How To Buy
TitleDurationPrice
消えて行く前に  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 02:52
夜光虫  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 04:35
満月とポイズン  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 02:15
少し飲んで帰ろう  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 04:11
仄灯 -HONOAKARI-  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 04:08
残夜の汀線  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 05:27
ゆらゆら  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 03:20
さよならセニョリータ  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 03:39
また今日が終わる  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 04:27
エンドロール  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 06:01
デリバリーヘルスウィング  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 02:32
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 43:27
Album Info

OLEDICKFOGGYフル・アルバム作品としては、2018年リリース「Gerato」(Diwphalanx / PX333)以来、実に5年ぶりとなる完全新曲、7枚目のフル・アルバム「残夜の汀線」(ざんやのていせん)が発表される。2022年、新メンバーとして三隅 朋子(Accordion、Keyboard)、鹿児島 大資(Electric Bass)を迎え、唯一不二である先鋭的な「オールディックフォギー・サウンド」の新たな地平を、より「ポップ」に、より鮮やかに切り開く渾身なる力作。「エモーショナル」と「センシティブ」に満ち溢れた多様なる新たな唄と音色。そして「エキセントリック」と「アヴァンギャルド」と、ロックの「ダイナミズム」を携えながら、鋭利なる光彩を放つ圧倒的なロック・サウンド全11曲が完成した。世界の「夜」が明け始める中、OLEDICKFOGGYは今まで同様、ロックの「汀線」=様々な境界線を突破してゆく。

Discography

Rock

OLEDICKFOGGYフル・アルバム作品としては、2018年リリース「Gerato」(Diwphalanx / PX333)以来、実に5年ぶりとなる完全新曲、7枚目のフル・アルバム「残夜の汀線」(ざんやのていせん)が発表される。2022年、新メンバーとして三隅 朋子(Accordion、Keyboard)、鹿児島 大資(Electric Bass)を迎え、唯一不二である先鋭的な「オールディックフォギー・サウンド」の新たな地平を、より「ポップ」に、より鮮やかに切り開く渾身なる力作。「エモーショナル」と「センシティブ」に満ち溢れた多様なる新たな唄と音色。そして「エキセントリック」と「アヴァンギャルド」と、ロックの「ダイナミズム」を携えながら、鋭利なる光彩を放つ圧倒的なロック・サウンド全11曲が完成した。世界の「夜」が明け始める中、OLEDICKFOGGYは今まで同様、ロックの「汀線」=様々な境界線を突破してゆく。

11 tracks
Rock

OLEDICKFOGGYフル・アルバム作品としては、2018年リリース「Gerato」(Diwphalanx / PX333)以来、実に5年ぶりとなる完全新曲、7枚目のフル・アルバム「残夜の汀線」(ざんやのていせん)が発表される。2022年、新メンバーとして三隅 朋子(Accordion、Keyboard)、鹿児島 大資(Electric Bass)を迎え、唯一不二である先鋭的な「オールディックフォギー・サウンド」の新たな地平を、より「ポップ」に、より鮮やかに切り開く渾身なる力作。「エモーショナル」と「センシティブ」に満ち溢れた多様なる新たな唄と音色。そして「エキセントリック」と「アヴァンギャルド」と、ロックの「ダイナミズム」を携えながら、鋭利なる光彩を放つ圧倒的なロック・サウンド全11曲が完成した。世界の「夜」が明け始める中、OLEDICKFOGGYは今まで同様、ロックの「汀線」=様々な境界線を突破してゆく。

11 tracks
Rock

OLEDICKFOGGY、先行デジタル配信第1弾 新曲「消えて行く前に」

1 track
Rock

OLEDICKFOGGY、先行デジタル配信第1弾 新曲「消えて行く前に」

1 track
Rock

常に「最新作」にて、「最高傑作」を更新、証明してきたOLEDICKFOGGY。2020年リリース前作「POPs」(PX350)に続く、1年3ヶ月ぶりとなる新作ミニ・アルバム。アルバム・タイトルは「夜明け来ず跪く頃に」。現在の様々な「状況」を、様々な「意味」で、様々な「想い」として暗示させるタイトルである。2020年4月より新メンバー、上原子K(Electric Bass)を一般オーディションにより正式加入させ、エレキベース編成となった新生OLEDICKFOGGY完全なる最初の最新作。ロックバンドとして、新たなるステージ、第2章に突入した彼らが、前作「POPs」で到達させた地平の、その先。「鋭利なるロックバンド・サウンド=新たなるポップ・ミュージック」の踏襲、更なる超克。多彩なる「音像」と「想い」を鏤めた、圧倒的なる新曲7曲がここに!!

