album jacket
 How To Buy
TitleDurationPrice
何もないです  alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 02:55
Ghosts In a Room  alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 03:28
モキュメンタリー  alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 02:32
Incomplete Crushing  alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 04:51
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 13:46
Album Info

Till Yawuhが1stEP『何もないです』を島根・出雲のレーベル、Local Visionsよりリリースする。 トラックメイクやレコーディングなど、制作の全工程を東京郊外にある自宅の寝室で行った楽曲をリリースするプロデューサーのTill Yawuh。トラックメイカーとして楽曲提供やリミックスを中心に活動してきたが、2021年末よりSSWとしての活動を開始し、これまでに二作のシングルをリリースしてきた。 EP『何もないです』にはボーカル曲とインスト曲がそれぞれ2曲ずつ計4曲収録されている。ギターサウンドを軸にしつつ、ダブの手法を用い空間的なアプローチを試みたビートレスなトラックや複数の拍子を行き来する展開など、これまで以上にポップでありつつも自由な発想を形にした楽曲が並んでいる。また、2曲目『Ghosts In a Room』にはhikaru yamada and the librarians としての1stEPのリリースも話題になったhikaru yamadaがアルトサックスで参加している。 アートワークは気鋭のイラストレーター/デザイナーの鱒野が制作したもの。

Discography

Dance/Electronica

Till Yawuhが1stEP『何もないです』を島根・出雲のレーベル、Local Visionsよりリリースする。 トラックメイクやレコーディングなど、制作の全工程を東京郊外にある自宅の寝室で行った楽曲をリリースするプロデューサーのTill Yawuh。トラックメイカーとして楽曲提供やリミックスを中心に活動してきたが、2021年末よりSSWとしての活動を開始し、これまでに二作のシングルをリリースしてきた。 EP『何もないです』にはボーカル曲とインスト曲がそれぞれ2曲ずつ計4曲収録されている。ギターサウンドを軸にしつつ、ダブの手法を用い空間的なアプローチを試みたビートレスなトラックや複数の拍子を行き来する展開など、これまで以上にポップでありつつも自由な発想を形にした楽曲が並んでいる。また、2曲目『Ghosts In a Room』にはhikaru yamada and the librarians としての1stEPのリリースも話題になったhikaru yamadaがアルトサックスで参加している。 アートワークは気鋭のイラストレーター/デザイナーの鱒野が制作したもの。

4 tracks
Dance/Electronica

Till Yawuhが1stEP『何もないです』を島根・出雲のレーベル、Local Visionsよりリリースする。 トラックメイクやレコーディングなど、制作の全工程を東京郊外にある自宅の寝室で行った楽曲をリリースするプロデューサーのTill Yawuh。トラックメイカーとして楽曲提供やリミックスを中心に活動してきたが、2021年末よりSSWとしての活動を開始し、これまでに二作のシングルをリリースしてきた。 EP『何もないです』にはボーカル曲とインスト曲がそれぞれ2曲ずつ計4曲収録されている。ギターサウンドを軸にしつつ、ダブの手法を用い空間的なアプローチを試みたビートレスなトラックや複数の拍子を行き来する展開など、これまで以上にポップでありつつも自由な発想を形にした楽曲が並んでいる。また、2曲目『Ghosts In a Room』にはhikaru yamada and the librarians としての1stEPのリリースも話題になったhikaru yamadaがアルトサックスで参加している。 アートワークは気鋭のイラストレーター/デザイナーの鱒野が制作したもの。

4 tracks
Dance/Electronica

2021年12月リリースしたシングル曲『Flaring』が話題になった若干20歳の新鋭プロデューサー、Till Yawuh(ティル・ヤウ)による、約1ヶ月半ぶりのリリースとなるセカンドシングル。歌詞は彼の東京郊外での暮らし、そしてそこから見えている景色について語ったもの。

1 track
Dance/Electronica

2021年12月リリースしたシングル曲『Flaring』が話題になった若干20歳の新鋭プロデューサー、Till Yawuh(ティル・ヤウ)による、約1ヶ月半ぶりのリリースとなるセカンドシングル。歌詞は彼の東京郊外での暮らし、そしてそこから見えている景色について語ったもの。

1 track