボ

J-WAVEで小沢健二×スチャダラパーのラジオ特番 ゲストにスカパラ

J-WAVEで小沢健二×スチャダラパーのラジオ特番 ゲストにスカパラ

5月3日(金・祝)にJ-WAVEで小沢健二とスチャダラパーの特別番組〈J-WAVE SPECIAL PLAY IT BACK、BOOGIE BACK!〉がオンエアされる。 小沢健二とスチャダラパーは、J-WAVE春のキャンペーンのキャンペーン・ソング「ぶ

今年も開催〈信州いいやまノーナ・フェス2024〉ノーナ、田島貴男、ヒックスヴィル、堀込泰行、堂島孝平が出演

今年も開催〈信州いいやまノーナ・フェス2024〉ノーナ、田島貴男、ヒックスヴィル、堀込泰行、堂島孝平が出演

8月3日(土)・4日(日)にNONA REEVESのドラマー小松シゲルの地元、長野県飯山市にある飯山市文化交流館なちゅら大ホールにて、〈信州いいやまノーナ・フェス2024〉の開催が決定した。 2019年から始まった〈信州いいやまノーナ・フェス2024〉は

一夜限りのセッション・ライヴにアイナ、上原ひろみ、田島貴男、大橋トリオら出演

一夜限りのセッション・ライヴにアイナ、上原ひろみ、田島貴男、大橋トリオら出演

6月21日(金)にNHKホールにて一夜限りの特別なセッション・ライヴ企画〈JAZZ NOT ONLY JAZZ〉が開催される。 本ライヴは、ジャズ・ドラマー石若駿率いるThe Shun Ishiwaka Septet(Dr.石若駿、Gt. 西田修大、Gt

クリープハイプ、ワンマンライヴが舞台の新曲「喉仏」MV公開

クリープハイプ、ワンマンライヴが舞台の新曲「喉仏」MV公開

クリープハイプが本日4月17日(水)に配信リリースした新曲「喉仏」のMusic Videoが、クリープハイプ公式YouTubeチャンネルにてプレミア公開された。 現メンバー15周年を迎える2024年最初のリリースとなる本楽曲のMVは、京都を拠点に活動する

生田絵梨花、ソロ初EPより柳沢亮太提供「だからね」MVでアカペラを披露

生田絵梨花、ソロ初EPより柳沢亮太提供「だからね」MVでアカペラを披露

生田絵梨花が、2024年4月10日(水)より1st EP『capriccioso』をリリースし、収録曲「だからね」のミュージックビデオが公開された。 本EPは生田自身が作詞作曲を務めた楽曲を中心に、歌とピアノでリスナーの日常に寄り添う音楽を紡いだ作品で、

クリープハイプ、中国2都市で初の海外ツアー&〈クリープハイプの日 2024 福岡〉開催決定

クリープハイプ、中国2都市で初の海外ツアー&〈クリープハイプの日 2024 福岡〉開催決定

クリープハイプが、6月7日(金)・9日(日)に上海・広州の2都市をまわる中国ツアー〈はじめての中国、はじめてのクリープハイプ〉、そして、9月8日(日)に福岡サンパレスにて〈クリープハイプの日 2024 福岡〉を開催する。 今年で現メンバー15周年を迎える

SUPER BEAVER、最新AL『音楽』収録の新曲「切望」MV公開

SUPER BEAVER、最新AL『音楽』収録の新曲「切望」MV公開

ロックバンド・SUPER BEAVERが、2024年2月21日(水)にリリースしたニューアルバム『音楽』に収録されている新曲”切望”のミュージックビデオを本日SUPER BEAVERのオフィシャルYouTubeチャンネルにて公開した。 本作品は、赤い円形

SUPER BEAVER、新フルAL『音楽』全曲トレーラー映像公開

SUPER BEAVER、新フルAL『音楽』全曲トレーラー映像公開

SUPER BEAVERフルアルバム『音楽』に収録される楽曲の全曲を一部聴く事ができる全曲トレーラー映像が2月16日(金)22時に公開された。 アルバムの世界観が表現された映像に仕上がっている。 フルアルバム『音楽』の初回生産限定盤Aには、2023年1月

the shes gone、新体制第2弾の新曲「エイド」配信リリース決定

the shes gone、新体制第2弾の新曲「エイド」配信リリース決定

the shes goneが、新体制第2弾となる新曲”エイド”を2024年3月20日(水)に配信リリースすることが決定した。 今作は、クリープハイプ、きのこ帝国、凛として時雨などのレコーディングエンジニア釆原史明を迎えて制作。 兼丸の力強い歌声と不安定な