7 tracks
Rock

エレキベース編成となった新生OLEDICKFOGGY。ロックバンドとして、新たなるステージに突入する彼らが、最初に提示する作品は5thフル・アルバム「グッド・バイ」(2016年)、6thフル・アルバム「Gerato」(2019年)のリレコーディング、リミックス、リマスタリングによる2作品同時リリースです!!2020年4月より新メンバー、上原子K(Electric Bass)をオーディションにより正式加入させ、エレキベース編成となった新生OLEDICKFOGGY。ロックバンドとして、新たなるステージに突入する彼らが、最初に提示する作品は5thフル・アルバム「グッド・バイ」(2016年リリース)、6thフル・アルバム「Gerato」(2019年リリース)、代表的名作2作品全25曲をウッド・ベースから、エレキベースにて、全面的に再レコーディングした作品である。それは、エレキベースのみを再録音した作品とは完全に異なり、ヴォーカル及び、各楽器の音像が劇的に生まれ変わった2020年最新リミックス、リマスタリング・サウンドとして、強力な再生を遂げた作品となり、次なるOLEDICKFOGGY第2章を予見させるプロローグ的作品。

12 tracks
Rock

エレキベース編成となった新生OLEDICKFOGGY。ロックバンドとして、新たなるステージに突入する彼らが、最初に提示する作品は5thフル・アルバム「グッド・バイ」(2016年)、6thフル・アルバム「Gerato」(2019年)のリレコーディング、リミックス、リマスタリングによる2作品同時リリース!!2020年4月より新メンバー、上原子K(Electric Bass)をオーディションにより正式加入させ、エレキベース編成となった新生OLEDICKFOGGY。ロックバンドとして、新たなるステージに突入する彼らが、最初に提示する作品は5thフル・アルバム「グッド・バイ」(2016年リリース)、6thフル・アルバム「Gerato」(2019年リリース)、代表的名作2作品全25曲をウッド・ベースから、エレキベースにて、全面的に再レコーディングした作品である。それは、エレキベースのみを再録音した作品とは完全に異なり、ヴォーカル及び、各楽器の音像が劇的に生まれ変わった2020年最新リミックス、リマスタリング・サウンドとして、強力な再生を遂げた作品となり、次なるOLEDICKFOGGY第2章を予見させるプロローグ的作品。

13 tracks
Rock

唯一無二、独創的な「オールディックフォギー・サウンド」の美しさ、刹那さ、その裏に蠢く無頼さ、奇矯さ、狂おしさ、そして、そこに更なる洗練と精緻を携えて、圧倒的、覚醒的な名作が完成。今、最も「鋭利なるロックバンド・サウンド=新たなるポップ・ミュージック」の衝撃がここに。

6 tracks
Rock

「繁栄とその周辺」「RUSTICが止められない」「いいえ、その逆です。」「新世界」「グッド・バイ」と常に前作アルバムを乗り越え、新たなる進化と評価を獲得してきた彼らが放つ待望の6枚目フル・アルバムは、今までの作品の中で最もバラエティーな音色が犇めき合う珠玉の完全新曲、全12曲。OLEDICKFOGGY史上、最も新境地の領域に突入する衝撃的なウルトラ・ダンス・ナンバー「KUNG FU VACATION」(クン・フー・ヴァケーション)、代表曲バラード「カーテンは閉じたまま」を超克する「さよならが言えなくて」、奇怪なポップス・サウンドが爆発する「mud muppets me」、「アステマ」、そして「いなくなったのは俺の方だったんだ」〜「シラフのうちに」の系譜になるべきエモーショナルで壮絶なロック・ナンバー「Gerato」など、数多き彼らの過去の名曲群を強烈に飛び超え、これからのOLEDICKFOGGYの代表曲となる新たな名曲が壮観に並ぶ。第9回CDショップ大賞2017にもノミネートされた最高傑作の前作アルバム「グッド・バイ」(Diwphalnx/PX300)を完全に乗り越え、圧倒的な更なる進化を達成させたロック・アルバムの歴史的名作がここに。

