goat

Rock

Discography

Rock
関西アンダーグラウンドシーンの最重要人物「日野浩志郎」率いる「goat」の2ndアルバムがついに発売決定! 2013年リリースの1stアルバム『NEW GAMES』が「エレキング」誌の年間ベストアルバムに選出。アート・リンゼイ来日公演のフロントアクトをつとめ、大友良英が自身のラジオで「腰を抜かした! 」と大絶賛するなど、次回作の発表が待たれていたgoatの2ndがいよいよリリースとなる。 日野はソロ名義である「YPY」として、大友良英がアーティスティック・ディレクターを務める「アジアン・ミーティング・フェスティバル」や、D/P/Iら海外の先鋭アーティストの来日公演などに出演。セルフカセットレーベル「birdFriend」の運営、フェス「ベストフレンズ」の開催など、活動の幅を広げる中、遂にメインプロジェクトである「goat」の2ndアルバムが完成した。前作以上に、ギターやベースのミュート音、サックスの破裂音、ドラムのリムショットなどが多用され、ミニマルな反復と共に複雑なリズムが構築されていく様は圧巻。1stの衝撃を上回る2ndアルバムが再び先端音楽を更新する! ジャケットは五木田智央による書下ろし完全新作アートワーク。 録音・ミックス・マスタリングは西川文章。
Rock
関西アンダーグラウンド・シーンの若き最重要人物 YPYこと日野浩志郎(bonanzas、The floating guitar BOrchestra)率いる 「goat」の1stアルバムがUNKNOWNMIXよりリリース決定! 【「痙攣する反復と増殖するズレ このクールに発狂するグルーヴを聴け! ! ! 」―― 佐々木敦】 楽器の持つ音階を無視し、発音させる際に生じるノイズやミュート音や、 ドラムはバスドラム、ハイハット、スネアのみという限られた中で作られたサウンドをひたすら執拗に反復し、組み上げられていく、細密画のようなサウンドが特徴。 スティーヴ・ライヒのような洗練されたミニマルミュージック、 シャックルトンやSKULL DISCO勢の呪術的なトランス感、MOONDOGに通ずる都会的民族感覚。 これらに似て非なるプリミティブであり前衛的要素が同居した独自の音楽スタイルを確立ている。 録音・ミックス・マスタリングは、テニスコーツ「ときのうた」などのエンジニアを務め、かきつばた、BRAZILのギタリストとしても活動する、関西の才人「西川文章」氏。

Articles

スペシャル・リポート : 憑在の音楽──日野浩志郎によるコンサート・ピース、GEIST@YCAM

コラム

スペシャル・リポート : 憑在の音楽──日野浩志郎によるコンサート・ピース、GEIST@YCAM

暗闇に憑在する音楽、その体験──YCAMにて開催されたコンサート・ピース、GEIST、スペシャル・リポート謎多きプロジェクト、GEIST文・取材 : 河村祐介 撮影:谷康弘 写真提供:山口情報芸術センター[YCAM] 会場に入ると、最小限の客電が座席を照…