album jacket
 How To Buy
TitleDurationPrice
CHANGE THE MOOD  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 06:44
全ての価値はおまえの前を通り過ぎる feat. 小西康陽, HATE from MOONSCAPE  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 02:56
FALSEHOOD  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 01:33
HOW CAN YOU STOMP  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:28
ALAMO TRIP  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:13
IT WAS A WAR EVERYWHERE  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:41
WATCHING HER SWAY  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:09
ALLDAY WANDER  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 01:45
YOU MAY BE RIGHT feat. KAHIMI KARIE, 大野大輔, BBH  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:36
NOTHING TAKES THE PLACE OF YOU feat. 杉村ルイ, OHAYO MOUNTAIN ROAD  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:03
SONG FOR PRISONER  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 02:40
HERE COMES THE NIGHT  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 01:30
MAKE A RAINBOW feat. 中納良恵  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:16
WE STRUGGLE FOR ALL OUR PRIDE  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 02:03
TRUE TO MY TEAM  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:54
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 50:31
Album Info

日本のアンダーグラウンドシーンを牽引するハードコアパンクバンド、STRUGGLE FOR PRIDE。1993年に結成し、その後、数回の活動休止期間を経て、2016年より活動を再開。精力的なライブ活動を行う傍ら、楽曲制作をスタート。2006年にリリースされたファースト・アルバム『YOU BARK WE BITE』以来( 4月25日(水)にavex/cutting edgeより追加録音を施した再発盤がリリース)、12年振りとなるセカンド・アルバム 『WE STRUGGLE FOR ALL OUR PRIDE.』は、現在のバンドメンバーであるフロントマンの今里、ギターのグッチン、ベースのヤンクン、ドラムの陽(ex.BREAKfAST)からなる4人編成でレコーディングを敢行した。近年のライブでも披露しているオリジナルの新曲に加え、 EGO-WRAPPIN’の中納良恵をボーカルに迎えたBenny Singsのカバー「MAKE A RAINBOW」、『YOU BARK WE BITE』と2009年にリリースしたEP『CUT YOUR THROAT.』にも参加しているカヒミ・カリィをボーカルに迎えたTHE BRUISERSのカバー(原曲は Billy Joel)「YOU MAY BE RIGHT」など、全15曲が収録された。参加アーティストは、カヒミ・カリィ、中納良恵(EGO-WRAPPIN’)の他、FEBB、BBH、BUSHMIND、小西康陽、杉村ルイ、OHAYO MOUNTAIN ROAD 、DRUNK BIRDS、DJ HIGHSCHOOL、MC KHAZZ、大野大輔、HATE(MOONSCAPE)。仲間たちが集ったこの作品には、”東京”という街の空気が濃密に封じ込められており、2018年を代表する全音楽ファン待望の作品といえるだろう。

Note

※CD版に収録されている「RECORDED AT THE ON AIR WEST SHIBUYA TOKYO ON THE 6TH AUGUST,2017 feat.ECD 」の配信はございません。ご了承ください。

Discography

HipHop/R&B

FEBB AS YOUNG MASONのマスターピースなファースト・アルバム『THE SEASON』に未発表楽曲2曲を追加し、新たにリマスタリングしたデラックス盤がリリース!

Rock

日本のアンダーグラウンドシーンを牽引するハードコアパンクバンド、STRUGGLE FOR PRIDE。1993年に結成し、その後、数回の活動休止期間を経て、2016年より活動を再開。精力的なライブ活動を行う傍ら、楽曲制作をスタート。2006年にリリースされたファースト・アルバム『YOU BARK WE BITE』以来( 4月25日(水)にavex/cutting edgeより追加録音を施した再発盤がリリース)、12年振りとなるセカンド・アルバム 『WE STRUGGLE FOR ALL OUR PRIDE.』は、現在のバンドメンバーであるフロントマンの今里、ギターのグッチン、ベースのヤンクン、ドラムの陽(ex.BREAKfAST)からなる4人編成でレコーディングを敢行した。近年のライブでも披露しているオリジナルの新曲に加え、 EGO-WRAPPIN’の中納良恵をボーカルに迎えたBenny Singsのカバー「MAKE A RAINBOW」、『YOU BARK WE BITE』と2009年にリリースしたEP『CUT YOUR THROAT.』にも参加しているカヒミ・カリィをボーカルに迎えたTHE BRUISERSのカバー(原曲は Billy Joel)「YOU MAY BE RIGHT」など、全15曲が収録された。参加アーティストは、カヒミ・カリィ、中納良恵(EGO-WRAPPIN’)の他、FEBB、BBH、BUSHMIND、小西康陽、杉村ルイ、OHAYO MOUNTAIN ROAD 、DRUNK BIRDS、DJ HIGHSCHOOL、MC KHAZZ、大野大輔、HATE(MOONSCAPE)。仲間たちが集ったこの作品には、”東京”という街の空気が濃密に封じ込められており、2018年を代表する全音楽ファン待望の作品といえるだろう。