12 tracks
Rock

OLEDICKFOGGY史上、最も新境地の領域に突入する強烈なウルトラ・ダンス・ナンバー「KUNG FU VACATION」(クン・フー・ヴァケーション)、名曲「カーテンは閉じたまま」を超えるバラード「さよならが言えなくて」の2曲収録。そして、2018年3月7日には6枚目フル・アルバムのリリースが決定。CDショップ大賞2017にもノミネートされた最高傑作の前作アルバム「グッド・バイ」(Diwphalanx/PX300)を完全に超える歴史的名盤が完成されます。ご期待ください

2 tracks
Rock

OLEDICKFOGGYの最高傑作アルバムとして、ロングセラー継続中である「グッド・バイ」(第9回CDショップ大賞2017第一次ノミネート作品/DIWPHALANX RECORDS/PX300)を制作した現在のメンバー、録音スタジオ、録音エンジニア、マスタリング・エンジニアによって、単なるベスト編集盤、再録音盤とは完全に異なる、圧倒的な進化を遂げた究極の全30曲、最新録音作品!

15 tracks
Rock

OLEDICKFOGGYの最高傑作アルバムとして、ロングセラー継続中である「グッド・バイ」(第9回CDショップ大賞2017第一次ノミネート作品/DIWPHALANX RECORDS/PX300)を制作した現在のメンバー、録音スタジオ、録音エンジニア、マスタリング・エンジニアによって、単なるベスト編集盤、再録音盤とは完全に異なる、圧倒的な進化を遂げた究極の全30曲、最新録音作品!

15 tracks
Rock

OLEDICKFOGGY(オールディックフォギー)待望の新作フル・アルバムのタイトルは「グッド・バイ」。''過去最大のセールスを記録更新中の前作「新世界」(PX280)に続く待望の新作フル・アルバム''という、いわゆるキャッチ・コピーはいくらでも表現できる。しかし、そんな短絡的な言葉では全く不足している。新作「グッド・バイ」で彼らが体現する驚愕的な、この圧倒的なレベルの高いロック・サウンド、アンサンブルは何なんだろう。ここ数年の彼らは平均年間100本のライヴを全国各地で繰り返し、その中で毎年レコーディング、毎年作品をリリースし続けてきた。本来のロック・バンドの在るべき姿として当然の様に。必然的に演奏力も上がり、楽曲は多様化しながら、しかし彼らは全く丸くならず、彼らの「刃」はさらに研ぎ澄まされたロック・バンドとして変化し続けている。世間の知名度も上がり、彼らを賞賛して頂ける人々の層も多岐の世界に渡ってきた。そんな周囲の大きな期待をいとも簡単に乗り越えて、彼らが提示してきたのが今回のアルバムである。私たちが今まで蓄積してきたロック・バンドの「常識」、「想定」、「想像」を遥かに超える、全てのいわゆる「パターン」を崩し続けてきた彼らの底知れぬ可能性が現象化した圧倒的な作品、現代日本ロックの名盤になる作品がここに明確に誕生した。それはこの深淵なアルバム・タイトル「グッド・バイ」にすべてが体現されている。そして、この作品がDiwphalanx Records記念すべき300番目の作品である。また、過去最大規模のロング・ツアー「グッド・バイTOUR 2016」日本全国縦断61会場TOURも決定した。

13 tracks
Rock

OLEDICKFOGGY(オールディックフォギー)待望の新作は来るべき5thフル・アルバムの先行シングル。完全新曲「地下で」「未完の肖像」2曲収録。2曲共に今後、バンドの代表曲になるだろう最強の新曲である。そして来年2016年3月9日に5枚目フル・アルバムのリリースが決定。昨年リリースされた前作フル・アルバム「新世界」(PX280)を完全に超越した最高傑作が完成されます。ご期待ください。

2 tracks
Rock

遂に2年5ヶ月ぶりにリリースさせるOLEDICKFOGGY(オールディックフォギー)待望の4thフルアルバム、タイトルは「新世界」。そのタイトルが暗示するように、2014年最新スタイルの超強力なOLEDICKFOGGY「新世界」サウンド全12曲がここに在る。ロングセラーを現在も更新中の前作フルアルバム「いいえ、その逆です。」(2011年発売/PX240)を超えるべくして誕生した、まさにOLEDICKFOGGY史上最高傑作のフルアルバム。大きな称賛を得たアルバム先行第1弾シングル「いなくなったのは俺の方だったんだ/アーバンストンプ」(PX268)、先行第2弾シングル「肯定の化学/風に吹かれて」(PX275)の4曲も、このアルバムにも収録! 「OLEDICKFOGGY TOUR 新世界2014」 全国縦断40会場TOUR決定TOUR START 5月24日(土)東京 新宿LOFT ワンマンTOUR FINAL 9月27日(土)東京 恵比寿LIQUIDROOM ワンマンTOUR詳細 www.oledickfoggy.comOLEDICKFOGGY(オールディックフォギー)

