Paul Bley Trio

Discography

Paul Bley (p) | Steve Swallow (b) | Paul Motian (ds) | Recorded March 1, 1993 NY邦題「禅パレスの思い出」。各々がECMに数多くのリーダーアルバム、参加作品を持つポール・ブレイ(p)、スティーヴ・スワロウ(b)、ポール・モチアン(ds)が初めて一堂に会したドリームトリオはこのアルバムのみで聴くことができる。三人のオリジナルによる全6曲はこの稀な組み合わせがもたらした効果を発揮して緊密なインプロヴィゼーションを呼んでいる。1993年トム・マークによるNY録音。
ジャズ界の奇才、ブレイが現代人に贈るナチュラルミュージックの捧げもの!この”エメラルド・ブルー”編はシンセサイザーを加えてニューエイジ・ミュージックとして演奏。
モダン・ジャズ・ピアノの鬼才、ポール・ブレイがピアノ・トリオでグレゴリア聖歌から深淵なるインスピレーションを得て、私たち現代人を優しく包み込む、新たなモダン・チャントをクリエイトした意欲作!
V.A.
我が国人気No.1DJ大塚広子がヴィーナス・ジャズに開眼!ジャズの宝庫ヴィーナス・ジャズから遂に初めてのDJミックスCDが華麗に登場!!

News

transheart レーベル Richie Beirach、Paul Bley、Isao Sasakiによる4作品の再発が決定

transheart レーベル Richie Beirach、Paul Bley、Isao Sasakiによる4作品の再発が決定

1970年代初期のトリオ・レコード時代から現在まで長期にわたり数多くの国内、海外のジャズの作品を制作、ECMレーベルやヨーロッパ・ジャズの日本への紹介者としても知られるプロデューサー稲岡邦弥の「硬派の美学」に基づくレーベルtransheart(トランスハ