How To Buy
TitleDurationPrice
Punish  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 03:09
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 03:09
Album Info

新EP『Here or Hell』より「Punish」が先行リリース

Discography

Dance/Electronica

4s4ki史上、一番シンプルで、一番エモーショナルなバラード。“大切な人への愛”を飾ることなく、真っ直ぐに歌った4s4ki初のラブソング。世界的うねりを生んだ“ハイパーポップ”シーンにおいて、日本人として誰よりも先頭を走り続けてきた4s4ki。2024年春にリリースする新曲は、ハイパーポップのアプローチは変わらずに、できる限りシンプルなワードでストーリーを描いた、ハイパーポップ・ラブソング。いつもは恥ずかしくて言えないような、混じりっ気のない純度100%の真っ直ぐな言葉を歌う。“聞いて 君と出会えて本当によかった”たったそれだけの歌。それだけなのに、何より深い愛の歌。

1 track
Dance/Electronica

スマホゲーム『タップハンター~剣と魔法の放置RPG~』主題歌

1 track
Dance/Electronica

4s4ki、3ヶ月連続リリース第2弾となる「winter again」は、4s4ki初のクリスマス・ソング。今作で歌われているのは、クリスマス・ソングにありがちな幸せでハートウォーミングな世界ではない。苦悩や生きづらさ、苦しみを生々しく歌う4s4kiらしく、“倦怠期のクリスマス”をテーマに描かれている。「winter again」でも作詞・作曲・編曲・トラックメイクの全てを4s4kiが担当。サウンド面では、1980年代のシンセウェーブや、2010年代初頭にインターネット上で流行したヴェイパーウェーブをイメージ。4s4kiによって作られたトラックが楽曲に宿る冷たさと哀愁を幻想的に表現している。

1 track
Dance/Electronica

「Continue」は、2023年11月に開催された全国ツアー『4s4ki Oneman Live Tour 2023 “Continue』のために書き下ろされた、4s4kiの約5ヶ月ぶりとなる新曲「Continue」。ツアーと同タイトルを冠したこの曲は、4s4kiの活動の中で初めて明確にコンセプトを決めた上で書かれた。それは、いつも支えてくれる全てのリスナーに向けての“感謝”と、その気持ちを体現するために音楽活動をこれからもずっと“続けていく”という意志。ドラムンベース・トラップ・EDMなどベースミュージックの流行の最先端をミックスした重厚なトラックの上で、希望を感じさせるシンセのリフ、全パートHook(サビ)と言っても過言ではない型破りな構成、そして突き抜けてポップなトップラインが躍動する2023年最新系Hyper Popだ!

1 track
Dance/Electronica

4s4ki、最新アルバム『CODE GE4SS』収録の「Shirley」をシャーリー・フェネット(CV:折笠富美子)本人が歌唱したバージョンが配信リリース

1 track
Dance/Electronica

デビュー以来、毎月のように新曲をリリースし、その多作ぶりにも評価を集めていた4s4ki。2021年9月にリリースした配信シングル「超5次元」以降、約8ヶ月間息を潜め、次なる新作への期待が高まる中、満を持して本作のリリースが決定!本作は、4s4ki自身がかねてよりルーツとして公言しているアニメ『コードギアス 叛逆のルルーシュ』と公式にタッグを組んだ異例の企画アルバム!収録曲タイトルの中にはアルバムのタイトルトラックである「CODE GE4SS」に始まり、「roro」「Shirley」「Euphemia li Britannia」などアニメに登場するキャラクターであるロロ、シャーリー、ユーフェミアの名前を冠した楽曲や、アニメの中でも屈指の名シーンである「ブラックリベリオン」など、作品と密接にリンクしたタイトルが名付けられている。

11 tracks
Dance/Electronica

8/24にメジャー2ndアルバム『Killer in Neverland』をリリースした4s4ki。海外アーティストを招致して開催した主催フェス、ストリーミングサービスでの大展開、雑誌の表紙に、“Pitchfork”など海外大手音楽メディアでの特集や作品評価など各所から大きな注目を集めている。アルバムからテレビ東京のアニメーションミュージックビデオを制作する新プロジェクト“KASHIKA”とのコラボレーションのために書き下ろされたダンスナンバー「BOUNCE DANCE」のRemix企画、その名も“BOUNCE DANCE : Killer Remixes”。第四弾のリミキサーは、Gigandect(読み:ギガンデクト)。Gigandectは、4s4kiの「SUCK MY LIFE」「OBON」などで共作し、ライブではバックDJを務めるゲームボーイ・トラックメイカー。ゲームボーイ1台で作り上げられたトラックは、疾走感あふれる唯一無二のチップチューンに変貌を遂げている。楽曲のテーマにもなっている多様性を体現したリミックスに仕上がった。

