How To Buy
TitleDurationPrice
爆弾少女  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 02:27
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 02:27
Album Info

サイケデリックでノイジーなハイパーポップサウンドにのせて、リズミカルな「韻」と共に女言葉でキャッチーにうたわれる本作は、まさにコロナ時代の「恋歌」である。曲中で、依存体質のメンヘラ女子の愚痴は、はじめは閉鎖的な悲しみの方へ向かうかのようである。ところが、彼(女)のイライラは徐々にハイピッチの強気女子とのハーモニーへと変化し、最終的にはホップ・ステップで恋愛テロ行為にまで及ぶほどのエネルギーを獲得していく。「ハイパーポップ」というジャンルはLGBTQ+のコミュニティとの親和性の高さでも知られているが、『爆弾少女』はサウンドの面でも歌詞の面でもそれまでの紋切り型の女性のイメージ、「性別」の呪縛をぶち壊す。性別を超えて、パンデミック下でイライラしている全人類にTok10とウ山あまねが投下する「若者エネルギー」でつくられたクラスター爆弾。これまでのJ-POPの概念をくつがえす新世界J-POPともいうべき完成度の高い作品である。

Discography

Pop

"Strawlight"は、ヒップホップの枠組みを超えて多岐に渡る活動を展開するラッパー、Tok10による革新的なEPです。プロデュースは、adieuやNagie Laneの楽曲プロデュースやTOKA(小袋成彬とYaffleによって創設されたクリエイティブチーム)とも連携するhoneymoonが手掛けています。収録楽曲は「Strawlight」「Broken 0」「黄昏れる君と笑う私」「嘘月」の全4曲。ジャンルに囚われない多様な音楽要素が盛り込まれており、Tok10の多彩なアーティスト性とhoneymoonのプロデューススタイルが反映された作品となっています。

4 tracks
Pop

"Strawlight"は、ヒップホップの枠組みを超えて多岐に渡る活動を展開するラッパー、Tok10による革新的なEPです。プロデュースは、adieuやNagie Laneの楽曲プロデュースやTOKA(小袋成彬とYaffleによって創設されたクリエイティブチーム)とも連携するhoneymoonが手掛けています。収録楽曲は「Strawlight」「Broken 0」「黄昏れる君と笑う私」「嘘月」の全4曲。ジャンルに囚われない多様な音楽要素が盛り込まれており、Tok10の多彩なアーティスト性とhoneymoonのプロデューススタイルが反映された作品となっています。

4 tracks
Pop

1 track
Pop

1 track
Pop

Produced by Kota Matsukawa

1 track
Pop

サイケデリックでノイジーなハイパーポップサウンドにのせて、リズミカルな「韻」と共に女言葉でキャッチーにうたわれる本作は、まさにコロナ時代の「恋歌」である。曲中で、依存体質のメンヘラ女子の愚痴は、はじめは閉鎖的な悲しみの方へ向かうかのようである。ところが、彼(女)のイライラは徐々にハイピッチの強気女子とのハーモニーへと変化し、最終的にはホップ・ステップで恋愛テロ行為にまで及ぶほどのエネルギーを獲得していく。「ハイパーポップ」というジャンルはLGBTQ+のコミュニティとの親和性の高さでも知られているが、『爆弾少女』はサウンドの面でも歌詞の面でもそれまでの紋切り型の女性のイメージ、「性別」の呪縛をぶち壊す。性別を超えて、パンデミック下でイライラしている全人類にTok10とウ山あまねが投下する「若者エネルギー」でつくられたクラスター爆弾。これまでのJ-POPの概念をくつがえす新世界J-POPともいうべき完成度の高い作品である。

1 track
Pop

サイケデリックでノイジーなハイパーポップサウンドにのせて、リズミカルな「韻」と共に女言葉でキャッチーにうたわれる本作は、まさにコロナ時代の「恋歌」である。曲中で、依存体質のメンヘラ女子の愚痴は、はじめは閉鎖的な悲しみの方へ向かうかのようである。ところが、彼(女)のイライラは徐々にハイピッチの強気女子とのハーモニーへと変化し、最終的にはホップ・ステップで恋愛テロ行為にまで及ぶほどのエネルギーを獲得していく。「ハイパーポップ」というジャンルはLGBTQ+のコミュニティとの親和性の高さでも知られているが、『爆弾少女』はサウンドの面でも歌詞の面でもそれまでの紋切り型の女性のイメージ、「性別」の呪縛をぶち壊す。性別を超えて、パンデミック下でイライラしている全人類にTok10とウ山あまねが投下する「若者エネルギー」でつくられたクラスター爆弾。これまでのJ-POPの概念をくつがえす新世界J-POPともいうべき完成度の高い作品である。

1 track
Pop

作品概要: 危うい恋愛関係にある二人を太陽と月になぞらえるTok10の甘美なリリックにのせて、短編映画を思わせる謎めいた映像が繰り広げられる。刃物を腹部に突き立てられたTok10の衝撃的な映像から始まるこのMVは、果たしてホラーなのかコメディなのか?始まりなのか終わりなのか?リリックにあるように答えはまさしく「決めるのは僕らでいいだろう」ということなのかもしれない。 MVの監督を務めるのは、若手の才能ある監督として映画祭での評価も高い鈴木トウサ。Tok10と鈴木は共に慶應SFCの学生で、出会いはライゾマティクス真鍋大度 も講師を務めた特別講義。アートやプログラミング等の能力で選抜された学生たちの中で、二人は課題制作のためにたまたま同じグループになり、それをきっかけとして今回のコラボレーションが成立した。

1 track
Pop

作品概要: 危うい恋愛関係にある二人を太陽と月になぞらえるTok10の甘美なリリックにのせて、短編映画を思わせる謎めいた映像が繰り広げられる。刃物を腹部に突き立てられたTok10の衝撃的な映像から始まるこのMVは、果たしてホラーなのかコメディなのか?始まりなのか終わりなのか?リリックにあるように答えはまさしく「決めるのは僕らでいいだろう」ということなのかもしれない。 MVの監督を務めるのは、若手の才能ある監督として映画祭での評価も高い鈴木トウサ。Tok10と鈴木は共に慶應SFCの学生で、出会いはライゾマティクス真鍋大度 も講師を務めた特別講義。アートやプログラミング等の能力で選抜された学生たちの中で、二人は課題制作のためにたまたま同じグループになり、それをきっかけとして今回のコラボレーションが成立した。

1 track
Pop

1 track
Pop

Tok10の記念すべきFirst Album

7 tracks
Pop

Tok10の記念すべきFirst Album

7 tracks
Pop

3/14発売のTok10のFirst Album ”10 the number of dreamsから"Hot Girl"が先行リリース

1 track
Pop

3/14発売のTok10のFirst Album ”10 the number of dreamsから"Hot Girl"が先行リリース

1 track
Pop

I love you, my girl

1 track
View More Discography Collapse
Collapse