12 tracks
Rock

超強力な称賛を得た先行シングル第1弾「いなくなったのは俺の方だったんだ/アーバンストンプ」(PX268)に続く、オールディックフォギー待望のアルバム先行シングル第2弾。完全新曲2曲収録。前作シングル「いなくなったのは俺の方だったんだ」が「月になんて」を超えるために生まれた曲であるならば、今作収録の「肯定の化学」は「カーテンは閉じたまま」「いいえ、その逆です。」を超えるために生まれた悲哀に満ち溢れたバラードと言えます。また、「肯定の化学」ではCOOL WISE MAN/光風&GREEN MASSIVEの浜田光風氏がトランペットでゲスト参加。そして、5月21日に4枚目のフルアルバム・リリースの発売も決定。現在制作開始中!      NEW ALBUM TOUR 2014TOUR START 5月24日(土)東京 新宿LOFT ワンマンTOUR FINAL 9月27日(土)東京 恵比寿LIQUIDROOM ワンマン

2 tracks
Rock

全国的な知名度、称賛を拡大する中でリリースされるオールディックフォギー待望の先行シングル第1弾。完全新曲2曲収録。今作に収録される新曲も涙無しでは聴けない、暗示的で強力な曲が入ります。自分の人生に勝手に照らし合わせながら、泣き叫びながら、信じながら歌う人々が増加するでしょう。そして、来年3月5日に先行シングル第2弾、5月21日に4枚目のフルアルバム・リリース予定。現在制作開始中!

2 tracks

News

〈ハイライフ八ヶ岳2021〉第2弾出演にyonawo、bonobos、佐藤タイジら

〈ハイライフ八ヶ岳2021〉第2弾出演にyonawo、bonobos、佐藤タイジら

9月11日(土)、12日(日)に山梨県北杜市のサンメドウズ清里で開催される音楽フェス〈ハイライフ八ヶ岳2021〉の第2弾出演アーティストが発表された。 今回出演が発表されたのはyonawo、bonobos、OLEDICKFOGGY、佐藤タイジ、辻コースケ

〈FEVER OF SHIZUOKA 20/20〉開催決定(仮)、出演にサニーデイ・サービス、OLEDICKFOGGY、imai、DENIMSなど

〈FEVER OF SHIZUOKA 20/20〉開催決定(仮)、出演にサニーデイ・サービス、OLEDICKFOGGY、imai、DENIMSなど

今年で7回目となる〈FEVER OF SHIZUOKA 20/20〉の開催が、11月22日あの焼津市にあるハードコアホテルで決定した。 主宰、山下”ロッキー”貴大は、「コロナ禍で中止の可能性があることをまず全員で認識する、今はまだ全員ができたらいいよねの

〈FEVER OF SHIZUOKA 2019〉タイムテーブル公開、および今回の台風19号で被災された皆様へ

〈FEVER OF SHIZUOKA 2019〉タイムテーブル公開、および今回の台風19号で被災された皆様へ

11月3日(日)静岡県焼津市・テトラリゾート静岡やいづにて開催される、県民達の夢を乗せたDIYフェス〈FEVER OF SHIZUOKA 2019〉。 本日、タイムテーブルが公開となった。 出演アーティストは「マヒトゥ・ザ・ピーポー(GEZAN)」「曽我

Monaural mini plugとOLEDICKFOGGYの2マンが8月に開催決定

Monaural mini plugとOLEDICKFOGGYの2マンが8月に開催決定

ここ数年のタイ音楽への注目に呼応するようにタイ東北地方(イサーン)の冠婚葬祭や出家(!)の行列のバックミュージック『ピンプラユック』を爆音で演奏し、各地のフェスやイベントに出演し話題を呼んでいるバンド、Monaural mini plugが、ハードなラス

〈夏の魔物2019〉第1弾でワッツーシゾンビ、ステレオガール、戸川純、ニトロデイ、赤犬、No Buses、どつ、Age Factory、掟ポルシェ、奇妙、ラフィンら決定