Dance/Electronica

アンダーグラウンドに無数に放たれたリリースでSTREETに影響を拡散させ続けているPSYCHEDELIC B-BOY【BUSHMIND】の集大成的なヒップホップ・アルバムが5.13(水)に登場!東京STREETを軸に全国各地を縦横無尽に駆け巡り、キャリアを構築し続ける、HIPHOP〜TECHNO〜PSYCEDELIC DJ/トラックメイカー【BUSHMIND】。全国で繋がった仲間達を交差させ、自身が研究を重ね、磨き続けてきたトラックによる調合実験を繰り返した。その結果、見事な化学反応が起こり、眩いばかりのドリーミーで極彩色豊かなサイケデリック・ヒップホップアルバムが完成した。アートワークは数々のパーティ・フライヤー、CDジャケット、マーチャンダイズを手掛けるデザインチームWACKWACKが担当。■参加アーティスト ※ABC順B.D. / CAMPANELLA / CAMPY&HEMPY / CENJU / C.O.S.A. / COOKIE CRUNCH / D.U.O TOKYO / ERA / ILL-TEE / J.COLOMBUS / KNZZ / LUNA(MaryJane) / MASS-HOLE / MIKRIS /NERO IMAI / NIPPS / O.I. / R61BOYS / ROCKASEN / YUKSTA-ILL / 小島麻由美■参加トラックメイカー ※ABC順DJ BISON / DJ HIGHSCHOOL / HATACHEMIST / ISSAC / OVERALL / RAMZA / STARRBURST

HipHop/R&B

早くも2014 年の年間ベストの一画をゲットしたfebbのデビュー・アルバム『THE SEASON』のインストゥルメンタル・アルバム!KEN SPORT の手掛けた話題の新録曲を収録!!

HipHop/R&B

ヒップホップ・シーンの話題を総ナメしている恐るべき新星、Fla$hBackS の中心人物febb が満を持して放つ初のソロ・アルバム、『The Season』!日本のHIP HOP のターニングポイントとなる、注目すべきブツ!

Dance/Electronica

テーマは“キラキラ、グニャグニャ、サイケデリック”!HIP HOP / TECHNOの両シーンでトラックメーカー兼DJ として、ジャンルを越えて支持を集めるブッシュマインド(SEMINISHUKEI/CIAZOO)が4 年振りに放つ、超待望の新作完成!

Rock

ストラグル×カヒミ まさか? が、たしかに! 大好評の共演。圧倒的音圧が渦巻く音の洪水。ノイズの中のウィスパー・ヴォイス。待望のコラボレーション、ふたたび!!みたび!!!です。

