Track TitleDurationPrice
時の川は流れ続ける -- 尾藤イサオ 06:00  
明日は晴れるや -- 三好鉄生 04:54  
愛をありがとう -- 真木ひでと 04:34  
君ならやれるさ -- シャイアン山本 04:08  
声を聴かせて -- 小坂忠 07:02  
野球選手が夢だった -- 小松政夫 03:58  
微笑をもう一度 -- 田辺靖雄&九重佑三子 05:48  
東京を歩こう -- クニ河内 05:11  
君はパパの宝物だよ -- 大和田伸也 04:27  
故郷は待っていてくれる -- トメ北川(ハプニングス・フォー)&オールアーティスト 04:48  
曲番クリックで試聴できます Total: 50:50
作品情報

Gospelの持つスピリチャルな崇高さと劇的とも言えるパワーを踏襲し、人生の第二ステージでもう一度輝こうとする叔父さん達にエールを贈るアルバムです。全楽曲の作曲&編曲はクニ河内。ジャケットイラストは和田誠。シンガーには尾藤イサオ、小松政夫、シャイアン山本、小坂忠、、大和田伸也、他多方面から多彩な顔ぶれ。

ディスコグラフィー

  • NHKテレビ小説「藍より青く」で注目され、「水戸黄門」の格さん役で広く親しまれる俳優・大和田伸也。また弟、息子、妻などがそれぞれ俳優として活躍する”大和田ファミリー”としても良く知られる。歌は若い頃に出して以来、久々のCDリリースとなるが、実は「水戸黄門」シリーズ主題歌も歌っており、またテレビ東京「いい旅、夢気分」のナレーションを17年間担当して好評を博したその渋い声は多くのファンから歌も聴きたいという要望が高かった。テレビ、映画、舞台などで様々な役を演じる大和田伸也だが、今回の作品はその魅力的な低音を活かし、過去に傷つけた女性との恋にふと思いを馳せる男の独り言を、洒落た都会的なメロディーとサウンドに乗せて歌う。両A面扱いの「TOKYOラストシーン」も同様の背景の作品で、最近はジャジーな持ち味を発揮する女性シンガー、夏海ありさとのデュエットで聴かせる。
  • 作曲演奏はハプニングスフォーのクニ河内。キーボード主体のクールなアートロックは時代を半世紀も先取りしていた! 併せて映画版「書を捨てよ町へ出よう」のために作曲されながら1971年発売のサントラ盤未収録となった楽曲も余すところ無く収録!JAシーザーのパワフルな疾走感が堪らない「親父なんか大嫌いだのロック」、某有名歌手が変名で作曲提供した「吃りの告白」、下田逸郎の「眠るのが怖い」を無伴奏で唄う浅川マキ…。今この時代を漂流する人々に贈る、昭和アンダーグラウンドからの熱きメッセージ!!
  • Gospelの持つスピリチャルな崇高さと劇的とも言えるパワーを踏襲し、人生の第二ステージでもう一度輝こうとする叔父さん達にエールを贈るアルバムです。全楽曲の作曲&編曲はクニ河内。ジャケットイラストは和田誠。シンガーには尾藤イサオ、小松政夫、シャイアン山本、小坂忠、、大和田伸也、他多方面から多彩な顔ぶれ。
  • 一世を風靡した今は亡きアーティスト達の名曲を再び甦らせようと尾藤イサオが歌う渾身のカヴァー・アルバムです。