album jacket
 How To Buy
TitleDurationPrice
Oh My  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:15
Short Court Style  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:43
Interlude: Your Fire  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 00:32
The Fire  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:27
Hot For The Mountain  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:31
Lost  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:10
Sisters  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:36
Never Too Late  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:49
Ship Go Down  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 06:03
Nothing To Say  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:26
Far From You  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:34
Ain't Nobody  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:19
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 45:25
Album Info

ピッチフォークでBest New Music、英ガーディアン誌が選ぶ2015年有力新人ランキング第3位獲得など、多くのメディアから有力新人として2015年にデビューした米女性シンガー、ナタリー・プラス。マシュー・E・ホワイトが運営するヴァージニアのレーベル、<スペースボム・レコーズ>と契約しリリースしたセルフタイトル・デビュー・アルバムから3年、待望のセカンド・アルバム『ザ・フューチャー・アンド・ザ・パースト』が完成した。

今作はニューヨークに拠点を置く<ATOレコード>に移籍後初となるリリースで、プロデューサーは前回同様マシュー・E・ホワイト、ミックスを手掛けたのはブルー(ソランジュ、ブラッド・オレンジ、カーリー・レイ・ジェプセン)とマイケル・ ブラウワー(エル・キング、ジェイムス・ベイ)となっている。その影響か、80年代ポップや90年代R&Bを取り入れたダンサブルなものからバラードまで幅広く、そしてよりメジャーなサウンドに仕上がっている。

当初書き上げていたアルバムを、2016年の米大統領選挙の結果を踏まえて書き直したというナタリー。その時感じた落胆や絶望というものをどうしても無視することができず、そういった感情を反映した作品を作る必要があったという。よって今作は、ひとりのミュージシャンが自分自身を再発見し、女性であることに対する強い想いを抱いたことが垣間見れるアルバムとなっている。サウンドにおいても歌詞においても、前作から飛躍を遂げた作品と言えるだろう。

Discography

ピッチフォークでBest New Music、英ガーディアン誌が選ぶ2015年有力新人ランキング第3位獲得など、多くのメディアから有力新人として2015年にデビューした米女性シンガー、ナタリー・プラス。マシュー・E・ホワイトが運営するヴァージニアのレーベル、<スペースボム・レコーズ>と契約しリリースしたセルフタイトル・デビュー・アルバムから3年、待望のセカンド・アルバム『ザ・フューチャー・アンド・ザ・パースト』が完成した。 今作はニューヨークに拠点を置く<ATOレコード>に移籍後初となるリリースで、プロデューサーは前回同様マシュー・E・ホワイト、ミックスを手掛けたのはブルー(ソランジュ、ブラッド・オレンジ、カーリー・レイ・ジェプセン)とマイケル・ ブラウワー(エル・キング、ジェイムス・ベイ)となっている。その影響か、80年代ポップや90年代R&Bを取り入れたダンサブルなものからバラードまで幅広く、そしてよりメジャーなサウンドに仕上がっている。 当初書き上げていたアルバムを、2016年の米大統領選挙の結果を踏まえて書き直したというナタリー。その時感じた落胆や絶望というものをどうしても無視することができず、そういった感情を反映した作品を作る必要があったという。よって今作は、ひとりのミュージシャンが自分自身を再発見し、女性であることに対する強い想いを抱いたことが垣間見れるアルバムとなっている。サウンドにおいても歌詞においても、前作から飛躍を遂げた作品と言えるだろう。

ピッチフォークでBest New Music、英ガーディアン誌が選ぶ2015年有力新人ランキング第3位獲得など、多くのメディアから有力新人として2015年にデビューした米女性シンガー、ナタリー・プラス。マシュー・E・ホワイトが運営するヴァージニアのレーベル、<スペースボム・レコーズ>と契約しリリースしたセルフタイトル・デビュー・アルバムから3年、待望のセカンド・アルバム『ザ・フューチャー・アンド・ザ・パースト』が完成した。 今作はニューヨークに拠点を置く<ATOレコード>に移籍後初となるリリースで、プロデューサーは前回同様マシュー・E・ホワイト、ミックスを手掛けたのはブルー(ソランジュ、ブラッド・オレンジ、カーリー・レイ・ジェプセン)とマイケル・ ブラウワー(エル・キング、ジェイムス・ベイ)となっている。その影響か、80年代ポップや90年代R&Bを取り入れたダンサブルなものからバラードまで幅広く、そしてよりメジャーなサウンドに仕上がっている。 当初書き上げていたアルバムを、2016年の米大統領選挙の結果を踏まえて書き直したというナタリー。その時感じた落胆や絶望というものをどうしても無視することができず、そういった感情を反映した作品を作る必要があったという。よって今作は、ひとりのミュージシャンが自分自身を再発見し、女性であることに対する強い想いを抱いたことが垣間見れるアルバムとなっている。サウンドにおいても歌詞においても、前作から飛躍を遂げた作品と言えるだろう。

News

2015年にリリースされた「10年に一度」のアルバムって!?  海外音楽メディア年間ベスト情報まとめ

2015年にリリースされた「10年に一度」のアルバムって!? 海外音楽メディア年間ベスト情報まとめ

2015年も残り2週間。年の瀬がじわじわと押し迫りまくっているなか、各音楽メディアが続々と年間ベストを発表しています。 今年はどんな音楽が評価されたのかをわかりやすく知るために、海外の各音楽メディア&音楽ブログの年間ベストが出揃ったタイミングで海外年間ベ