album jacket
TitleDurationPrice
愛の沈黙  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:41
アニメイト  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:26
兵隊の歌  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:26
魔法が使えない  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:35
泣こうじゃないか  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:17
にわとして  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:02
踊り子  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:21
ボストン・ティー・パーティー  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:31
叫びとささやき  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 02:52
一日  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 02:21
トマトジュース  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 02:34
スワンプ相談室  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 09:34
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 45:40
Album Info

かたや宇波拓・木下和重・中尾勘二とのグループ、 かえる目にて4枚のアルバムを発表、 『うたのしくみ』 『今日の 「あまちゃん」 から』 などの著作でも知られる細馬宏通(aka かえるさん)、 こなたリーダー・バンド、 yumboにて同じく4枚のアルバムを発表、 近年は越川道夫監督作 『アレノ』 『二十六夜待ち』 、 鈴木卓爾監督作 『ゾンからのメッセージ』 など映画音楽も手掛ける澁谷浩次。

彦根、 仙台と普段は遠く離れた拠点にて活動する当代屈指の個性派ソングライター両名が、 当地の七夕のごとく毎年8月に仙台のbook cafe火星の庭にて邂逅してきた共演ライヴシリーズ 「かえるさんとシブヤくん」 。 開始二年目の2012年より、 一方の持ち込んだ歌詞に他方が楽曲を書き合い、 その年のライヴにて披露するというコラボレーション・プロジェクトがスタート。

2012〜14年の間に順調にストックされていった12の楽曲を、 2015年8月渋谷のライヴ会場、 7th Floorにてスタジオ・ライヴ形式で録音を敢行。 タイトル通りのスワンピーな演奏をバックに細馬と観客のQ&Aが約10分に渡り展開されるM12のみ同会場で行われたライヴから。 細馬(Vo、 Gut-guitar)&澁谷(Vo、 Piano、 B)に加え、 全曲でyumboがベーシック・バンドを務め、 さらにテニスコーツ、 片想いのMC.Sirafuと遠藤里美、 かえる目の木下和重が曲ごとにゲスト参加。

美麗ボッサM1に始まり、 yumbo高柳あゆ子が歌うエレジーM3、 枯れすすき調M5、 ズンドコ・アーバン・グルーヴM6、 ナイアガラ的ノヴェルティM11等々、 ソングライティングの実験を自由自在に追求した遊び心満載な全12曲の歌詞/メロディ/リズム/アレンジはまさに多種多彩。 互いのメイン・バンド以上に両作家の引き出しの多さを堪能できる、 風変わりで軽妙洒脱なポップ・ソング集。

People who bought this album also bought

Popular albums of same genre

Discography

Pop
かたや宇波拓・木下和重・中尾勘二とのグループ、かえる目にて4枚のアルバムを発表、『うたのしくみ』『今日の「あまちゃん」から』などの著作でも知られる細馬宏通(aka かえるさん)、こなたリーダー・バンド、yumboにて同じく4枚のアルバムを発表、近年は越川道夫監督作『アレノ』『二十六夜待ち』、鈴木卓爾監督作『ゾンからのメッセージ』など映画音楽も手掛ける澁谷浩次。 彦根、仙台と普段は遠く離れた拠点にて活動する当代屈指の個性派ソングライター両名が、当地の七夕のごとく毎年8月に仙台のbook cafe火星の庭にて邂逅してきた共演ライヴシリーズ「かえるさんとシブヤくん」。開始二年目の2012年より、一方の持ち込んだ歌詞に他方が楽曲を書き合い、その年のライヴにて披露するというコラボレーション・プロジェクトがスタート。 2012〜14年の間に順調にストックされていった12の楽曲を、2015年8月渋谷のライヴ会場、7th Floorにてスタジオ・ライヴ形式で録音を敢行。タイトル通りのスワンピーな演奏をバックに細馬と観客のQ&Aが約10分に渡り展開されるM12のみ同会場で行われたライヴから。細馬(Vo、Gut-guitar)&澁谷(Vo、Piano、B)に加え、全曲でyumboがベーシック・バンドを務め、さらにテニスコーツ、片想いのMC.Sirafuと遠藤里美、かえる目の木下和重が曲ごとにゲスト参加。 美麗ボッサM1に始まり、yumbo高柳あゆ子が歌うエレジーM3、枯れすすき調M5、ズンドコ・アーバン・グルーヴM6、ナイアガラ的ノヴェルティM11等々、ソングライティングの実験を自由自在に追求した遊び心満載な全12曲の歌詞/メロディ/リズム/アレンジはまさに多種多彩。互いのメイン・バンド以上に両作家の引き出しの多さを堪能できる、風変わりで軽妙洒脱なポップ・ソング集。