Rock

GORO GOLOは、カクバリズム角張渉・kilikilivilla安孫子真哉のレーベルstiffeenにより見出されたバンド。その後11年の活動休止を経て、2013年に突如としてP-VINEより新譜をリリース。以降活動が活性化。 近年、Feelin’Fellows・歌舞伎町Forever Freeなど、松田chabe岳二や浅見北斗 (Have a nice day!)らと共に、語り草となるパーティーをメイクし続けてきた彼らが、東京・世田谷・下北沢THREEという特別な場所で出会った人々と作りあげたアルバム『GORO GOLO』がリリース。 2019年の東京のある一つの空気を感じられる作品として、沢山の仲間たちの思いを乗せてレーベル”Feelin’Fellows”より放たれた。 先行シングル『SYMBOL』『ビビるな』、配信リリースされた『SUMMER HITS 2019』、 そして各方面から名曲と絶賛されている『朝が来るなら (feat.Enya Yuima, エマーソン北村)』の4つのアンセムに加えて、 中田 亮 (オーサカ=モノレール)をボーカルに迎えた『Against war, Dancing』など計8曲を収録。 本作は、PUNKを起点として始まったバンドがそのスピリットを広げながらSOUL・FUNKを亜流に解釈し、独自の音楽に進化・圧倒的なスケールにサウンドを昇華した様が体感できる。 客演のボーカリスト・ラッパーには、butaji、Andy Nagashima (sign city)、Yuima Enya、ico! (Far Farm)、MC RyN (GLOCAL PUSSYS)ら気鋭のミュージシャンを起用。 PUNK/HARDCORE人脈から神奈川県央のロックヴォーカリストDEATHRO・KOJI ROJO (V/ACATION)が参加。Feelin’Fellowsのファミリーである松田chabe岳二、盟友・KONCOSの古川太一・佐藤寛がレコーディングに名を連ねている。 配信にはDJ/トラックメイカーのBUSHMIND・IGAXX・福田俊介 (VIENDA!)による『SUMMER HITS 2019』のremixを3トラック追加収録。 ミキシングエンジニアは池田 洋 (hmc studio)、マスタリングはメンバーのTadashiが担当。 デザインはシングルに引き続きCHIAKIZZ CLUBが手掛けている。

HipHop/R&B

KANDYTOWNの代表曲「R.T.N.」、「Paper Chase」等を手掛ける同クルーのビートメーカー/プロデューサー"MIKI"の初となるソロ名義アルバム! KANDYTOWNの仲間達に加え、BES、NIPPS 、Febb等の国内の盟友、更には海外勢までを巻き込み、豪華ゲスト陣と共に描くストリクトリーなヒップホップの美学! 現在、国内で最も注目されている総勢16人からなる大所帯ヒップホップクルー「KANDYTOWN」に所属するビートメーカー/プロデューサー"MIKI"。彼の生み出すソウル・ミュージックへの過剰な愛が詰まったハイセンスなサンプリング・ビートは、シンプルながらに黒さと重厚さを内包しており、既に国内外の多くのヘッズ達から高い評価を得ている。2017年12月にソロ名義として配信されたシングル「Oversea ft. Raz Fresco, IO」では、KANDYTOWNの顔であり2枚のソロアルバムでその存在感を不動のものにしている"IO"と、NYのレーベルDuck Down Musicに所属するラッパー"Raz Fresco"を客演に迎えたことで大きな話題を呼び、アルバムへの期待を否が応にも高める布石となった。そして、遂に発表される初のソロ名義アルバムとなる本作。流行のUSトレンドを後追いしたような作品ではなく、ヒップホップの本質である"不変的な格好良さ"を目指したアルバムに仕上がっている。先述したIOの他にも"Ryohu"や、"MUD"、"Dony Joint"、"DIAN"ら、クルーの面々も数多く参加し、あのKANDYTOWN独特のグルーヴが堪能できる。更には先日惜しくも亡くなった若き才能"Febb"とTETRAD THE GANG OF FOURのベテラン"Nipps" & "B.D"をフィーチャーした「You Want Me ft. B.D, Febb & Nipps」や、DOWN NORTH CAMPの"仙人掌"と、ここ日本で最もドープなラッパーの一人である"BES"を迎えた「Breath ft. BES & 仙人掌」等々、昔から国内のヒップホップを追い続けている玄人ヘッズをも思わず唸らせる素晴らしい布陣がその名を連ねている。又、海外からはRaz Frescoに加え、USブルックリン出身でJoey Bada$$率いるPro Eraとも交流の深いフィメールラッパー"Chelsea REJECT"が「Raindrops ft. Chelsea REJECT」に参加。国内外を問わず、まさに彼の幅広いコネクションをもってしかなし得ない幅広い音楽性が堪能できる作品となった。 『137』と名付けられた本作、表題となる137という数字は宇宙が誕生した137億年という数字と、MIKIともアメリカ時代に生活を共にし惜しくも2015年2月に帰らぬ人となってしまったKANDYTOWNの中心人物YUSHIが好きだった素数137に因んでいる。また本作のMIXはThe Anticipation Illicit Tsuboiが担当。東京に生まれ、東京に生きる、MIKIが生み出した"2018年東京のサウンドトラック"として、恐らくこの先も長く語り継がれるであろうマスターピースが完成した。

V.A.