1 track
Dance/Electronica

8/24にメジャー2ndアルバム『Killer in Neverland』をリリースした4s4ki。海外アーティストを招致して開催した主催フェス、ストリーミングサービスでの大展開、雑誌の表紙に、“Pitchfork”など海外大手音楽メディアでの特集や作品評価など各所から大きな注目を集めている。アルバムからテレビ東京のアニメーションミュージックビデオを制作する新プロジェクト“KASHIKA”とのコラボレーションのために書き下ろされたダンスナンバー「BOUNCE DANCE」のRemix企画、その名も“BOUNCE DANCE : Killer Remixes”。第三弾のリミキサーは、nerdwitchkomugichan(読み:ナードウィッチコムギチャン)。2013年頃より奈良県を拠点とするロックバンド・Age Factoryのベーシストとして活動を開始し、2020年頃より関西発のコレクティブ・HEAVENのメンバーとしてHIPHOPプロデューサー・トラックメイカー・nerdwitchkomugichanとしての活動を開始する。KamuiのアルバムやRave RacersのEPへの参加、電音部の楽曲のRemixなどジャンルに囚われない幅広い活動を続け、2022年6月にはバーチャルラッパー・ピーナッツくんのアルバムを全曲プロデュースしたことでも話題となったプロデューサーだ。原曲をスクラップ&ビルドした前衛的なリミックスは必聴!

1 track
Dance/Electronica

8/24にメジャー2ndアルバム『Killer in Neverland』をリリースした4s4ki。海外アーティストを招致して開催した主催フェス、ストリーミングサービスでの大展開、雑誌の表紙に、“Pitchfork”など海外大手音楽メディアでの特集や作品評価など各所から大きな注目を集めている。アルバムからテレビ東京のアニメーションミュージックビデオを制作する新プロジェクト“KASHIKA”とのコラボレーションのために書き下ろされたダンスナンバー「BOUNCE DANCE」のRemix企画、その名も“BOUNCE DANCE : Killer Remixes”第二弾リミキサーはIll Japonia(読み:イルジャポニア)が担当!Ill Japoniaは、ロンドンを拠点とし、コーチェラ、グラストンベリー、フジロック、サマーソニックなど世界各地の大型ロックフェスティヴァルにも出演を果たしている日本人の4人組サイケデリックロックバンドBo Ningenのフロントマン/ベースボーカルのTaigen Kawabeのソロプロジェクトだ。原曲明るさと一変して、不穏だけれども美しく響く音像が楽曲を別世界に導いていく。

1 track
Dance/Electronica

8/24にメジャー2ndアルバム『Killer in Neverland』をリリースした4s4ki。海外アーティストを招致して開催した主催フェス、ストリーミングサービスでの大展開、雑誌の表紙に、“Pitchfork”など海外大手音楽メディアでの特集や作品評価など各所から大きな注目を集めている。アルバムからテレビ東京のアニメーションミュージックビデオを制作する新プロジェクト“KASHIKA”とのコラボレーションのために書き下ろされたダンスナンバー「BOUNCE DANCE」のRemix企画、その名も“BOUNCE DANCE : Killer Remixes”がスタート!第一弾のリミックスを担当したのは、Spotifyで累計6000万回以上の再生数を誇るカナダ出身のプロデューサー・Tennyson(テニスン)だ。ライアン・ヘムワーズ主宰レーベル〈secret songs〉からのリリースがきっかけで注目を浴び、スクリレックスのリミックス・ワーク参加等でも話題のアーティスト。楽曲を再解釈し生み出した、洗練されたリミックスワークになっている。アートワークは、アニメーションミュージックビデオの監督を務めた、「ゾンビランドサガ リベンジ」や「YASUKE」のOPを手掛けているKamata氏が監督・キャラクターデザインを担当。4s4kiをイメージしたキャラクターを書き下ろし、『Killer in Neverland』のカバーアートを手がけたデザインチームと組みカオスさを秘めつつもポップでキュートなアナログなジャケットデザインに仕上がっている。

