How To Buy
TitleDurationPrice
俺らは猿  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 02:53
いたずらしちゃうぞ  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 02:27
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 05:20
Album Info

Leon FanourakisとSANTAWORLDVIEWがXanseiとコラボレーションしたシングル2曲がリリース!

Discography

HipHop/R&B

Leon Fanourakis, SANTAWORLDVIEW & Xansei が先月リリースした『XEONWORLDVIEW』に収録されている楽曲「ブチ上げ戦隊」にLEXが参加したリミックスバージョンが登場!

1 track
HipHop/R&B

Leon Fanourakis, SANTAWORLDVIEW & Xansei が先月リリースした『XEONWORLDVIEW』に収録されている楽曲「ブチ上げ戦隊」にLEXが参加したリミックスバージョンが登場!

1 track
HipHop/R&B

Leon FanourakisとSANTAWORLDVIEWがXanseiとコラボレーションしたシングル2曲がリリース!

2 tracks
HipHop/R&B

Leon FanourakisとSANTAWORLDVIEWがXanseiとコラボレーションしたシングル2曲がリリース!

2 tracks
HipHop/R&B

2021年に発表した2ndアルバム『SHISHIMAI』でアーティストとしての表現力の拡大に成功し、高い評価を獲得したLeon Fanourakis。貪欲にハードなラップをスピットする若き獅子からのステップアップを続ける彼の表現欲が衰えるはずもなく、僅か1年のスパンで濃密な16曲をパッケージしたニュー・アルバム『MUSA』(ムーサ)を完成させた。    これまでもNY出身のラッパー:AKTHESAVIOR とのコラボ作をリリースするなど、日本に留まらない交流を作品に反映させてきた Leon。今作もプロデュース陣はこれまでの彼の諸作でお馴染みの YamieZimmerや NOCONOCO、DJ U-LEE(YENTOWN)などの日本人トラック・メイカーたちはもちろんのこと、USで活動する日本人プロデューサーのYung Xanseiやバージニア出身のFULMETALPARKA$、フロリダ出身でJuice WRLDのプロデュースを手掛けたことでも知られるMitch Mula(2021年に配信されたLeonのシングル「FOCUS」も手掛けている)といったUSのビート・メイカーたちも多数参加。先行で配信リリースされる「FLIP」も、過去にwifisfuneralやKEY!のプロデュースで知られ、フロリダ出身のDVMN NVBEELがプロデュースを手掛けていて、昨年、Leonが渡米した際にセッションして交流を深めた相手だという。    また、『SHISHIMAI』でも豪華な客演陣が目を引いたが、今作でもBAD HOPからT-PablowとBenjazzy、先日メジャー・デビューを果たしたElle Teresa、レーベルメイトのWILYWNKAや旧友のVA$COといった興味深いラインナップの客演陣となっている。    Leon自身のラップに耳を傾けると、『SHISHIMAI』ではメロディを載せたフロウなどにも積極的に挑戦した彼が、今作では更にそういった表現面でのラップ・スキル向上に挑んでいる点に注目すべきだ。彼のお家芸とも言える、ハードに響く808ベースとTRAPビートの上で縦横無尽にサヴェージなライムが放たれるバンガーの数々はもちろんのこと、切ないギター・ループに程よいメロディが彼のフリーな思想が歌われているリリックともハマる「JIYUU KIMAMA」のような楽曲もあり、音楽性/リリック共に彼のアーティストとしてのキャパシティが拡がってきていることに気付かされる。また、自分の主張と共に、リスナーたちに問いかけたりポジティヴなメッセージで激を飛ばしているリリックが多いのも印象的だ。    ギリシャをルーツに持つLeonらしい、ギリシャ神話に登場する女神たちを指す『MUSA』(英語ではミューズと呼ばれる)という言葉をタイトルに掲げた本作。ムーサとは文芸を司る女神たちのこと。このタイトルも踏まえると、今作はラップという“アート”に向き合い続けるLeonの誇りと覚悟が顕わになったアルバム、という解釈が出来るのかもしれない。そして、本作を聴いて筆者の推測に同感してくれるリスナーも多いのではないだろうか? 伊藤雄介(音楽ライター/プロデューサー)

