How To Buy
TitleDurationPrice
Only time will tell…(spring ver.) -- sphere  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 05:56
timeless melody (alternate ver.) -- re:lapse  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:44
Love Speeder -- Whale Done!  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:30
ルーという女 -- killmilky  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 06:03
H -- The Giraffe Told Me In My Dream  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:11
Primal -- Optloquat  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:30
使い道のない風景 -- シバノソウ  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:18
Swells and Waves -- Cuicks  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 05:49
appleblossom -- cachet  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:42
Mortal (city ver.) -- synker  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:12
dark blue -- bokunofune  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:34
lies -- Lune  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:09
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 54:38
Album Info

2008年より東京高円寺HIGHにて毎月最終日曜日に開催、アジアが誇る名門シューゲイザーイベント“Total Feedback”による2022年式最新型シューゲイズコンピレーション第四弾!日本・台湾より、多種多様な轟音バンド12組による夢見心地でエヴァーグリーンな珠玉のマスターピース!

Discography

V.A.

音楽のみならず全ての芸術の発信の地として、日本においても認知度が高いフランスこそ今現在のサイケデリックトランスシーンにおけるパワーバランスをイスラエルと2分するといっても過言ではないトランス超大国である。国民性からとも推察できる美しいメロディラインと壮大なストーリー性を特徴とする「FRENCH PHYTRANCE」は90年代後半から現在までという短いスパンの中でも数多くのシーンを代表するアーティスト(TALAMASCA,ABSOLUM,SILICON SOUND,NOMAD etc)を続々輩出し、さらには自国のアーティスト達が協力しあい独自のレーベル展開を広げる。今作では栄華盛衰の激しいトランス界における偉大なるサバイバーの一つとして認識される「MIND CONTOROL RECORDS」所属アーティストを中心に名門「3D VISION」、ハイセンスクリエーター集団「NEUROBIOTIC」etcからフランスサイケトランスシーンを代表するアーティストをセレクトアップ!!

15 tracks
Rock

東京を拠点に活動する4人組バンド、killmilky(キルミルキー)がデジタル・シングル「意味のないシーニュ」をリリース。本作は4ヶ月連続でリリースするシングルの第4弾。

1 track
Rock

東京を拠点に活動する4人組バンド、killmilky(キルミルキー)がデジタル・シングル「意味のないシーニュ」をリリース。本作は4ヶ月連続でリリースするシングルの第4弾。

1 track
Rock

特異な変拍子、奇妙な不安。東京の4人組、killmilkyがデジタル・シングル「意味のないシーニュ」をリリース

1 track
Rock

特異な変拍子、奇妙な不安。東京の4人組、killmilkyがデジタル・シングル「意味のないシーニュ」をリリース

1 track
Rock

着陸態勢に入るため地上との交信が行われる宇宙船の中でメランコリックなピアノの旋律が鳴り響く。少女の乗せたハミングが途切れた途端、宇宙船は外気圏を突き抜け、熱を帯びながら下降していく。船体を導くクリシェ進行の音階の先には原風景が青く広がり物語の始まりを告げる。グラデーションを彩る大気のように重厚に重ねられたギターとシンセサイザーは転調を繰り返し、その色彩豊かな音の層の中を突き進みながら少女は思い出す。自分の記憶の中には青以外にも色があることを。ダイナミックで軽快なドラムのリズムが青への帰還に新しく懐かしい郷愁と希望を抱く少女の未来を鼓舞する。これからどんな物語へと続くのか。Overture(序曲)によってsphereの新たな幕が上る。

1 track
Rock

着陸態勢に入るため地上との交信が行われる宇宙船の中でメランコリックなピアノの旋律が鳴り響く。少女の乗せたハミングが途切れた途端、宇宙船は外気圏を突き抜け、熱を帯びながら下降していく。船体を導くクリシェ進行の音階の先には原風景が青く広がり物語の始まりを告げる。グラデーションを彩る大気のように重厚に重ねられたギターとシンセサイザーは転調を繰り返し、その色彩豊かな音の層の中を突き進みながら少女は思い出す。自分の記憶の中には青以外にも色があることを。ダイナミックで軽快なドラムのリズムが青への帰還に新しく懐かしい郷愁と希望を抱く少女の未来を鼓舞する。これからどんな物語へと続くのか。Overture(序曲)によってsphereの新たな幕が上る。

1 track
Rock

執拗に吹き荒れるフィードバック・ノイズ、揺らぐ形象。東京の4人組、killmilkyがデジタル・シングル「あいまいなフィギュール」をリリース

1 track
Rock

執拗に吹き荒れるフィードバック・ノイズ、揺らぐ形象。東京の4人組、killmilkyがデジタル・シングル「あいまいなフィギュール」をリリース

1 track
Pop

10代から"シバノソウ"としてキャリアをスタートさせ、2020年に1stフルアルバム『あこがれ』を発表、2022年にはEP『これから』を発表し、オルタナティヴ・ロックのバンドサウンドによりシンガーソングライター像の新境地を魅せたシバノソウ。多数のミュージシャンと共に制作、自身の作詞作曲楽曲でもひとりのアーティストとしてのレンジを大きく拡げた新作フルアルバム。