凄いバンドが現れた!! Voにex NUKEY PIKESのNORI、GにMANWOMANのウザワ、BにGODS GUTSの谷口、Drにex U.G.MANのアサヌマという完璧なメンツによるファスト系のハードコア8曲を一気に演奏している"SCREWITHIN"。更にその強烈なノイズコア サウンドで圧倒的な迫力を誇る"Struggle For Pride"のスプリットCD!! 確実に今のハードコアシーンに渇を入れてくれる一枚となるであろう。

HipHop/R&B
V.A.

「WDsounds の作るコンピレーション・アルバム」としてCREATIVE PLATFORM の会員限定でリリースしたコンピレーション『5014CompMostWANTED』。BBH vs MONJU を筆頭に、B.D.と MASS-HOLE、BUSHMIND によるサイケデリックなマイクリレー曲、AYATOLLAH と仙人掌、WILLIE THE KID / YUKSTA-ILL / ISSUGI / MASS-HOLE というマイクリレー曲のようなUS のアーティストとの楽曲。WCB の唯一のリリース曲となる''goemon''、febb の未発表音源等全12 曲が全てシングルというコンセプトのアルバム。今回一般発売されるのはそのREVISIT 版。

V.A.

これが2010年の街の音、SEMINISHUKEI待望の新作!ジャンルの枠では括れない自由な音楽がここにある!

V.A.

レスザンTVが贈るヴァレンタイン・アルバム。

News

『Save Our Place』第10弾で四万十川友美ライヴ盤、ROCKASENやBUSHMINDら参加の〈たこやき サボちゃん〉コンピの配信開始

『Save Our Place』第10弾で四万十川友美ライヴ盤、ROCKASENやBUSHMINDら参加の〈たこやき サボちゃん〉コンピの配信開始

OTOTOYによるライヴハウス支援企画『Save Our Place』の第10弾となる作品が、2020年6月18日(木)にリリースされた。 今回配信開始されたのは、四万十川友美と3月33日によるライヴ音源とデモ音源を収録した『川の日 〜ライブ・デモ音源集

ライヴハウス・新大久保EARTHDOMを支援するコンピレーション・プロジェクトが開始、豪華100組以上が参加決定

ライヴハウス・新大久保EARTHDOMを支援するコンピレーション・プロジェクトが開始、豪華100組以上が参加決定

新型コロナウイルス感染拡大の防止策として3月より営業自粛を続けているライヴハウス・新大久保EARTHDOM。 この度、同ライヴハウスを支援するコンピレーション・プロジェクト“2020, the Battle Continues”の開始が決定。 2006年

デラシネ、11年ぶりとなるニュー・アルバム発売決定

デラシネ、11年ぶりとなるニュー・アルバム発売決定

ベース、サンプラー、ドラムという変則編成からなるハードコア・バンド、デラシネが11年ぶりとなるアルバムを11月6日(水)にリリースすることが決定。 今作はボーカル・風間コレヒコが自身で録音・ミックスを担当、風間が主宰するレーベル『MISTAKE STUD

STRUGGLE FOR PRIDE、中納良恵(EGO-WRAPPIN’)をヴォーカルに迎えた「MAKE A RAINBOW」がアナログ化決定

STRUGGLE FOR PRIDE、中納良恵(EGO-WRAPPIN’)をヴォーカルに迎えた「MAKE A RAINBOW」がアナログ化決定

昨年、実に12年振りとなるアルバム『WE STRUGGLE FOR ALL OUR PRIDE.』をリリースしたSTRUGGLE FOR PRIDE。 この度アルバムに収録、中納良恵(EGO-WRAPPIN’)がヴォーカルとして参加したベニー・シングスの

KANDYTOWNのビートメーカーMIKI、昨年リリースのソロ作から7"カット

KANDYTOWNのビートメーカーMIKI、昨年リリースのソロ作から7"カット

今の東京を代表するヒップホップクルー、KANDYTOWNのビートメーカー/プロデューサーMIKI。2018年4月にリリースされた1stソロ・アルバムから、「Breath ft. BES & 仙人掌」と「You Want Me ft. B.D., Febb