16 tracks
HipHop/R&B

2021年に発表した2ndアルバム『SHISHIMAI』でアーティストとしての表現力の拡大に成功し、高い評価を獲得したLeon Fanourakis。貪欲にハードなラップをスピットする若き獅子からのステップアップを続ける彼の表現欲が衰えるはずもなく、僅か1年のスパンで濃密な16曲をパッケージしたニュー・アルバム『MUSA』(ムーサ)を完成させた。    これまでもNY出身のラッパー:AKTHESAVIOR とのコラボ作をリリースするなど、日本に留まらない交流を作品に反映させてきた Leon。今作もプロデュース陣はこれまでの彼の諸作でお馴染みの YamieZimmerや NOCONOCO、DJ U-LEE(YENTOWN)などの日本人トラック・メイカーたちはもちろんのこと、USで活動する日本人プロデューサーのYung Xanseiやバージニア出身のFULMETALPARKA$、フロリダ出身でJuice WRLDのプロデュースを手掛けたことでも知られるMitch Mula(2021年に配信されたLeonのシングル「FOCUS」も手掛けている)といったUSのビート・メイカーたちも多数参加。先行で配信リリースされる「FLIP」も、過去にwifisfuneralやKEY!のプロデュースで知られ、フロリダ出身のDVMN NVBEELがプロデュースを手掛けていて、昨年、Leonが渡米した際にセッションして交流を深めた相手だという。    また、『SHISHIMAI』でも豪華な客演陣が目を引いたが、今作でもBAD HOPからT-PablowとBenjazzy、先日メジャー・デビューを果たしたElle Teresa、レーベルメイトのWILYWNKAや旧友のVA$COといった興味深いラインナップの客演陣となっている。    Leon自身のラップに耳を傾けると、『SHISHIMAI』ではメロディを載せたフロウなどにも積極的に挑戦した彼が、今作では更にそういった表現面でのラップ・スキル向上に挑んでいる点に注目すべきだ。彼のお家芸とも言える、ハードに響く808ベースとTRAPビートの上で縦横無尽にサヴェージなライムが放たれるバンガーの数々はもちろんのこと、切ないギター・ループに程よいメロディが彼のフリーな思想が歌われているリリックともハマる「JIYUU KIMAMA」のような楽曲もあり、音楽性/リリック共に彼のアーティストとしてのキャパシティが拡がってきていることに気付かされる。また、自分の主張と共に、リスナーたちに問いかけたりポジティヴなメッセージで激を飛ばしているリリックが多いのも印象的だ。    ギリシャをルーツに持つLeonらしい、ギリシャ神話に登場する女神たちを指す『MUSA』(英語ではミューズと呼ばれる)という言葉をタイトルに掲げた本作。ムーサとは文芸を司る女神たちのこと。このタイトルも踏まえると、今作はラップという“アート”に向き合い続けるLeonの誇りと覚悟が顕わになったアルバム、という解釈が出来るのかもしれない。そして、本作を聴いて筆者の推測に同感してくれるリスナーも多いのではないだろうか? 伊藤雄介(音楽ライター/プロデューサー)

16 tracks
HipHop/R&B

横浜の次世代ヒップホップシーンを代表する Leon Fanourakis (レオン ファノラキス) とオーストラリア出身の新人プロデューサー Taka Perry (タカ ペリー) が初のコラボシングル 。 Leon Fanourakisのリリースとしては約9ヶ月ぶりとなるこの楽曲は、コロナ禍でお互いの国に行き来はできなかったものの、それぞれが自身のスタジオにてスタンバイし、Taka Perry が Leon Fanourakis の意見を取り入れながらビートを制作するなど、オンラインセッションを何度か経て完成した。 Leon Fanourakis による高速ラップはもちろん、セカンドバースでは Taka Perry がラップも披露しており、日本語と英語の歌詞が交わるインターナショナルな作品に仕上がった。

1 track
HipHop/R&B

Leon Fanourakis(レオン・ファノラキス)が約1年3ヶ月ぶりとなるソロ楽曲「FOCUS」を11月29日(月)に配信リリース。本楽曲は、Juice WRLDや Maxo Kreamなどの楽曲も手掛けたフロリダ出身のビートメーカーMitch Mula(ミッチ・ムーラ) がプロデュースした作品。2020年10月にLeon本人がSNSからMitch Mulaにアプローチし、オンラインセッションを通してビートを完成させた。そして2021年9月に渡米した際にニューヨーク・ブルックリンでのスタジオにて念願の初対面とスタジオセッションが実現。11月28日(日)21時にはLeon Fanourakisが毎週日曜に更新しているVログシリーズ「1 Minute with LEON」にてこのスタジオセッションの様子を公開。 過去の自分や常識を壊し、新しい自分を求め進化していくことをテーマに書き下ろしたLeonの歌詞と無駄を削ぎ落としたシンプルかつハードなMitch Mulaのトラックは自分自身を奮い立たせるLeon Fanourakisらしい楽曲に仕上がった。

