album jacket
 How To Buy
Add all to Cart
TitleDurationPrice
1
Beethoven: Piano Sonata No. 14 in C-Sharp Minor, Op. 27 No. 2 - "Moonlight" - I. Adagio sostenuto -- エミール・ギレリス  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 06:09 N/A
2
Beethoven: Piano Sonata No. 8 in C Minor, Op. 13 - "Pathétique" - II. Adagio cantabile -- エミール・ギレリス  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 05:47 N/A
3
Beethoven: Bagatelle in A Minor, WoO 59 "Für Elise" -- アナトール・ウゴルスキ  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 04:01 N/A
4
Beethoven: Piano Sonata No. 23 in F Minor, Op. 57 "Appassionata" - II. Andante con moto -- エミール・ギレリス  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 06:30 N/A
5
Beethoven: Piano Sonata No. 1 in F Minor, Op. 2 No. 1 - II. Adagio -- ヴィルヘルム・ケンプ  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 04:43 N/A
6
Beethoven: Piano Sonata No. 20 In G, Op. 49 No. 2 - 2. Tempo di Menuetto -- エミール・ギレリス  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:50 N/A
7
Beethoven: Piano Concerto No. 5 in E-Flat Major, Op. 73 - II. Adagio un poco mosso -- ヴィルヘルム・ケンプベルリン・フィルハーモニー管弦楽団フェルディナント・ライトナー  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 07:16 N/A
8
Beethoven: Violin Sonata No. 3 in E-Flat Major, Op. 12, No. 3 - 2. Adagio con molt' espressione -- ギドン・クレーメルマルタ・アルゲリッチ  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 06:04 N/A
9
Beethoven: Piano Trio in E-Flat Major, Op. 70 No. 2 - III. Allegro ma non troppo -- ヴィルヘルム・ケンプヘンリク・シェリングピエール・フルニエ  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 07:09 N/A
10
Beethoven: Piano Sonata No. 27 in E Minor, Op. 90 - II. Nicht zu geschwind und sehr singbar vorgetragen -- ヴィルヘルム・ケンプ  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 08:49 N/A
11
Beethoven: Piano Concerto No. 3 in C Minor, Op. 37 - II. Largo -- ヴィルヘルム・ケンプベルリン・フィルハーモニー管弦楽団フェルディナント・ライトナー  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 09:01 N/A
Add all to INTEREST

Discography

Classical/Soundtrack

ミェチスワフ・ヴァインベルクはポーランド出身、後にロシアで活動するも、ユダヤ人として苦難の人生を歩んだ作曲家である。ショスタコーヴィチにその才能を見出されたこの天才作曲家の様々な作品に挑み続けてきた鬼才ギドン・クレーメルが今回取り上げたのは無伴奏ヴァイオリン・ソナタ3曲。1964年、1967年、1979年に書かれたヴァインベルクの3つのソナタは、20世紀の独奏ヴァイオリンのための作品の中で最も豊かな創造性と技術的な挑戦であり、その過激な表現力は聴く者を魅了する。

13 tracks
Classical/Soundtrack

ミェチスワフ・ヴァインベルクはポーランド出身、後にロシアで活動するも、ユダヤ人として苦難の人生を歩んだ作曲家である。ショスタコーヴィチにその才能を見出されたこの天才作曲家の様々な作品に挑み続けてきた鬼才ギドン・クレーメルが今回取り上げたのは無伴奏ヴァイオリン・ソナタ3曲。1964年、1967年、1979年に書かれたヴァインベルクの3つのソナタは、20世紀の独奏ヴァイオリンのための作品の中で最も豊かな創造性と技術的な挑戦であり、その過激な表現力は聴く者を魅了する。

13 tracks
View More Discography Collapse
Collapse