〈夏の魔物2019〉第1弾でワッツーシゾンビ、ステレオガール、戸川純、ニトロデイ、赤犬、No Buses、どつ、Age Factory、掟ポルシェ、奇妙、ラフィンら決定

ロックフェス〈夏の魔物2019〉の出演者第1弾が発表された。 9月1日(日)‬に大阪・味園ユニバースで行われる〈夏の魔物2019 in OSAKA〉にはワッツーシゾンビ、赤犬、////虹////、曽我部恵一、どついたるねん 、奇妙礼太郎、ラフィンノーズ

「Output」下北沢SHELTER 3DaysイベントにGANG PARADE、BILLIE IDLE、どついたるねん、トリプルファイヤーら出演

「Output」下北沢SHELTER 3DaysイベントにGANG PARADE、BILLIE IDLE、どついたるねん、トリプルファイヤーら出演

下北沢SHELTERに3日間、那覇の空気がやってくる。 沖縄のライブハウス「Output」店長(ex.下北沢SHELTER店長)上江洲修の新企画〈I Rashiku〉が7月2日~4日の3日間、下北沢SHELTERで開催されることが決定した。 出演は、GA

View More News Collapse
静岡市に毎週金曜限定の間借りライヴ・スペース「TOAST BRO」誕生

静岡市に毎週金曜限定の間借りライヴ・スペース「TOAST BRO」誕生

4月5日、静岡県・静岡市にあるライヴ・バー「Freakyshow」を間借りして、金曜限定で出現する「TOAST BRO」がスタートする。 首謀者は現在下北沢THREEで働き、地元静岡でFEVER OF SHIZUOKAを主宰するロッキー(THE WEMM

静岡TOAST BROで、GEZANとOLEDICKFOGGYの2マンが決定

静岡TOAST BROで、GEZANとOLEDICKFOGGYの2マンが決定

4月19日(金)静岡TOAST BROで、GEZANとOLEDICKFOGGYの2マン・ライヴが行われることが決定した。 ライヴは〈TOASTED TWO〉と名付けられているが、開催場所である「TOAST BRO」が一体どんな場所であるかは明かされていな

〈CONNECT歌舞伎町MUSIC FES. 2019〉第2弾ラインナップ発表

〈CONNECT歌舞伎町MUSIC FES. 2019〉第2弾ラインナップ発表

日本一の繁華街として知られる新宿・歌舞伎町を舞台に繰り広げられる都市型音楽フェスティバルが4月20日(土)に
開催される。 今回の出演アーティスト第2弾発表で新たに18組の出演が追加され、すでに発表されている第1弾出演アーティスト23組と合わせて41組の

下北沢SHELTERプレゼンツ、フラワーカンパニーズとOLEDICKFOGGYの対バンが決定!!

下北沢SHELTERプレゼンツ、フラワーカンパニーズとOLEDICKFOGGYの対バンが決定!!

12月6日(木)に下北沢SHELTERで、フラワーカンパニーズとOLEDICKFOGGYによるツーマン・イベント〈SHELTER presents.『地下室ノ正義』〉が開催されることがわかった。 結成30周年を目前に控え、数々のバンドマンの指針となり、現

SuiseiNoboAz、12/8 ツアー・ファイナル公演の対バンはOLEDICKFOGGY

SuiseiNoboAz、12/8 ツアー・ファイナル公演の対バンはOLEDICKFOGGY

3月22日に発売した『liquid rainbow』を引っ提げて9ヶ月に渡り全国を回ってきたSuiseiNoboAz。 ツアー・ファイナル公演の対バンが決定した。 長期にわたるリリース・ツアーの最後を飾る対バンは、OLEDICKFOGGY。今年一年激戦を

Collapse

Articles

連載企画『メッセージ・フロム・アンダーグラウンド』第7回──永山愛樹(TURTLE ISLAND / ALKDO / ボンクラ峠)編

連載

連載企画『メッセージ・フロム・アンダーグラウンド』第7回──永山愛樹(TURTLE ISLAND / ALKDO / ボンクラ峠)編

久しぶりの寄稿となる遠藤妙子による連載企画『メッセージ・フロム・アンダーグラウンド』。今回はTURTLE ISLANDのメンバーで、ALKDO、ボンクラ峠でも活動するバンドマン、永山愛樹へのインタヴューをお届けする。彼はバンドとしての活動はもちろん、201…