YUKSTA-ILLのニュー・アルバム『DEFY』の詳細が決定、今夜24時よりKOJOEのプロデュース曲が先行解禁

YUKSTA-ILLのニュー・アルバム『DEFY』の詳細が決定、今夜24時よりKOJOEのプロデュース曲が先行解禁

tha BOSS(ILL-BOSSTINO)やDJ RYOW、仙人掌、KOJOEらとのコラボでもその名が知られており、CampanellaやSOCKS、PUNPEEらが参加した前作『NEO TOKAI ON THE LINE』が高い評価を獲得し、同作を伴

View More News Collapse
来週7/30(月)19時よりDOMMUNEにて、5時間ぶち抜きでSTRUGGLE FOR PRIDE特集が放送決定!!

来週7/30(月)19時よりDOMMUNEにて、5時間ぶち抜きでSTRUGGLE FOR PRIDE特集が放送決定!!

5月に12年ぶりとなるアルバム『WE STRUGGLE FOR ALL OUR PRIDE.』をリリースした東京のハードコア・パンク・バンド、STRUGGLE FOR PRIDE。 この度アルバムのリリースを記念し、DOMMUNEにて5時間特番『STRU

DJ HOLIDAYによる〈ARIWA〉音源のMIX CDが明日7/25(水)にリリース、8月にはスペシャル・エディット曲が7インチにて!

DJ HOLIDAYによる〈ARIWA〉音源のMIX CDが明日7/25(水)にリリース、8月にはスペシャル・エディット曲が7インチにて!

5月に12年ぶりとなるアルバムをリリースした東京のハードコア・パンク・バンド、STRUGGLE FOR PRIDEのフロントマンである今里氏のDJ名義、DJ HOLIDAYによるレゲエ・レーベル〈ARIWA〉音源を使用したMIX CDが明日7月25日(水

STRUGGLE FOR PRIDE、12年振りとなる2ndアルバムを2枚組BOX仕様でリリース

STRUGGLE FOR PRIDE、12年振りとなる2ndアルバムを2枚組BOX仕様でリリース

先日長らく廃盤となっていた1stアルバムを再発することを発表し、話題を呼んだ東京のハードコア・パンク・バンド、STRUGGLE FOR PRIDE。 そしてこの度、待望となる2ndアルバム『WE STRUGGLE FOR ALL OUR PRIDE.』を

ISSUGI & GRADIS NICE、昨年リリースしたアルバムのリミックス盤の詳細が発表!!新曲も収録!!

ISSUGI & GRADIS NICE、昨年リリースしたアルバムのリミックス盤の詳細が発表!!新曲も収録!!

SICK TEAM / MONJU / DOWN NORTH CAMPのメンバーとしても活動するラッパー、ISSUGIとNY・ブルックリン在住のプロデューサー 、トラック・メイカーであるGRADIS NICE。 その2人が昨年リリースしたジョイント・アル

【今週末開催】今年もやってきた、熱い熱い、Tシャツ x 音楽の祭り──LOS APSON?×LIQUIDROOM presents T-SHIRT! THAT'S FIGHTING WORDS!!! 2016

【今週末開催】今年もやってきた、熱い熱い、Tシャツ x 音楽の祭り──LOS APSON?×LIQUIDROOM presents T-SHIRT! THAT'S FIGHTING WORDS!!! 2016

もはや毎年恒例、リキッドルーム2Fのギャラリー・スペース〈KATA〉にて行われている〈T-SHIRT! THAT'S FIGHTING WORDS!!!〉が今週末開催。 高円寺の個性派レコードショップ〈ロスアプソン〉と〈リキッドルーム〉、そしてこのふたつ

ISSUGI×JJJ、ミックステープ『LINK UP 2 EXPERIMENT』無料配信

ISSUGI×JJJ、ミックステープ『LINK UP 2 EXPERIMENT』無料配信

ISSUGI(MONJU / DOWN NORTH CAMP)とJJJ(Fla$hBackS)がミックステープ『LINK UP 2 EXPERIMENT』を公開。フリー・ダウンロードすることが可能となっている。 今作は全11曲入りとかなりのボリューム。す

ロス・アプソン?×リキッドルーム、夏の名物Tシャツ祭開催決定!

