ゆきみ

Discography

三浦詩音(ex.Azami)ソロプロジェクト「九芍」が 初のデジタルリリースEP「神避-KAMUSARI-」をリリース。 全5曲収録の本EPは、全体を通して”夜”をコンセプトとし、九芍のフィルターを通して詞と音に昇華されている。 M-1のリードトラック「神避」は真夜中の鳥居の向こう側を彷彿とさせる空気と狂気的な世界観から始まり、 M-2の「NEONS」では都会の夜の喧騒と現代社会へのフラストレーションを爆発させ、M-3では品川ヒロシ監督の映像作品「無顔」のエンディングテーマを務めた 「mugan」で禍々しい空間へと誘う。 M-4「哀しい予感 」では、あいくれのボーカルを務めるゆきみをゲストボーカルに迎え、切なくもどこか美しい夜を過ごす男女のストーリーを描き、M-5の「Schizoid」では、SANAGARA/NINJA PUBLICからHystericTをゲストボーカルに迎え攻撃的かつ愛情的なリリックを叩き込んで終わりを迎える。
5 tracks
三浦詩音(ex.Azami)ソロプロジェクト「九芍」が 初のデジタルリリースEP「神避-KAMUSARI-」をリリース。 全5曲収録の本EPは、全体を通して”夜”をコンセプトとし、九芍のフィルターを通して詞と音に昇華されている。 M-1のリードトラック「神避」は真夜中の鳥居の向こう側を彷彿とさせる空気と狂気的な世界観から始まり、 M-2の「NEONS」では都会の夜の喧騒と現代社会へのフラストレーションを爆発させ、M-3では品川ヒロシ監督の映像作品「無顔」のエンディングテーマを務めた 「mugan」で禍々しい空間へと誘う。 M-4「哀しい予感 」では、あいくれのボーカルを務めるゆきみをゲストボーカルに迎え、切なくもどこか美しい夜を過ごす男女のストーリーを描き、M-5の「Schizoid」では、SANAGARA/NINJA PUBLICからHystericTをゲストボーカルに迎え攻撃的かつ愛情的なリリックを叩き込んで終わりを迎える。
5 tracks

Related labels