1 track
HipHop/R&B

Leon Fanourakis(レオン・ファノラキス)が約1年3ヶ月ぶりとなるソロ楽曲「FOCUS」を11月29日(月)に配信リリース。本楽曲は、Juice WRLDや Maxo Kreamなどの楽曲も手掛けたフロリダ出身のビートメーカーMitch Mula(ミッチ・ムーラ) がプロデュースした作品。2020年10月にLeon本人がSNSからMitch Mulaにアプローチし、オンラインセッションを通してビートを完成させた。そして2021年9月に渡米した際にニューヨーク・ブルックリンでのスタジオにて念願の初対面とスタジオセッションが実現。11月28日(日)21時にはLeon Fanourakisが毎週日曜に更新しているVログシリーズ「1 Minute with LEON」にてこのスタジオセッションの様子を公開。 過去の自分や常識を壊し、新しい自分を求め進化していくことをテーマに書き下ろしたLeonの歌詞と無駄を削ぎ落としたシンプルかつハードなMitch Mulaのトラックは自分自身を奮い立たせるLeon Fanourakisらしい楽曲に仕上がった。

1 track
HipHop/R&B

「世界に通用する日本語ラップ」をテーマに活動する Leon Fanourakis、セカンドアルバム『SHISHIMAI』(シシマイ)を2021年1月22日(金)に配信リリース! 約1年半ぶりとなる同フルアルバムの客演には JP THE WAVY、レーベルメイトである WILYWNKA、そして盟友 SANTAWORLDVIEW と LEX が参加。 先行配信シングル 「ZEKKOCHO」 はYENTOWN に所属するトラックメイカー/DJの U-LEE が楽曲をプロデュースし、昨年 beats by dre. のサポートにより制作された「ATARIMAE」のMV監督 Michael Laburt がミュージックビデオを担当。トリッキーなビートに合わせ、Leon Fanourakis が初めて歌声を披露。 その他の国内のプロデューサー陣には今回初のタッグとなる JIGG、大阪を代表するヒップホップレーベル HIBRID ENTERTAINMENT に所属するトラックメイカー/DJ の BULLSET、横浜を拠点に活動するトラックメイカー/DJ の NOCONOCO、「ラップスタア誕生!」審査員 の Yusuke Ito (MurderFaktry) 、今注目の若手クルー Classy Family から AKI、そして AK THE SAVIOR とのコラボ EP 『FLATBU$H ¥EN』でも活躍した Yung Xansei が参加している。また、国外からは 6ix9ine の楽曲を手掛けたニューヨーク出身の GHXST、Famous Dex に楽曲を提供したノルウェイ出身の KrissiO、南アフリカ出身の Oakerdidit など、Leon Fanourakis らしいワールドワイドなコラボが実現。 合計15曲のボリュームに仕上がった 『SHISHIMAI』 。獰猛で高速なフローを魅せる楽曲はもちろん、歌にもチャレンジしており、前作と比べるとよりエモーショナルな作品となっている。自身に秘めている喜怒哀楽を表現した Leon Fanourakis のリリックにも注目。

15 tracks
HipHop/R&B

「世界に通用する日本語ラップ」をテーマに活動する Leon Fanourakis、セカンドアルバム『SHISHIMAI』(シシマイ)を2021年1月22日(金)に配信リリース! 約1年半ぶりとなる同フルアルバムの客演には JP THE WAVY、レーベルメイトである WILYWNKA、そして盟友 SANTAWORLDVIEW と LEX が参加。 先行配信シングル 「ZEKKOCHO」 はYENTOWN に所属するトラックメイカー/DJの U-LEE が楽曲をプロデュースし、昨年 beats by dre. のサポートにより制作された「ATARIMAE」のMV監督 Michael Laburt がミュージックビデオを担当。トリッキーなビートに合わせ、Leon Fanourakis が初めて歌声を披露。 その他の国内のプロデューサー陣には今回初のタッグとなる JIGG、大阪を代表するヒップホップレーベル HIBRID ENTERTAINMENT に所属するトラックメイカー/DJ の BULLSET、横浜を拠点に活動するトラックメイカー/DJ の NOCONOCO、「ラップスタア誕生!」審査員 の Yusuke Ito (MurderFaktry) 、今注目の若手クルー Classy Family から AKI、そして AK THE SAVIOR とのコラボ EP 『FLATBU$H ¥EN』でも活躍した Yung Xansei が参加している。また、国外からは 6ix9ine の楽曲を手掛けたニューヨーク出身の GHXST、Famous Dex に楽曲を提供したノルウェイ出身の KrissiO、南アフリカ出身の Oakerdidit など、Leon Fanourakis らしいワールドワイドなコラボが実現。 合計15曲のボリュームに仕上がった 『SHISHIMAI』 。獰猛で高速なフローを魅せる楽曲はもちろん、歌にもチャレンジしており、前作と比べるとよりエモーショナルな作品となっている。自身に秘めている喜怒哀楽を表現した Leon Fanourakis のリリックにも注目。

