artist image

8ow

Discography

8ow
1 track
8ow
1 track
KAI
岩手県陸前高田市出身のアーティストKAIから 3rd Single "Trafic Light feat 8ow&Eee."がリリースされる。 客演から同Crew Eskimoから8owとEee.を呼んでいる。 出身地が違う3人だがそれぞれ自分の地元で生まれたバースを 書いており、スタイルは三者三様。 世田谷を中心に活動を広げるEskimo Crewから 新しいスタイルを提示する作品に是非耳を傾けてほしい。
1 track
KAI
岩手県陸前高田市出身のアーティストKAIから 3rd Single "Trafic Light feat 8ow&Eee."がリリースされる。 客演から同Crew Eskimoから8owとEee.を呼んでいる。 出身地が違う3人だがそれぞれ自分の地元で生まれたバースを 書いており、スタイルは三者三様。 世田谷を中心に活動を広げるEskimo Crewから 新しいスタイルを提示する作品に是非耳を傾けてほしい。
1 track
長野県を拠点に活動しているビートメイカー・ラッパー・DJ のshurrealの1stアルバム。 先輩や友達など自身の近しいアーティストをフィーチャーした3曲とソロ3曲に加え、2年間のビートメイカーとしてのキャリアを総括するインスト曲6曲のshurrealフルプロデュース12曲構成。
12 tracks
長野県上伊那郡出身のビートメイカー、ラッパーのshurrealが高校の先輩、8owをフィーチャーした初の配信シングル
1 track
長野県上伊那郡出身のビートメイカー、ラッパーのshurrealが高校の先輩、8owをフィーチャーした初の配信シングル
1 track
HipHop/R&B
今作『idEal2』は、豪華で内容が 濃いものに仕上がった。 今作中の『daremo』や「mau」など、切なくも前向きな 彼の人間らしさが独特なアプローチで表現されていて、 リラックスしつつも思わず体が揺れてしまう。 さらにそれを濃くするのが、 同クルー「Eskimo」でありプライベートでもEee.(スリー)のことをよく知る トラックメイカー・「u c」が全楽曲兼プロデュースを務めたことも この作品に深く関係している。 そして今作での注目するべきは、 多数のアーティストを招いていることだ。 今、若い世代から注目されている「ぜったくん」や ぜったくんの楽曲「温泉街」や SUKISHAのアルバム「Kiss The knowledge knives」にも参加した ラッパー・『kou-kei』 「EVISBEATS」のアルバムにも参加したラッパー・「Qugo」 同クルー「Eskimo」である、長野県出身のラッパー・「8ow」 沖縄のヒップホップクルー「KICKIN ENISHI'S」所属のラッパー・「Deey」 日本語、韓国語、英語が話せるバイリンガルな女性シンガー・「tomato」 多方面から総勢7名のアーティストが参加し 彼にしかなし得ないアルバムが完成した。 今作の中の「over skies feat. tomato」では、 疾走感のあるハウスでリズミカルなトラックの上に、「tomato」の透き通る英語の歌声とラッパー・「Eee.」の軽やかなラップがマッチした気持ちの良い楽曲に仕上がった。 皆の憂鬱を吹き飛ばし、高くまで上がっていける前向きな楽曲となり、今年2021年の文京学院大学のコンセプトムービーに採用された。 やはり今作も ラッパー・Eee.(スリー)自身のありのままなリリック と独自の表現が存分に注がれている。 それは、ヒップホップと一言では括れない 聴いた人が次に迫る展開や表現に驚く面白さそして 彼の子供のような感性が滲み出ている。 まさに彼の掲げる「好きなように、自由に」が 作り出した作品だ。
9 tracks
HipHop/R&B
今作『idEal2』は、豪華で内容が 濃いものに仕上がった。 今作中の『daremo』や「mau」など、切なくも前向きな 彼の人間らしさが独特なアプローチで表現されていて、 リラックスしつつも思わず体が揺れてしまう。 さらにそれを濃くするのが、 同クルー「Eskimo」でありプライベートでもEee.(スリー)のことをよく知る トラックメイカー・「u c」が全楽曲兼プロデュースを務めたことも この作品に深く関係している。 そして今作での注目するべきは、 多数のアーティストを招いていることだ。 今、若い世代から注目されている「ぜったくん」や ぜったくんの楽曲「温泉街」や SUKISHAのアルバム「Kiss The knowledge knives」にも参加した ラッパー・『kou-kei』 「EVISBEATS」のアルバムにも参加したラッパー・「Qugo」 同クルー「Eskimo」である、長野県出身のラッパー・「8ow」 沖縄のヒップホップクルー「KICKIN ENISHI'S」所属のラッパー・「Deey」 日本語、韓国語、英語が話せるバイリンガルな女性シンガー・「tomato」 多方面から総勢7名のアーティストが参加し 彼にしかなし得ないアルバムが完成した。 今作の中の「over skies feat. tomato」では、 疾走感のあるハウスでリズミカルなトラックの上に、「tomato」の透き通る英語の歌声とラッパー・「Eee.」の軽やかなラップがマッチした気持ちの良い楽曲に仕上がった。 皆の憂鬱を吹き飛ばし、高くまで上がっていける前向きな楽曲となり、今年2021年の文京学院大学のコンセプトムービーに採用された。 やはり今作も ラッパー・Eee.(スリー)自身のありのままなリリック と独自の表現が存分に注がれている。 それは、ヒップホップと一言では括れない 聴いた人が次に迫る展開や表現に驚く面白さそして 彼の子供のような感性が滲み出ている。 まさに彼の掲げる「好きなように、自由に」が 作り出した作品だ。
9 tracks

Related labels