How To Buy
TitleDurationPrice
2am  flac: 24bit/48kHz 03:44
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 03:44
Note

Due to label constraints, you cannot choose the audio format. The total number of downloads available is 10. Please be aware of this before making your purchase.

Discography

Rock

2022年6月に発売したフォールズの最新作『Life Is Yours』の収録曲すべてを、イギリスの人気プロデューサー、ダン・キャリーがダブ・ヴァージョンで新たにミックスした『Life Is Dub』

10 tracks
Rock

2022年6月に発売したフォールズの最新作『Life Is Yours』の収録曲すべてを、イギリスの人気プロデューサー、ダン・キャリーがダブ・ヴァージョンで新たにミックスした『Life Is Dub』

10 tracks
Rock

FOALS通算7作目のアルバム『LIFE IS YOURS』 “間違いなくFOALS史上最高にポップなアルバムだ” 英国ロックの未来を担うFOALSのニュー・アルバム『ライフ・イズ・ユアーズ』。本作は、彼らにとって初めての全英1位を獲得、マーキュリー賞にもノミネートされ、初のBRITアワード(ベスト・グループ部門)を受賞するなど、大成功を収めた2部作『エヴリシング・ノット・セイヴド・ウィル・ビー・ロスト』(2019年作品)に続く通算7作目のオリジナル・アルバム。 『ライフ・イズ・ユアーズ』は、ディスコを彷彿させるギター・カッティングやシンコペーションのリズム、ハウス・パーティのカオスを感じさせるようなFOALSスタイルの原型といえるフックが満載。さらに進化した彼らの姿を確認できるもので、英タイムズ紙は「トーキング・ヘッズ、LCDサウンドシステム、『ノトーリアス』時代のデュラン・デュランを彷彿とさせる」と評している。現実からの脱却、歓喜に溢れた人生の果てしない可能性、世界が再びひとつになる中、人生を肯定し祝福する、今この時代に広まっている雰囲気と完全に調和したアルバムが完成した。 『ライフ・イズ・ユアーズ』は、明るく歓喜に満ちたタイトルトラック「ライフ・イズ・ユアーズ」から、既に公開されているアップビートでポップな最新シングル「ウェイク・ミー・アップ」と「2AM」へとなだれ込む完璧なオープニングで幕を開ける。またスペイン・イビサ島のクラブ・ミュージックのバレアリック・ビートを取り込んだ「ルッキング・ハイ」、西アフリカのギター・グルーヴで実験的な「フラッター」、再びライヴで踊ることのできる希望を祝うような「ザ・サウンド」など、多彩で新たなサウンドにも挑戦。そして、夏の再生を祝うと同時に、美しい瞬間は必然的にいつしか消え去るものだという儚さを歌う「ワイルド・グリーン」で大団円を迎える。

11 tracks
Rock

FOALS通算7作目のアルバム『LIFE IS YOURS』 “間違いなくFOALS史上最高にポップなアルバムだ” 英国ロックの未来を担うFOALSのニュー・アルバム『ライフ・イズ・ユアーズ』。本作は、彼らにとって初めての全英1位を獲得、マーキュリー賞にもノミネートされ、初のBRITアワード(ベスト・グループ部門)を受賞するなど、大成功を収めた2部作『エヴリシング・ノット・セイヴド・ウィル・ビー・ロスト』(2019年作品)に続く通算7作目のオリジナル・アルバム。 『ライフ・イズ・ユアーズ』は、ディスコを彷彿させるギター・カッティングやシンコペーションのリズム、ハウス・パーティのカオスを感じさせるようなFOALSスタイルの原型といえるフックが満載。さらに進化した彼らの姿を確認できるもので、英タイムズ紙は「トーキング・ヘッズ、LCDサウンドシステム、『ノトーリアス』時代のデュラン・デュランを彷彿とさせる」と評している。現実からの脱却、歓喜に溢れた人生の果てしない可能性、世界が再びひとつになる中、人生を肯定し祝福する、今この時代に広まっている雰囲気と完全に調和したアルバムが完成した。 『ライフ・イズ・ユアーズ』は、明るく歓喜に満ちたタイトルトラック「ライフ・イズ・ユアーズ」から、既に公開されているアップビートでポップな最新シングル「ウェイク・ミー・アップ」と「2AM」へとなだれ込む完璧なオープニングで幕を開ける。またスペイン・イビサ島のクラブ・ミュージックのバレアリック・ビートを取り込んだ「ルッキング・ハイ」、西アフリカのギター・グルーヴで実験的な「フラッター」、再びライヴで踊ることのできる希望を祝うような「ザ・サウンド」など、多彩で新たなサウンドにも挑戦。そして、夏の再生を祝うと同時に、美しい瞬間は必然的にいつしか消え去るものだという儚さを歌う「ワイルド・グリーン」で大団円を迎える。

11 tracks
Rock

1 track
Rock

1 track
View More Discography Collapse

News

〈FUJI ROCK FESTIVAL '22〉ラインナップ第1弾が出演日別で発表

〈FUJI ROCK FESTIVAL '22〉ラインナップ第1弾が出演日別で発表

〈FUJI ROCK FESTIVAL '22〉ラインナップ第1弾が発表された。 7月30日、土曜日のヘッドライナーは2000年代から現代に至るロック・シーンにおいて世界最重要人物、フジロック’12以来10年振りとなるJACK WHITEの出演が決定。過