album jacket
 How To Buy
TitleDurationPrice
Improvisation in E flat major No.1  alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 08:22
Improvisation in E flat major No.2  alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 09:58
Improvisation in A minor  alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 04:05
Improvisation in G major No.1  alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 06:01
Improvisation in G major No.2  alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 06:43
Improvisation in G major No.3  alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 06:50
Improvisation in G major No.4  alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 02:52
Improvisation in D flat major No.1  alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 08:26
Improvisation in B flat minor  alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 06:15
Improvisation in D flat major No.2  alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 03:24
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 62:56
Album Info

ピアノが最初に作られた時以来の正式名称である「Pianoforte」。弱い音(piano)も強い音(forte)も自在に表現できることからこの名がついた。自宅のピアノでレコーディングされた10曲からなる完全即興演奏の今作は、タイトルの通り、弱い音から強い音までを指先の赴くがままに任せ、自由自在に操り、心象風景および感情の起伏を繊細かつ大胆に表現し、解放させている。pianoからforteへ向かって疾走していく様は、まるで幻想の世界から次第に現実味を帯びて続いていく”永いひととき"のようである。Takuro Kikuchiの真骨頂である即興演奏の世界をぜひ堪能して頂きたい。

Discography

Jazz/World

作曲家/ピアニストTakuro Kikuchiが2012年に作曲した初期作品を、新緑が美しいこの季節に自宅のスタジオで再レコーディング。春の風が山々を渡り、街を通り抜け、緑の木々を揺らす情景が目に浮かびます。

Jazz/World

作曲家/ピアニストTakuro Kikuchiが2012年に作曲した初期作品を、新緑が美しいこの季節に自宅のスタジオで再レコーディング。春の風が山々を渡り、街を通り抜け、緑の木々を揺らす情景が目に浮かびます。

Jazz/World

ピアノが最初に作られた時以来の正式名称である「Pianoforte」。弱い音(piano)も強い音(forte)も自在に表現できることからこの名がついた。自宅のピアノでレコーディングされた10曲からなる完全即興演奏の今作は、タイトルの通り、弱い音から強い音までを指先の赴くがままに任せ、自由自在に操り、心象風景および感情の起伏を繊細かつ大胆に表現し、解放させている。pianoからforteへ向かって疾走していく様は、まるで幻想の世界から次第に現実味を帯びて続いていく”永いひととき"のようである。Takuro Kikuchiの真骨頂である即興演奏の世界をぜひ堪能して頂きたい。

Jazz/World

ピアノが最初に作られた時以来の正式名称である「Pianoforte」。弱い音(piano)も強い音(forte)も自在に表現できることからこの名がついた。自宅のピアノでレコーディングされた10曲からなる完全即興演奏の今作は、タイトルの通り、弱い音から強い音までを指先の赴くがままに任せ、自由自在に操り、心象風景および感情の起伏を繊細かつ大胆に表現し、解放させている。pianoからforteへ向かって疾走していく様は、まるで幻想の世界から次第に現実味を帯びて続いていく”永いひととき"のようである。Takuro Kikuchiの真骨頂である即興演奏の世界をぜひ堪能して頂きたい。

Jazz/World

今のいいところ、昔のいいところ、その両方を大切に。そんな風につくられたカステラのためのアルバムができました。Takuro Kikuchiが紡ぎ出すミニマルな現代の音楽と、メランコリックなクラシックを織り交ぜた、なつかしくてあたらしい極上のアンビエントミュージックアルバムです。