15 tracks
HipHop/R&B

Leon Fanourakis 約一年ぶりのソロ作品「NO LIGHTS / TOBASE!」 若いヒップホップファンから絶大な支持を得る Leon Fanourakis が新曲「NO LIGHTS / TOBASE!」をリリース。 今回発表した楽曲、「NO LIGHTS」 はテキサス出身のビートメイカー rocktee、そして「TOBASE!」 はLAに在住する日本人 Yung Xansei がプロデュース。カバーアートはヒップホップ・ストリートシーンから支持を得る写真家 cherry chill will. が担当。近日公開予定のミュージックビデオは Nasty Men$ah が監督を務め、二つの楽曲が一つの物語として成り立つ映像に仕上がっている。 今年4月3日に The Underachievers から AK THE SAVIOR を迎え配信したコラボレーションEP「FLATBU$H ¥EN」、そして4月25日にはJin Dogg とのコラボレーション・シングル「ATARIMAE」をリリースした Leon Fanourakis。今回の新曲は約一年ぶりとなるソロの作品となった。 近日 YouTube にてミュージックビデオを公開予定。

2 tracks
HipHop/R&B

Leon Fanourakis 約一年ぶりのソロ作品「NO LIGHTS / TOBASE!」 若いヒップホップファンから絶大な支持を得る Leon Fanourakis が新曲「NO LIGHTS / TOBASE!」をリリース。 今回発表した楽曲、「NO LIGHTS」 はテキサス出身のビートメイカー rocktee、そして「TOBASE!」 はLAに在住する日本人 Yung Xansei がプロデュース。カバーアートはヒップホップ・ストリートシーンから支持を得る写真家 cherry chill will. が担当。近日公開予定のミュージックビデオは Nasty Men$ah が監督を務め、二つの楽曲が一つの物語として成り立つ映像に仕上がっている。 今年4月3日に The Underachievers から AK THE SAVIOR を迎え配信したコラボレーションEP「FLATBU$H ¥EN」、そして4月25日にはJin Dogg とのコラボレーション・シングル「ATARIMAE」をリリースした Leon Fanourakis。今回の新曲は約一年ぶりとなるソロの作品となった。 近日 YouTube にてミュージックビデオを公開予定。

2 tracks
HipHop/R&B

「高校生ラップ選手権」「ラップスタア誕生!」両大会で優勝を飾りその実力を世間に示し、その後も獰猛な高速ラップを武器に勢力的なライブ活動を行い大小問わずライブハウスやクラブを湧かせ続けるLeon Fanourakis (レオン・ファノラキス)が二十歳を迎え、待望のファーストアルバム『CHIMAIRA』(キマイラ)をリリース。 客演には1%首謀者“ANARCHY”を始め、高校時代からの友人でもあり特異なラップスタイルで注目を集める“SANTAWORLDVIEW”、YamieZimmer & Friendsでも共演を重ねる“Bank.Somsaart”、NY出身の“VA$¢0”(バスコ)、 88rising所属のHigher Brothersからは“Psy P”と“Melo”を迎えた。 プロデューサー陣には日本のトッププロデューサー“Chaki Zulu”、惜しくも昨年命を落としたXXXTENTACIONが所属したクルーMembers Onlyから“Bass Santana”、USのトップスター達との仕事も数多くこなす“Cookin’ Soul”等豪華な面子が参加した。そして、16曲中12曲は同じく1%に所属する盟友“YamieZimmer”がビートを提供。 全16曲のボリュームで仕上がった「CHIMAIRA」は、Leon Fanourakisが畳み込むように全身で言葉を吐き出す野心に満ち溢れた獰猛なアルバムとなった。勢いの止まらない二十歳のラッパーは国内ラップシーンの流れに全く媚びることなく、「今一番かっこいいラップ」を本能のままスピットする。

16 tracks
View More Discography Collapse
Collapse