album jacket
 How To Buy
Add all to Cart
TitleDurationPrice
1
I'm Gonna Sit Right Down And Write Myself A Letter  wav,flac,alac: 24bit/96kHz 02:34 N/A
2
Home (When Shadows Fall)  wav,flac,alac: 24bit/96kHz 04:04 N/A
3
It's Only A Paper Moon  wav,flac,alac: 24bit/96kHz 02:34 N/A
4
More I Cannot Wish You  wav,flac,alac: 24bit/96kHz 03:03 N/A
5
The Glory Of Love  wav,flac,alac: 24bit/96kHz 03:43 N/A
6
We Three (My Echo, My Shadow And Me)  wav,flac,alac: 24bit/96kHz 03:21 N/A
7
Ac-Cent-Tchu-Ate The Positive  wav,flac,alac: 24bit/96kHz 02:31 N/A
8
My Valentine  wav,flac,alac: 24bit/96kHz 03:14 N/A
9
Always  wav,flac,alac: 24bit/96kHz 03:49 N/A
10
My Very Good Friend The Milkman  wav,flac,alac: 24bit/96kHz 03:03 N/A
11
Bye Bye Blackbird  wav,flac,alac: 24bit/96kHz 04:25 N/A
12
Get Yourself Another Fool  wav,flac,alac: 24bit/96kHz 04:41 N/A
13
The Inch Worm  wav,flac,alac: 24bit/96kHz 03:42 N/A
14
Only Our Hearts  wav,flac,alac: 24bit/96kHz 04:20 N/A
Album Info

ザ・ビートルズ、ウイングス、ソロと、長きに亘るキャリアの中で数多くの名曲と伝説を創りつづけてきたロック・レジェンド、ポール・マッカートニー。 2012年は、ポールにとって生誕70周年(6月18日)、ビートルズでデビューして50年(10月5日)という節目の年。さらなる注目が集まる中、待望のニュー・アルバムを発表! 新作は、ポールにとって初のチャレンジとなる、古き良きアメリカのスタンダード・アルバム。構想は20年以上!「今やらなければ、もう絶対にやらないっていうような作品だよ」とポールが語るように、満を持して制作された作品である。 ポールが同じ作曲家として尊敬する、アメリカのポピュラー音楽史上の偉大なソングライターへのオマージュ的作品。収録曲のうちいくつかは、ポールが子供のころ家で父親の弾くピアノによって初めて聴いた曲もあるとか。 スタンダード曲だけでなく、「マイ・ヴァレンタイン」「オンリー・アワ・ハーツ」という書き下ろしの新曲も2曲収録。 アルバムは、グラミー賞を幾度も獲得している米ポピュラー音楽界の大御所中の大御所、トミー・リピューマがプロデュース。演奏とベーシックなアレンジは、ジャズ界の女王ダイアナ・クラール(ピアノ)が自身のバンドを率いて全面バックアップ。ポールは2曲でアコースティック・ギターを弾いている以外は、ヴォーカルのみに専念している。これだけポールが自身の作品でヴォーカルに専念するのは、長いキャリアの中でも初めてのこと。 さらに、エリック・クラプトンとスティーヴィー・ワンダーがゲスト参加。レジェンドたちの豪華共演にも期待!

