album jacket
 How To Buy
Add all to Cart
TitleDurationPrice
1
Stay -- ゼッドアレッシア・カーラ  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:31 N/A
2
Side To Side -- アリアナ・グランデニッキー・ミナージュ  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:43 N/A
3
Don't Wanna Know (Alternate Version) -- マルーン5  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:32 N/A
4
What Do You Mean? -- ジャスティン・ビーバー  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:23 N/A
5
Let Me Love You -- DJスネイクジャスティン・ビーバー  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:23 N/A
6
Perfect Strangers -- ジョナス・ブルーJPクーパー  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:13 N/A
7
Wave Your Flag -- アフロジャックルイス・フォンシ  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:11 N/A
8
Without You -- アヴィーチーサンドロ・カヴァッザ  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:00 N/A
9
There's Nothing Holdin' Me Back -- ショーン・メンデス  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:18 N/A
10
Cut To The Feeling -- カーリー・レイ・ジェプセン  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:26 N/A
11
Sorry Not Sorry -- デミ・ロヴァート  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:21 N/A
12
Scars To Your Beautiful (NOTD Remix) -- アレッシア・カーラ  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:49 N/A
13
Strip That Down -- リアム・ペインクエイヴォ  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:22 N/A
14
Remember I Told You -- ニック・ジョナスAnne-Marieマイク・ポズナー  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:19 N/A
15
I Love You -- アクスウェル Λ イングロッソキッド・インク  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:08 N/A
16
Falling -- アレッソ  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:21 N/A
17
Good Day -- イエロー・クロウDJスネイクエリファント  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:47 N/A
18
Chained To The Rhythm -- ケイティ・ペリースキップ・マーリー  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:55 N/A
19
love -- DEANSyd  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 04:18 N/A
20
I Feel It Coming -- ザ・ウィークエンドダフト パンク  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 04:29 N/A
Add all to INTEREST

Discography

Pop

前作アルバム『thank u, next』収録のシングル「thank u, next」は通算7週全米1位、「7 rings」は通算8週全米1位の大ヒットを記録。アルバム『thank u, next』は世界86の国と地域のiTunesで1位を獲得。中でもアメリカではアルバム配信開始から5分で1位に輝き、米・iTunesの史上最速1位記録を樹立。そんなメガ・ヒット・アルバムに続き、等身大の今のアリアナが描かれた、約2年ぶり6枚目となるオリジナル・アルバム。

View More Discography Collapse
Collapse

News

ザ・ウィークエンド、『アフター・アワーズ』日本限定盤発売決定

ザ・ウィークエンド、『アフター・アワーズ』日本限定盤発売決定

ザ・ウィークエンドが、『アフター・アワーズ (デラックス・エディション)』を日本限定でCD化し12月4日(金)に発売することが決定した。 2020年3月20日に『アフター・アワーズ』を発売したザ・ウィークエンド。"Blinding Lights""Hea

ザ・ウィークエンド、"King Of The Fall"6年ぶりに再配信スタート

ザ・ウィークエンド、"King Of The Fall"6年ぶりに再配信スタート

カナダ出身のR&Bシンガー、ザ・ウィークエンドの楽曲"King Of The Fall"が配信開始された。 この曲は2014年に行われた〈King Of The Fall〉ツアーに先駆けてリリースされた楽曲。一時的にデジタル配信されていたが、その後長期間

ザ・ウィークエンドの楽曲"Blinding Lights"を使ったエアロビチャレンジが流行中

ザ・ウィークエンドの楽曲"Blinding Lights"を使ったエアロビチャレンジが流行中

3月20日に最新アルバム『アフター・アワーズ』をリリースした、カナダ出身のR&Bシンガー、ザ・ウィークエンド。 現在、アルバムからのシングル曲"Blinding Lights"のイントロに合わせて、エアロビクスを披露する「#BlindingLightsC

ザ・ウィークエンド、今年最大の週間売上を記録し全米1位獲得

ザ・ウィークエンド、今年最大の週間売上を記録し全米1位獲得

R&Bシンガーのザ・ウィークエンドが、3月20日(金)にリリースした4枚目のニュー・アルバム『アフター・アワーズ』で全米アルバム・チャート(Billboard 200)初登場1位を獲得した。今回のアルバムで4作連続1位を獲得したこととなる。 また『アフタ

アリアナ・グランデ 自身初のライヴ・アルバムをリリース

アリアナ・グランデ 自身初のライヴ・アルバムをリリース

アリアナ・グランデが、自身初のライヴ・アルバム『k bye for now (swt live)』をリリースした。 昨年8月に発表したアルバム『スウィートナー』を引っ提げて今年3月からワールド・ツアーを敢行中のアリアナ。(結果的に、その僅か半年後の今年2

ジョナス・ブルー、中国No.1新人アーティスト=ティファ・チェンを迎えた新曲をリリース

ジョナス・ブルー、中国No.1新人アーティスト=ティファ・チェンを迎えた新曲をリリース

来年3月にジャパン・ツアーを行うジョナス・ブルー。 2017年中国で最優秀新人賞に選出された新進気鋭のアーティスト=ティファ・チェン(Tifa Chen)を迎えた新曲「Billboard」をリリースした。 二人の出会いは2018年中国で開催されたEDC

View More News Collapse
ケイティ・ペリー、最新シングルMVで愛犬が初作品デビュー

ケイティ・ペリー、最新シングルMVで愛犬が初作品デビュー

今年5月に約2年ぶりにリリースしたシングル「Never Really Over」が自身最大のストリーミング・ヒット曲となったケイティ・ペリー。 そんなケイティが、8月9日にリリースした最新シングル「Small Talk」のミュージック・ビデオが公開された

グラミー賞選出の2018年最大の洋楽ヒットコンピがリリース

グラミー賞選出の2018年最大の洋楽ヒットコンピがリリース

第61回を迎える世界最高峰の音楽の祭典グラミー賞。 授賞式に先駆け、毎年その一年の洋楽ヒットを完全網羅した内容で発売されているグラミー公式コンピレーション・シリーズが今年も登場した。 今年も「年間最優秀レコード」「年間最優秀楽曲」「年間最優秀アルバム」「

ザ・ウィークエンドが初来日公演で米津玄師と共演、幕張メッセに響いた世界基準の歌声

ザ・ウィークエンドが初来日公演で米津玄師と共演、幕張メッセに響いた世界基準の歌声

R&B界のスーパー・スター、ザ・ウィークエンドが18日(火)、自身初となる来日公演を幕張メッセにて開催。初の来日公演にして幕張メッセというこの大舞台を一目見ようと、会場には多くのファンが詰めかけそのパフォーマンスにファンが熱狂した。 この日はザ・ウィーク

ザ・ウィークエンド来日公演に米津玄師が出演決定

ザ・ウィークエンド来日公演に米津玄師が出演決定

ザ・ウィークエンドの初来日公演〈The Weeknd ASIA TOUR LIVE IN JAPAN〉にスペシャル・ゲストとして米津玄師の出演が決定した。 ザ・ウィークエンドの公演にゲスト・アーティストが起用されるのはアジア初。公演は

Collapse

Articles

ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第23回

連載

ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第23回

2018年もいよいよ残りわずか、今年のヒップホップ・シーンも目まぐるしく動いていった1年でしたね。斎井直史による「パンチライン・オブ・ザ・マンス」、先月は東京とLAを拠点にじわじわと話題を集めるユニット、CIRRRCLEから分かる、ネット時代の新たなプロモ…