1 track
Dance/Electronica

8月24日にニューアルバム『Killer in Neverland』をリリースした新世代アーティスト・4s4ki(アサキ)。雑誌の表紙やストリーミングサービスでのトップ展開など、日本の音楽シーンで頭角を現し始める一方で、海外では世界最大級の音楽メディア“Pitchfork media”で、アルバムが評価されインタビューの特集展開が組まれるなど、国内外問わず音楽シーンで注目を集めている。そんな彼女が、アルバムリリースから1ヶ月たたずして、ニューシングルをリリースすることが決定!4s4ki初のドラマ主題歌となる本楽曲「超5次元」。9/22から読売テレビ・日本テレビ系全国ネットで放送される深夜ドラマ「5分後に意外な結末」の主題歌として書き下ろした本楽曲は、浮遊感のあるスペイシーなサウンドに乗せて、ドラマのテーマとリンクした“5分後”には予想できない世界が広がる超次元的な世界観をリリックで表現。唯一無二の4s4kiワールド全開のポップソングになっている。唯一無二の音楽性と世界観は、もはや日本のGrimesと言っても過言ではない領域にまで達してきている。4s4kiの超5次元的音楽表現にぜひご注目ください!

1 track
Dance/Electronica

2021年4月にビクター/スピードスターレコーズよりメジャーデビューを果たした4s4ki(読み:アサキ)が、メジャー2作目、通算3作目となるオリジナルアルバム『Killer in Neverland』をリリースする。デビュー以来、FUJI ROCK FESTIVAL’21への大抜擢や即完したSpotify O-EAST公演を含む初の東名阪ツアー開催、世界的音楽メディアでの作品評価など、国内だけに止まらず、急速に音楽シーンで頭角を現しはじめている4s4ki。ジャンルで括ることの出来ない唯一無二のサウンドと、生々しい言葉で自身の心を抉り取り言葉にする歌詞が強烈な個性を放ち、2022年注目の新世代アーティストのひとりとして名を挙げられている。 怒涛の1年を経て蓄積されてきた経験、研ぎ澄まされる音楽的感覚、第六感で捉える世界の音楽シーンとの共振(リンク)。何かが起きそうな“予兆”に満ちている4s4kiが、本作のテーマに据えたのは“仮想現実”と“自分らしさ”。現実に生きづらさを抱える多くの若者が溢れ、バーチャルとリアルの境界線が曖昧になり混沌とするこの時代において、時には現実世界からログアウトして、仮想現実に逃避することを肯定し、“わがままに自分らしくいられる”居場所があることの大切さをリスナーに訴えかける。4s4kiにとって仮想現実とは“音楽”である。【Neverland(仮想現実)】の中で自身がこれまで血肉にしてきた好きなモノ達の概念を【Killer(破壊者)】として破壊し、それを感覚的に新たな音楽として再構築し生み出した作品こそが『Killer in Neverland』なのだ。 リードトラック「電脳郷」はまさに、本作のテーマを体現する1曲。作詞作曲トラックメイクまでを完全に一人で作り上げた本作は、4s4kiの音楽的才能が爆発した1曲といっても過言ではない。特定のルーツを持たないからこその柔軟でカオスなセンスから生み出される楽曲構成に、エセリアルな世界観を表現するサウンドスケープ、思わず体が動き出すトライバルなリズム、ドープでポップなメロディ。カッティングエッジ、オルタナティブという言葉を体現し、4s4kiが日本の音楽シーンにおいて唯一無二であることを確信させる。 これまで歩んできた過去も、音楽のジャンルも、国境も超越したあなたの想像を超える作品が今、解き放たれる。

12 tracks
Dance/Electronica

"2022年注目の新世代アーティストとして、国内外の多数のメディアから注目を集める4s4ki(アサキ)。本楽曲は、テレビ東京、テレビ東京ミュージック、コミックスマートが今年4月に立ち上げたYouTubeプロジェクト「KASHIKA」とタイアップしたものです。このプロジェクトは、アニメーションのミュージックビデオを制作するというもので、『鋼の錬金術師』や『BANANA FISH』などでアニメーション監督を務めたイラストレーターの鎌田晋平氏が監督を務めるアニメーションミュージックビデオが8月24日に公開される予定となっています。この曲は、目に見えない感情を可視化するというコンセプトで作られ、今の時代の生き方の多様性や違いを肯定することを歌っています。サウンドは盟友maeshima soshiが手がけ、ダンサブルでカラフル、弾けるように聴き心地の良い楽曲に仕上がっています。

