How To Buy
TitleDurationPrice
VITORIA  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:34
RUMBLE  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:05
STARTING OVER  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:50
STORYWRITER  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:33
HELLO  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:46
KEEP ON! KEEP ON! (EP ver.)  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:18
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 25:06
Album Info

OASISなどのUKロックをルーツに持つロックバンド・リフの惑星が、New EP『EUREKA』(読み:ユリイカ) をリリース。

本作は『sampler EP Ⅲ』(2021年) から2年ぶりとなる作品であり、先行配信曲「STARTING OVER」や「KEEP ON! KEEP ON!」を含む全6曲を収録。 タイトル"EUREKA"には、"何かを発見したときの歓喜"の意味があり、前作EP『BOY』のリリース後、自らの音楽性を見つめ直した先で"本当にやりたい音楽"と出会えた喜びや感動が込められているという。本作では全楽曲の編曲をGt.大月優が担当し、Dr.松丸怜吾が初めて作詞に参加。 音楽性のルーツにあたるUKロックの要素を鮮明にしながら、"キャッチーでリフの効いた踊れるロック"を体現した、バンドとしての"新章"の幕開けを感じさせる一作となっている。

Discography

Rock

OASISなどのUKロックをルーツに持つロックバンド・リフの惑星が、New EP『EUREKA』(読み:ユリイカ) をリリース。 本作は『sampler EP Ⅲ』(2021年) から2年ぶりとなる作品であり、先行配信曲「STARTING OVER」や「KEEP ON! KEEP ON!」を含む全6曲を収録。 タイトル"EUREKA"には、"何かを発見したときの歓喜"の意味があり、前作EP『BOY』のリリース後、自らの音楽性を見つめ直した先で"本当にやりたい音楽"と出会えた喜びや感動が込められているという。本作では全楽曲の編曲をGt.大月優が担当し、Dr.松丸怜吾が初めて作詞に参加。 音楽性のルーツにあたるUKロックの要素を鮮明にしながら、"キャッチーでリフの効いた踊れるロック"を体現した、バンドとしての"新章"の幕開けを感じさせる一作となっている。

6 tracks
Rock

リフの惑星、新作EP収録曲「KEEP ON! KEEP ON!」を先行配信スタート!

1 track
Rock

リフの惑星、新作EP収録曲「KEEP ON! KEEP ON!」を先行配信スタート!

1 track
Rock

リフの惑星 New EP「BOY」配信リリース

4 tracks
Rock

リフの惑星 New EP「BOY」配信リリース

4 tracks
Rock

ONE OK ROCK等を手掛けるサウンドプロデューサーでありギタリストのakkinを、バンドとして初めてアレンジャーに迎えて制作された楽曲です。 1音1音繊細に研ぎ澄まされ且つダイナミックな力強いサウンドに乗せて、今を生き抜こうと決意を叫ぶボーカルに聴く者の心は鷲掴みにされます。 そして楽曲タイトル「FANFARE」には、今いるところから次への扉に向かう、そんな一歩前に踏み出す勇気を与えてくれる歌として、現代社会への祈りや願いが込められた1曲にも聴こえてきます。 是非ジャケットを眺めながら一度視聴してみてください!!

1 track
Rock

ONE OK ROCK等を手掛けるサウンドプロデューサーでありギタリストのakkinを、バンドとして初めてアレンジャーに迎えて制作された楽曲です。 1音1音繊細に研ぎ澄まされ且つダイナミックな力強いサウンドに乗せて、今を生き抜こうと決意を叫ぶボーカルに聴く者の心は鷲掴みにされます。 そして楽曲タイトル「FANFARE」には、今いるところから次への扉に向かう、そんな一歩前に踏み出す勇気を与えてくれる歌として、現代社会への祈りや願いが込められた1曲にも聴こえてきます。 是非ジャケットを眺めながら一度視聴してみてください!!

1 track
Rock

「MUSIC」は、現在のメンバーを結成してはじめての音出しで合わせた楽曲で、ライブでも一度も欠かさずに演奏してきた楽曲でもあり、ある種バンドのアンセム的な存在の楽曲。限りある時間への疾走感、容赦ない社会への刹那感が、『リフの惑星』ならではのダンスロックサウンドと印象的な歌詞が聴く者の脳裏に刻まれる一曲である。

1 track
Rock

「MUSIC」は、現在のメンバーを結成してはじめての音出しで合わせた楽曲で、ライブでも一度も欠かさずに演奏してきた楽曲でもあり、ある種バンドのアンセム的な存在の楽曲。限りある時間への疾走感、容赦ない社会への刹那感が、『リフの惑星』ならではのダンスロックサウンドと印象的な歌詞が聴く者の脳裏に刻まれる一曲である。

1 track
Rock

2020 年11 月に1st フルアルバム『odds and ends』をリリースし、日本語ロックの新たな可能性を提示したリフの惑星。確実な進化を遂げ、確信めいたサウンドを鳴らす4 人によるEP シリーズ第3 弾『sampler EP III』リリース。 vo. 緒方とba. 小林(ex.The SALOVERS) を中心に2016年秋結成。その後2019年にgt 大月、松丸四兄弟の三男であるdr 松丸を迎え現在の四人編成として都内を中心に活動、UK ロックからの影響を色濃く感じさせる東京インディーダンスロックバンド。これまでタワーレコード限定で2作のEPとシングル1作をリリース。その後、2019年5月より12ヵ月連続シングル&MV 公開を行い各所から注目を集める。2020年11月には自主レーベルであるデススターレコーズから、1st アルバム『odds and ends』をリリース。 3rd EP となる本作はリフの惑星の特徴である「踊れるロック」という特徴はそのままに「歌えるメロディー」にフォーカスした楽曲を収録した作品となっており、特にリードトラックであるTr.1「spangle」はvo. 緒方のハイトーンボイスが印象的に響く強烈なサビを持った一曲に仕上がった。鳴りやまないディストーションとダンスビートがリフレインとなり、先の見えない現実の靄を払う1枚。

4 tracks
Rock

元the ogtzの緒方とThe SALOVERSの小林を中心に2016年秋に結成されたダンスロックバンド、"リフの惑星"。UKロックからの影響を色濃く感じさせるダンスビートや王道ミディアムナンバーが炸裂する1st フルアルバムをリリース。

10 tracks
View More Discography Collapse