毛皮のマリーズ、黄金期のメジャー3作品アナログ盤リリース決定

毛皮のマリーズ、黄金期のメジャー3作品アナログ盤リリース決定

毛皮のマリーズがメジャーデビューから解散に至るまでにリリースした全アルバム3作品のアナログ盤が4月21日(日)に同時発売される。 毛皮のマリーズは志磨遼平(ドレスコーズ)を中心に2003年結成、2010年にメジャーデビュー。3枚のアルバムを発表し、わずか

フィッシュマンズ、ベストAL『空中』『宇宙』をアナログ化「念願叶って嬉しい」

フィッシュマンズ、ベストAL『空中』『宇宙』をアナログ化「念願叶って嬉しい」

フィッシュマンズが、2005年に〈ポニーキャニオン〉と〈ユニバーサルミュージック〉の共同企画として同時リリースされたベストアルバム『空中』『宇宙』がアナログレコード2枚組、カラーヴァイナル仕様にて2024年7月24日(水)に両社より同時発売されることが決

Collapse

Articles

志磨遼平 × 松田龍平 対談──僕らの青春を着色した、90年代のカルチャーを振り返る

インタヴュー

志磨遼平 × 松田龍平 対談──僕らの青春を着色した、90年代のカルチャーを振り返る

音楽家として。俳優として。それぞれの名を背負いながら10代を過ごしてきた、志磨遼平と松田龍平。90年代後半、多感な思春期にふたりはどんな文化に触れてきたのだろう。────SNSが普及している現代はコンテンツが細分化され、たとえ変わった趣味だとしてもそれを好…

フル・アルバムに映された、ニュートラルな阿部真央──「らしさ」を飛び越えた表現を語る

インタヴュー

フル・アルバムに映された、ニュートラルな阿部真央──「らしさ」を飛び越えた表現を語る

デビュー14年目の阿部真央に訪れた、大きな変化とは──いまの彼女のフラットな状態をパッケージしたという10枚目のフル・アルバム『Not Unusual』。本作には新しい表現への挑戦が随所につまっている。これまでにないほどの優しいヴォーカル、シンプルな歌詞…

ドレスコーズからすべての“頭の悪い”若者のために、愛を込めて──新作『戀愛大全』

インタヴュー

ドレスコーズからすべての“頭の悪い”若者のために、愛を込めて──新作『戀愛大全』

志磨遼平は自らの新作をこう語る──「すべての頭の悪い若者のためのラヴ・ソング集」。ドレスコーズ、8枚目のアルバムとなる本作は、夏を舞台にした架空の恋愛短編オムニバスと、その個々のストーリーを彩るサウンドトラックを作る、という構成から生まれた。理想の夏という…

ドレスコーズ志磨遼平がピアノで描く孤高と反抗──コンセプチュアルな新作『バイエル』に迫る

インタヴュー

ドレスコーズ志磨遼平がピアノで描く孤高と反抗──コンセプチュアルな新作『バイエル』に迫る

「次の作品タイトルは『バイエル』になる」と、まず最初に思ったそうだ。そんな無自覚的な発想から誕生した本作は、志磨遼平がコロナ禍で作り出したいものがハッキリと映し出されたコンセプチュアルな1枚に仕上がっている。ドレスコーズが志磨遼平のソロ・プロジェクトになっ…

「平凡」ってなんだろう──ドレスコーズ、通算5枚目となるアルバムをリリース

レヴュー

「平凡」ってなんだろう──ドレスコーズ、通算5枚目となるアルバムをリリース

ドレスコーズが通算5枚目となるアルバム『平凡』リリースした。今作は、リリースにあたって設立された特設サイトにて全楽曲タイトルと全歌詞を公開、志磨がトレードマークの長髪をばっさりカットしたアーティスト写真が公開されるなど、リリース前から大きな話題を呼んでいた…

新たな日本のソウルへの冒険、ORIGINAL LOVE最新作『ラヴァーマン』&旧譜をハイレゾ配信開始!!

レヴュー

新たな日本のソウルへの冒険、ORIGINAL LOVE最新作『ラヴァーマン』&旧譜をハイレゾ配信開始!!

ORIGINAL LOVEの約2年振りのアルバム『ラヴァーマン』には、懐かしさとフレッシュさが同居している。打ち込みを多用し、ニューウェイヴ、エクロトロ・ポップな仕上がりとなった前作『エレクトリックセクシー』から一転、今作は”あの頃”のORIGINAL L…

クリープハイプ『踊り場より愛を込めて』

レヴュー

クリープハイプ『踊り場より愛を込めて』

'''OTOTOY POWER PUSH!'''''クリープハイプ『踊り場から愛を込めて』''OTOTOY編集部が今イチオシのアーティストを紹介するOTOTOY POWER PUSH。今回は、下北沢を中心に活動する4人組バンド、クリープハイプをご紹介。印象…