1 track
Dance/Electronica

欧米からも高く評価され始めている4s4kiが、次に選んだフィールドはアジア!!4s4ki史上、最もHIP-HOPな曲を生み出すべく、海外の同世代アーティストとしてfeat.に迎えたのは韓国の"神童"フィーメルラッパーSwervy (読み:スウォルビ)。"支配からの解放"をテーマにラップでバースを蹴りあった、破壊力抜群のHIP HOPナンバー。

1 track
Dance/Electronica

4s4ki、ニューアルバム『Killer in Neverland』より先行配信曲「LOG OUT」をサプライズリリース

1 track
Dance/Electronica

4s4kiが新作EP『Here or Hell』を配信リリース。昨年12月に発表した配信EP『Here or Heaven』に続く本作は、前作に引き続き“生か死か”を問うワードがタイトルに冠された。4s4kiが日々生きる中で捉えた感情を綴った備忘録であり、前作よりもさらに鋭利に研ぎ澄まされた言葉で彼女の“絶望”と“希望”を描いた作品になっている。

6 tracks
Dance/Electronica

新EP『Here or Hell』より「Punish」が先行リリース

1 track
Dance/Electronica

4s4ki、配信EP『Here or Hell』より収録曲「0h G0D!!」を先行配信

1 track
View More Discography Collapse
Collapse

News

『DEEP DIVE in sync with GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』、開催決定 5/25(⼟) Zepp Shinjukuにて

『DEEP DIVE in sync with GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』、開催決定 5/25(⼟) Zepp Shinjukuにて

『DEEP DIVE in sync with GHOST IN THE SHELL/ 攻殻機動隊』が、2024年5⽉25⽇(⼟) Zepp Shinjukuにて開催される。このイベントは、押井守監督作品『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機

【急上昇ワード】4s4ki、純度100%のハイパーポップ・ラブソング「ねえ聞いて」

【急上昇ワード】4s4ki、純度100%のハイパーポップ・ラブソング「ねえ聞いて」

「ねえ聞いて」をサプライズで配信リリースした4s4kiが急上昇ワードにランクイン。 本作は“大切な人への愛”を飾らず真っ直ぐに歌った4s4ki初のラブソング。ハイパーポップのアプローチは変わらず、シンプルなワードでストーリーが描かれている。 4s4ki本

the telephones、東名阪ツアーゲストにmudy on the 昨晩、8otto、imaiら出演決定

the telephones、東名阪ツアーゲストにmudy on the 昨晩、8otto、imaiら出演決定

the telephonesが、昨年に発表した今年3月開催の東名阪ツアー〈mirror ball has come -season2-〉のゲストアーティストを発表した。 名古屋公演にはmudy on the 昨晩、大阪公演には8otto、東京公演にはim

4s4ki、ハイパーポップナンバー「Continue」のMV公開

4s4ki、ハイパーポップナンバー「Continue」のMV公開

4s4kiが2023年11月29日(水)にリリースしたシングル「Continue」のMVを公開した。 4s4kiの活動の中で、初めて明確なコンセプトのもとツアーのために書き下した本作。苦しい時やつらい時にいつも支えてくれたファンのためへの感謝と、これから

4s4ki、初のクリスマスSG「winter again」リリース

4s4ki、初のクリスマスSG「winter again」リリース

4s4kiが2023年12月15日(金)にニューシングル「winter again」をリリースした。 本作は3ヶ月連続配信の第2弾シングル。初のクリスマスソングになっている。 クリスマスソングにありがちな幸せでハートウォーミングな世界でなはなく、苦悩や生

4s4ki、3ヶ月連続配信リリース&バースデーワンマン〈4s4ki Oneman Live 2024 “4444年;C3”〉開催決定

4s4ki、3ヶ月連続配信リリース&バースデーワンマン〈4s4ki Oneman Live 2024 “4444年;C3”〉開催決定

4s4ki (アサキ)が、5大都市を廻ったワンマンツアー『4s4ki Oneman Live Tour 2023 “Continue”』の最終公演を2023年11月28日(火)神奈川県・CLUB CITTA’にて開催、ツアー全箇所を完走。ツアーファイナ