Add all to INTEREST

Discography

Pop

最高のロック・レジェンド、ポール・マッカートニー 5年ぶりのニュー・アルバム! ザ・ビートルズ×現代的なサウンドともいうべき強力作! ポール自身が描いた絵とタイトルを共にする『エジプト・ステーション』は、2013年にリリースされ世界のチャートを制覇したアルバム『NEW』以来、古巣とも言えるキャピトル・レコーズへの移籍後第1弾となる新曲によるフル・アルバム。 アルバムに先立ち、デジタル配信で両A面の先行シングル「アイ・ドント・ノウ」、「カム・オン・トゥ・ミー」が6月21日にリリース。「アイ・ドント・ノウ」は、美しいピアノのイントロで始まるポールにしか作れないであろう、哀愁のドラマティックなミディアム/バラード・チューン、「カム・オン・トゥ・ミー」は、ライヴで絶対に盛り上がるであろう、胸の高鳴るキャッチーなロック・チューン。いずれもザ・ビートルズ、ウイングスを彷彿させるポールらしさに現代的なサウンドがバランス良くミックスされており、アルバムの完成度の高さを予感させる。 アルバムのレコーディングは、LA、ロンドン、サセックスで行われ、1曲(*)を除きグレッグ・カースティン(アデル、ベック、フー・ファイターズ)がプロデュース。(*その1曲はワンリパブリックのライアン・テダー) ポールはアルバム・タイトルについてこのように言っている。 “僕は『エジプト・ステーション』という言葉が好きだ。僕らがかつて作っていた‘アルバム’を思い起こさせる。『エジプト・ステーション』は1曲目の駅から出発して、それぞれの曲がまるで違う駅のようなんだ。そのアイデアがすべての曲の元になっている。それは音楽が作り出す夢のような場所だと思っている”

Pop

最高のロック・レジェンド、ポール・マッカートニー 5年ぶりのニュー・アルバム! ザ・ビートルズ×現代的なサウンドともいうべき強力作! ポール自身が描いた絵とタイトルを共にする『エジプト・ステーション』は、2013年にリリースされ世界のチャートを制覇したアルバム『NEW』以来、古巣とも言えるキャピトル・レコーズへの移籍後第1弾となる新曲によるフル・アルバム。 アルバムに先立ち、デジタル配信で両A面の先行シングル「アイ・ドント・ノウ」、「カム・オン・トゥ・ミー」が6月21日にリリース。「アイ・ドント・ノウ」は、美しいピアノのイントロで始まるポールにしか作れないであろう、哀愁のドラマティックなミディアム/バラード・チューン、「カム・オン・トゥ・ミー」は、ライヴで絶対に盛り上がるであろう、胸の高鳴るキャッチーなロック・チューン。いずれもザ・ビートルズ、ウイングスを彷彿させるポールらしさに現代的なサウンドがバランス良くミックスされており、アルバムの完成度の高さを予感させる。 アルバムのレコーディングは、LA、ロンドン、サセックスで行われ、1曲(*)を除きグレッグ・カースティン(アデル、ベック、フー・ファイターズ)がプロデュース。(*その1曲はワンリパブリックのライアン・テダー) ポールはアルバム・タイトルについてこのように言っている。 “僕は『エジプト・ステーション』という言葉が好きだ。僕らがかつて作っていた‘アルバム’を思い起こさせる。『エジプト・ステーション』は1曲目の駅から出発して、それぞれの曲がまるで違う駅のようなんだ。そのアイデアがすべての曲の元になっている。それは音楽が作り出す夢のような場所だと思っている”

View More Discography Collapse
Collapse

News

【連載コラム】ラヴェンダーズAKIRA のWANNA GO HOME―第6回

【連載コラム】ラヴェンダーズAKIRA のWANNA GO HOME―第6回

みなさんこんにちは、AKIRAです ! 今週も「ラヴェンダーズAKIRAのWANNA GO HOME」へようこそ! 暖かくなったと思いきやまた冷え込んだりの毎日、早く春にならないかなぁと切実に思い続けている私です。それでは今週もよろしくお願いします! ★

ポール・マッカートニー、名古屋にて熱狂の最終公演

ポール・マッカートニー、名古屋にて熱狂の最終公演

11月8日、今回4日間に渡って行われたポール・マッカートニーのフレッシュン・アップ・ジャパン・ツアーの最終公演がナゴヤドームで行われた。 名古屋での初コンサートを祝うように、日中は快晴で暖かく10月並みの陽気となった。正午にはすでにグッズ売り場は100メ

ポール・マッカートニー、新作『エジプト・ステーション』から初のミュージック・ビデオを公開

ポール・マッカートニー、新作『エジプト・ステーション』から初のミュージック・ビデオを公開

5年ぶりのニュー・アルバム『エジプト・ステーション』が発売された9月7日(金)、ニューヨークのグランド・セントラル・ステーションで発売記念のスペシャルライヴを行ったポール・マッカートニー。 ライヴの様子はポールのオフィシャルYouTubeチャンネルで生配