Tracey Thorn

Pop

Artist Profile

http://www.myspace.com/traceythorn

Everything But The Girlのヴォーカルリスト、トレイシー・ソーンの声は現代のブリティッシュ・ポップ、フォークやエレクトロニカなどのジャンルをタイムレスにクロスオーバーする。

Eveything But The Girlとはベン・ワットとトレイシー・ソーンによるUKを代表するポップ・デュオ。1984年から1999年にかけて9枚のスタジオ・アルバムをリリースした。代表曲には7作目のアルバム「Amplified Heart」からの"Missing"や8作目「Walking Wounded」からの"Walking Wounded"など数々。またトレイシーはMassive Attackの2ndアルバム「Protection」でリード・ヴォーカルを務めツアーにもゲスト参加している。

2000 年以降トレイシーはベンとの間に授かった子供の子育てに専念する為音楽活動を休止。5年後、長い沈黙を破りドイツのエレクトロ・デュオ、 Tiefschwarzのアルバム「Eat Books」にゲスト参加、EBTGは長期活動休止であったためソロ活動を開始することとなった。

2007 年、ソロとしては1982年の「A Distant Shore」以来実に25年振りとなるセカンド・アルバム「Out Of Woods」をリリース。ハイテクな機材を避け昔ながらの4トラック・カセットレコーダーとオークションで購入した奇妙な機材でレコーディングした。この原始的な方法とは反対にエレクトロニック・ミュージック・シーンで最も先駆的で発想豊かなプロデューサー陣をセレクトし、ケミカル・ブラザーズやゴールドフラップなどの名リミックスを数多く残すイワン・ピアソンが主要コラボレーターとして起用されている。

http://www.roughtrade.jp/TraceyThorn.html

公式サイト: http://www.traceythorn.com/

Discography

People who bought this artist's album also bought

Popular albums of same genre