View More News Collapse
【急上昇ワード】4s4ki、コードギアスをインスパイアした新作AL『CODE GE4SS』

【急上昇ワード】4s4ki、コードギアスをインスパイアした新作AL『CODE GE4SS』

新作アルバム『CODE GE4SS』をリリースした4s4ki (アサキ)が急上昇ワードにランクイン。 本作は、4s4ki自身がかねてよりルーツとして公言しているアニメ『コードギアス 叛逆のルルーシュ』と公式にタッグを組んだ企画アルバム。アニメに登場するキ

ギャンパレ東西4箇所ツーマンに夜の本気ダンス、4s4ki出演決定

ギャンパレ東西4箇所ツーマンに夜の本気ダンス、4s4ki出演決定

GANG PARADEとライブナタリーのコラボイベント〈ライブナタリー presents GANG PARADE SAY HELLO!2MAN〉の出演アーティストとして、京都公演に夜の本気ダンス、埼玉公演に4s4kiの出演が追加決定した。 このイベントは

〈SAMURAI SONIC vol.4〉第3弾でTRiDENT出演決定

〈SAMURAI SONIC vol.4〉第3弾でTRiDENT出演決定

2023年3月26日(日)に東京ドームシティホールで開催される音楽イベント、 〈SAMURAI SONIC vol.4〉の第3弾アーティストが発表された。 〈SAMURAI SONIC〉は、 ”打ち鳴らせ、魂動(こどう)” をコンセプトに2021年11月

4s4ki、「Punish」がPitchforkの 『The 100 Best Songs of 2022』にランクイン

4s4ki、「Punish」がPitchforkの 『The 100 Best Songs of 2022』にランクイン

世界的音楽メディア『Pitchfork』の“The 100 Best Songs of 2022 (2022年のベストソング100)”が発表され、4s4ki (アサキ) の「Punish」がランクインした。 日本のアーティストとしては、10位に宇多田ヒカ

【急上昇ワード】4s4ki、“絶望”と“希望”を描いたEP「Here or Hell」

【急上昇ワード】4s4ki、“絶望”と“希望”を描いたEP「Here or Hell」

4s4ki(アサキ)が新作EP『Here or Hell』を配信リリース。 先日、〈APPLE VINEGAR -Music Award-2022〉に『Castle in Madness』がノミネートされたことも話題となった4s4ki(https://o

第5回〈APPLE VINEGAR -Music Award-〉ノミネート12作品発表

第5回〈APPLE VINEGAR -Music Award-〉ノミネート12作品発表

ASIAN KUNG-FU GENERATION 後藤正文が設立した〈APPLE VINEGAR -Music Award-〉第5回となる2022年のノミネート作品12アルバムを本日2月10日(木)2022年版の特設サイトで発表された。 〈APPLE V

【急上昇ワード】4s4ki、〈SXSW2022〉に出演決定

【急上昇ワード】4s4ki、〈SXSW2022〉に出演決定

4s4ki (アサキ)が、2022年3月14日〜22日にアメリカ・テキサス州オースティンにて開催される世界最大級の複合フェスティバル〈SXSW2022〉に出演することが決定した。 4s4kiは、配信EP『Here or Heaven』を2021年12月1

4s4ki、初の東名阪ワンマンツアー開催

4s4ki、初の東名阪ワンマンツアー開催

4s4ki (アサキ) が、初の東名阪ワンマンツアー〈TOUR 2021“HYPER NEW-PUNK LAND”〉を今年12月に開催することが決定した。 今年、〈フジロック'21〉のRED MARQUEEに出演してそのパフォーマンスが話題となった4s4

【急上昇ワード】4s4ki〈フジロック'21〉ライヴのプレイリストを公開

【急上昇ワード】4s4ki〈フジロック'21〉ライヴのプレイリストを公開

4s4ki(アサキ)が、〈FUJI ROCK FESTIVAL'21〉で行われたライヴのセットリストのプレイリストを公開した。 4s4kiは、フジロック'21の8月22日(日) 21:00からRED MARQUEEに出演。先鋭的なトラックと奔放なステージ