ロス・アプソン?×リキッドルーム、夏の名物Tシャツ祭開催決定!

幡ヶ谷の個性派レコード・ショップ〈LOS APSON?〉と、恵比寿の〈LIQUIDROOM〉が多くのアーティストたちとお届けするTシャツ即売イベントが今年も6月20日 (金)から22日 (日)の間〈LIQUIDROOM〉の2F〈KATA〉にて開催。 こ

BUSHMINDらトラックメイカー3人ユニットが初アルバム発売

BUSHMINDらトラックメイカー3人ユニットが初アルバム発売

SEMINISHUKEIに所属するトラックメイカー、BUSHMIND、STARRBURST、DJ HIGHSCHOOLの3人によるユニット、BBHがファースト・アルバム『THE ALBUM』を9月5日にリリースする。 BBHは〈サイケデリック・ヒップ

日本語ラップ名作、ERA『3 WORDS MY WORLD』のREMIXアルバムが無料配信

日本語ラップ名作、ERA『3 WORDS MY WORLD』のREMIXアルバムが無料配信

昨年7月にリリースされ、2011年を代表するジャパニーズ・ヒップホップの一枚として高い評価を得たERAのファースト・アルバム『3 WORDS MY WORLD』。同作のリミックス・アルバム『3 WORDS HIS WORLD』が無料配信された。 こ

Collapse

Articles

2018年東京、僕らは今も遊び続ける──【対談】今里(STRUGGLE FOR PRIDE) × 谷ぐち順(LessThanTV)

インタヴュー

2018年東京、僕らは今も遊び続ける──【対談】今里(STRUGGLE FOR PRIDE) × 谷ぐち順(LessThanTV)

圧倒的なサウンドとパフォーマンスで存在感を示し続けるバンド、STRUGGLE FOR PRIDE。2006年にリリースした1stアルバムから実に12年ぶりとなる2ndアルバム『WE STRUGGLE FOR ALL OUR PRIDE.』を完成させた。彼ら…

ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第16回

連載

ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第16回

GWもあけ、5月も半ば! 第16回目となる「パンチライン・オブ・ザ・マンス」今月もいきますよ! 先月は初の映画特集ということで、神奈川県大和市を舞台にした映画『大和(カリフォルニア)』をピックアップしました。今月は、日本ではまだあまり耳慣れない“Type …

ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第14回

連載

ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第14回

春もじわじわと近付く今日この頃、ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載「パンチライン・オブ・ザ・マンス」今月もお届けしますよ〜! 先月はこの連載初のインタヴューを1stアルバム『ego』をリリースしたシンガー、MALIYAに敢行。まだまだ謎の多い彼…

ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第8回

連載

ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第8回

8月も終わり、夏もじわじわと過ぎ去りつつある今日この頃ですが皆さまいかがお過ごしでしょうか? 先月は「夏の妄想を、湿気で腐らせない2枚と夏休みの課題図書」ということで、北千住を根城に活動するマイク集団・VLUTENT ALSTONESのクルーとして初となる…

HIP HOPライター斎井直史による定期連載──「パンチ・ライン of The Month」 第3回

連載

HIP HOPライター斎井直史による定期連載──「パンチ・ライン of The Month」 第3回

HIP HOPライター斎井直史による定期連載、「パンチ・ライン of The Month」も第3回。前回は、既に2017年ベストとの呼び声高いJJJのアルバム『HIKARI』のレヴューをお届けしました。気になる今回は、JJJと同じくFla$hBackSのメ…

febbの季節が到来!! 重量級1stソロ・アルバム『The Season』カミネッチャ!!

インタヴュー

febbの季節が到来!! 重量級1stソロ・アルバム『The Season』カミネッチャ!!

昨年の日本語ラップ・シーンにおいて目覚ましい活躍をみせたFla$hBackSの中心人物、febbは16歳から活躍するラッパー / トラックメイカーである。ファースト・ソロ・アルバム『The Season』が遂にそのベールを脱ぐ日がやってきた… 満を持して放…