Bonus!
10 tracks
Pop

10代から"シバノソウ"としてキャリアをスタートさせ、2020年に1stフルアルバム『あこがれ』を発表、2022年にはEP『これから』を発表し、オルタナティヴ・ロックのバンドサウンドによりシンガーソングライター像の新境地を魅せたシバノソウ。多数のミュージシャンと共に制作、自身の作詞作曲楽曲でもひとりのアーティストとしてのレンジを大きく拡げた新作フルアルバム。

Bonus!
10 tracks
Pop

3rd ep「おんがくはたのしい」

2 tracks
Rock

多国籍5人組バンドsynker、1stフルアルバム「The Sound Of Getting By」をリリース アルバム『The Sound Of Getting By』は、先行リリースの「三宿通り」「Flower Blooming Park」に加え、ライブでは定番となっている「About The Wall」、サイケデリックな世界観の「Sardy-La」、新境地を感じさせるダンスポップ「ひるあんどん」、活動初期から演奏されてきた「Mortal」「Psychout」のリアレンジなど、メンバーらがリスペクトを寄せる90'sの匂いが漂う一枚となっている。

9 tracks
View More Discography Collapse
Collapse

News

killmilky、独創的な新SG「トレ・ユネールがあいまいになって」リリース

killmilky、独創的な新SG「トレ・ユネールがあいまいになって」リリース

killmilkyが2024年6月7日(金)にニューシングル「トレ・ユネールがあいまいになって」をリリースした。 本作は4ヶ月連続リリースの第4弾シングル。水や金属など環境音のサンプリングと爪弾かれるギターのフレーズから、killmilkyらしい轟音、そ

killmilky、蠢くギターの音が特徴的な新SG「あいまいなフィギュール」リリース

killmilky、蠢くギターの音が特徴的な新SG「あいまいなフィギュール」リリース

killmilkyが2024年4月7日(日)にニューシングル「あいまいなフィギュール」をリリースした。 本作は「シニフィアンが溶け出す」に続き、4ヶ月連続でリリースするシングルの第2弾。淡々としたベース、ドラム、ヴォーカルとは対照的に、蠢くようなギターの

シバノソウ、土曜日のレコ発で重大発表あり

シバノソウ、土曜日のレコ発で重大発表あり

シンガーソングライターのシバノソウが1月24日にリリースした2ndフル・アルバム『いつでも』のレコ発ライヴ「attitude」が、3月7日(土)に下北沢・近道で開催される。 本人が「態度を見せていく」と意気込んでいる本イベントは、バンド・メンバーにyuk

シバノソウ、映画初監督作品〈世界が終わったら〉発表 上映+トーク・イベント開催

シバノソウ、映画初監督作品〈世界が終わったら〉発表 上映+トーク・イベント開催

SSWとして活動するシバノソウが柴野惣名義で監督・制作する映画〈世界が終わったら〉が完成した。 実体験を元にした、音楽とサブカルチャーが好きな主人公、女子高生えりの先輩福島への憧れと恋心が混じった青春の一瞬の煌めきを描いたサブカル青春恋愛映画。シバノ自身

シバノソウ、新作EP『これから』本日リリース!

シバノソウ、新作EP『これから』本日リリース!

SSWのシバノソウが、本日3月16日(水)、新作EP『これから』をリリースした。 2020年6月に1stフル・アルバム『あこがれ』を発表、同年10月に配信EP『夏で待ってて』をリリース、約1年5カ月ぶりとなる本作は、先行配信シングル「愛を祈らないで」「2

【急上昇ワード】シバノソウEP先行配信曲「21歳」を要チェック

【急上昇ワード】シバノソウEP先行配信曲「21歳」を要チェック

SSWシバノソウが、 明日3月16日(水)にリリースする新作EP『これから』より「21歳」を先行配信中だ。 シバノソウは東京都出身のシンガー・ソングライター。雑誌『TV Bros.』発の“電話一本で誰でも出られるフェス”〈フェスボルタ〉出演を機に音楽活動

View More News Collapse
シバノソウ、バンド編成でのライヴ・アルバムを配信リリース

シバノソウ、バンド編成でのライヴ・アルバムを配信リリース

シバノソウがライヴ・アルバム『2020.07.12 シバノソウ無観客配信ワンマンライブ@下北沢GARAGE』を本日配信リリースした。 本ライヴ・アルバムは7月12日に下北沢GARAGEにて開催されたバンド編成での無観客配信ワンマン・ライヴを収めた内容とな

シバノソウ、ワンマン・ライヴ開催&ライヴアルバム・リリース決定

シバノソウ、ワンマン・ライヴ開催&ライヴアルバム・リリース決定

シバノソウが11月15日にワンマン・ライヴ「あこがれの先へ」を下北沢GARAGEにて開催する。 本公演は“シバノソウのバンド”名義での出演となっており、メンバーはVo .Gt.Key.シバノソウ、Gt.natsuno(ARAM)、Dr.佐藤淳(the S

Collapse

Articles

OTOTOY各スタッフ+αがそれぞれ選ぶ、2020年の10作品

コラム

OTOTOY各スタッフ+αがそれぞれ選ぶ、2020年の10作品

今年もやってきましたOTOTOYスタッフによる個人チャート。いろいろ大変だった2020年、なにを聴いてOTOTOYを作っていたのか? 今年は新人、梶野に加えてインターン、そしてコントリビューター枠としていろいろと関わっているライター陣の方にも書いてもらいま…