4s4ki、リリースパーティ〈狂気ノ城〉本日7/22(木) 20時から無料配信

4s4ki、リリースパーティ〈狂気ノ城〉本日7/22(木) 20時から無料配信

2021年7月7日にメジャーデビューアルバム『Castle in Madness』をリリースした4s4ki。 7月22日(木・祝)20時からYouTube公式チャンネルにてリリースパーティ〈狂気ノ城〉を無料配信する。 4s4ki'sコメント 『Castl

【急上昇ワード】4s4ki、メジャーデビューアルバム『Castle in Madness』リリース

【急上昇ワード】4s4ki、メジャーデビューアルバム『Castle in Madness』リリース

4s4kiが2021年7月7日にメジャーデビューアルバム『Castle in Madness』をリリースした。 4s4kiは、2018年3月『ぼくはバカだよ。』をリリースしてデビュー。作詞作曲、トラックメイクまで手掛け、「Gender」をはじめとする楽曲

4s4ki、3/11初ワンマンを生配信

4s4ki、3/11初ワンマンを生配信

2021年3月11日(木)にリキッドルームで開催される4s4kiの初ワンマンライヴ〈4s4ki 1st Oneman Live “4444年”〉。 緊急事態宣言の延長を受けて、YouTubeで生配信されることが決定した。 チケット代は、Super Cha

4s4ki、初のアルバム『超怒猫仔/Hyper Angry Cat』12/16リリース

4s4ki、初のアルバム『超怒猫仔/Hyper Angry Cat』12/16リリース

4s4kiが自身初となるオリジナルアルバム『超怒猫仔/Hyper Angry Cat』を12月16日(水)にリリースすることが決定した。 この作品は、タワーレコード全国各店及びタワーオンライン限定でのリリースとなる。 2019年9月以降に配信限定でリリー

4s4ki、トラックメイカーMasayoshi IimoriフルプロデュースEP『遺影にイェーイ』リリース MVも公開

4s4ki、トラックメイカーMasayoshi IimoriフルプロデュースEP『遺影にイェーイ』リリース MVも公開

4s4ki が、7曲入りEP『遺影にイェーイ』を8月21日にリリース。 サウンドプロデュースは、Skrillexやdiploなど世界的DJからも高い評価を受けグローバルに活躍する日本人トラックメーカーMasayoshi Iimoriが手掛けている。 客演

4s4ki『NEMNEM REMIX EP』リリース決定 「幻」のsasakure.UK Remix先行配信開始

4s4ki『NEMNEM REMIX EP』リリース決定 「幻」のsasakure.UK Remix先行配信開始

今年4月にリリースしたアルバム『おまえのドリームランド』が、日本のみならずアジアを中心に話題になっている新進気鋭のアーティスト4s4ki 。 2019年7月にリリースした「NEMNEM」のREMIX EPが6月19日にリリースされることが決定した。 同作

4s4ki、rinahamu(CY8ER)を迎えたコラボ曲 “NEXUS” MV公開

4s4ki、rinahamu(CY8ER)を迎えたコラボ曲 “NEXUS” MV公開

4s4kiが4月22日に配信リリースしたコラボアルバム『おまえのドリームランド』から、rinahamu(CY8ER)を迎えたコラボ曲 “NEXUS” のMVを公開した。 MVを手掛けたのは、前作『NEMNEM』収録楽曲“innocence”のMVを制作し

4s4ki、コラボアルバム表題曲“おまえのドリームランド”MV公開

4s4ki、コラボアルバム表題曲“おまえのドリームランド”MV公開

4s4kiが本日4/22(水)にリリースしたコラボアルバム『おまえのドリームランド』の表題曲“おまえのドリームランド”のMVを公開した。 MVを手掛けたのは、前作『NEMNEM』収録楽曲「超破滅的思考」のMVを制作した及川佑介。「4s4kiと〝謎の生物〟

4s4ki、コラボアルバム『おまえのドリームランド』を4/22デジタルリリース

4s4ki、コラボアルバム『おまえのドリームランド』を4/22デジタルリリース

4s4kiがコラボアルバム『おまえのドリームランド』を4/22(水)にデジタルリリースする。 本作品は「コラボレーション」をテーマに、同世代のアーティスト達と作り上げた一枚。 客演にrinahamu(CY8ER)、Rin音、Gokou Kuyt、Anat

Collapse