album jacket
 How To Buy
TitleDurationPrice
Hi And Lie (feat. Saoriiiii)  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:53
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 04:53
Album Info

トラックメイカーTRON率いる音楽ユニット「東京に静寂を」。ゲストボーカルにSaoriiiiiを迎え、初楽曲『Hi And Lie (feat. Saoriiiii)』を‪リリース。

エレクトロを基調に寿限無のカッティングギター、Sogatchのスラップベースが加わり、攻撃的でありながらも都会的な新感覚のサウンドだ。

作詞は寿限無が担当。現代SNSへの疑問や儚さをテーマに、Saoriiiiiのささやきボイスと寿限無の甘い歌声の交差で歌いあげている。

「東京に静寂を」は、2017年1月にTRONとボーカル&ギターの寿限無により楽曲制作をスタート。のちに、「Darlin'onStage」や「RandomDotStereogram」で活動していたベースのSogatchが加わった。

Discography

Dance/Electronica

別れた人のことをまだひきずっている。 夜に1人で部屋にいると考えてしまう。 オーディオプレイヤーには、まだその人のプレイリストが残ってる。 久々に聞くと思い出すメロディと思い出。 「忘れかけてたのになぁ。」 「嫌いになりかけてたのになぁ。」 「でも忘れて次の恋もしたいなぁ」 揺れる気持ち。忘れたい。残したい。好き。大嫌い。 曖昧に揺れる気持ち。 そんな気持ちを歌詞に込めた一曲。

Dance/Electronica

再びSaoriiiiiをゲストボーカルに迎え新曲「信号機の光と心おどる24時の夜」をリリース。 ほろ酔いで歩く帰り道。信号機はまるでスポットライトのように彼女を照らしている。 深夜の夜道は人通りも少なく、自分だけのステージのようで、ばれないようにステップを踏みたくなる。 さっきまでパーティー会場にいたので、気持ちも上がり、ついつい好きな彼のことを考えてしまう、話したくなる。電話したくなる。 そんな場面を歌にした一曲。

Dance/Electronica

「東京に静寂を」2ndソング『とおりゃんせ』 前作SaoriiiiiをゲストVocalに迎えてリリースした『Hi And Lie』から3カ月、 今作のVocalは寿限無のソロになっており、 drum'n bassにSogatchの爽快なベースが乗り、 攻撃的なリズムと裏腹に寿限無のクールな歌声が印象的だ。 歌詞について寿限無は、 「平安時代の恋愛は、 男性が女性の家におもむきそこでデートを楽しんでいたようです。 男性は色々な女性のところに行くわけなので、 女性としては、 今日も彼はこないのだろうか、彼はどこに行ってしまったのか... 彼は何処ーっ。 浮気してるのではないかと気になってしょうがない... 嫌な事が頭の中をくるくるりー...なはずではないかな。 きっと夢にまで出てしまうくらい、くるくるりー。 私の想いはいつ届くのだろうか。 届きはしないのだろうか。 とおりゃんせ。」 とコメントしている。

Dance/Electronica

トラックメイカーTRON率いる音楽ユニット「東京に静寂を」。ゲストボーカルにSaoriiiiiを迎え、初楽曲『Hi And Lie (feat. Saoriiiii)』を‪リリース。 エレクトロを基調に寿限無のカッティングギター、Sogatchのスラップベースが加わり、 攻撃的でありながらも都会的な新感覚のサウンドだ。 作詞は寿限無が担当。 現代SNSへの疑問や儚さをテーマに、 Saoriiiiiのささやきボイスと寿限無の甘い歌声の交差で歌いあげている。 「東京に静寂を」は、2017年1月にTRONとボーカル&ギターの寿限無により楽曲制作をスタート。 のちに、「Darlin'onStage」や「RandomDotStereogram」で活動していたベースのSogatchが加わった。