artist image

夏と彗星

Pop

Discography

Pop
説明文(国内向) : まだ誰も知らないモンスター。彗星のごとく現れた若き才能、"夏と彗星”。 2019年、中毒性抜群の楽曲"juice"と"City”を立て続けに公開すると、瞬く間に30万再生を超え、一躍、注目株に躍り出た。80~90年代カルチャーからのゴリゴリの影響を密室で独自解釈しパッチワークしたかのようなその音楽性は、昨今のシティポップリバイバルからは絶妙に逸脱した異端のポップソングライターの登場だ。 DTMで緻密に組み上げられたアレンジの中に、踊るかの如く揺らぐヴィンテージライクな生演奏の抜け出せない余韻の中で、危うさとエモが交錯するどこか物憂げなボーカルが、街、夜に蠢くモンスターたちの生き様を切り取って行く。 夏と彗星は、夏代孝明がソロ・プロジェクトとしてトータルプロデュース。 CDリリース前段のほぼ全てが新曲という異例の1stワンマンツアー"彗星の果てに僕らは"は全会場ソールドアウト。2020/5/13に1st EP MONSTERSを発売する。
Pop
説明文(国内向) : まだ誰も知らないモンスター。彗星のごとく現れた若き才能、"夏と彗星”。 2019年、中毒性抜群の楽曲"juice"と"City”を立て続けに公開すると、瞬く間に30万再生を超え、一躍、注目株に躍り出た。80~90年代カルチャーからのゴリゴリの影響を密室で独自解釈しパッチワークしたかのようなその音楽性は、昨今のシティポップリバイバルからは絶妙に逸脱した異端のポップソングライターの登場だ。 DTMで緻密に組み上げられたアレンジの中に、踊るかの如く揺らぐヴィンテージライクな生演奏の抜け出せない余韻の中で、危うさとエモが交錯するどこか物憂げなボーカルが、街、夜に蠢くモンスターたちの生き様を切り取って行く。 夏と彗星は、夏代孝明がソロ・プロジェクトとしてトータルプロデュース。 CDリリース前段のほぼ全てが新曲という異例の1stワンマンツアー"彗星の果てに僕らは"は全会場ソールドアウト。2020/5/13に1st EP MONSTERSを発売する。
Pop
まだ誰も知らないモンスター。彗星のごとく現れた若き才能、"夏と彗星”。 2019年、中毒性抜群の楽曲"juice"と"City”を立て続けに公開すると、瞬く間に30万再生を超え、一躍、注目株に躍り出た。80~90年代カルチャーからのゴリゴリの影響を密室で独自解釈しパッチワークしたかのようなその音楽性は、昨今のシティポップリバイバルからは絶妙に逸脱した異端のポップソングライターの登場だ。 DTMで緻密に組み上げられたアレンジの中に、踊るかの如く揺らぐヴィンテージライクな生演奏の抜け出せない余韻の中で、危うさとエモが交錯するどこか物憂げなボーカルが、街、夜に蠢くモンスターたちの生き様を切り取って行く。 夏と彗星は、夏代孝明がソロ・プロジェクトとしてトータルプロデュース。 CDリリース前段のほぼ全てが新曲という異例の1stワンマンツアー"彗星の果てに僕らは"は全会場ソールドアウト。 2020/5/13に発売する1st EP MONSTERSより先行配信。韓国のユニットDareharuの초희(Chohee)がコーラスに参加している。
Pop
まだ誰も知らないモンスター。彗星のごとく現れた若き才能、"夏と彗星”。 2019年、中毒性抜群の楽曲"juice"と"City”を立て続けに公開すると、瞬く間に30万再生を超え、一躍、注目株に躍り出た。80~90年代カルチャーからのゴリゴリの影響を密室で独自解釈しパッチワークしたかのようなその音楽性は、昨今のシティポップリバイバルからは絶妙に逸脱した異端のポップソングライターの登場だ。 DTMで緻密に組み上げられたアレンジの中に、踊るかの如く揺らぐヴィンテージライクな生演奏の抜け出せない余韻の中で、危うさとエモが交錯するどこか物憂げなボーカルが、街、夜に蠢くモンスターたちの生き様を切り取って行く。 夏と彗星は、夏代孝明がソロ・プロジェクトとしてトータルプロデュース。 CDリリース前段のほぼ全てが新曲という異例の1stワンマンツアー"彗星の果てに僕らは"は全会場ソールドアウト。 2020/5/13に発売する1st EP MONSTERSより先行配信。韓国のユニットDareharuの초희(Chohee)がコーラスに参加している。
Pop
まだ誰も知らないモンスター。彗星のごとく現れた若き才能、"夏と彗星”。 2019年、中毒性抜群の楽曲"juice"と"City”を立て続けに公開すると、瞬く間に30万再生を超え、一躍、注目株に躍り出た。80~90年代カルチャーからのゴリゴリの影響を密室で独自解釈しパッチワークしたかのようなその音楽性は、昨今のシティポップリバイバルからは絶妙に逸脱した異端のポップソングライターの登場だ。 DTMで緻密に組み上げられたアレンジの中に、踊るかの如く揺らぐヴィンテージライクな生演奏の抜け出せない余韻の中で、危うさとエモが交錯するどこか物憂げなボーカルが、街、夜に蠢くモンスターたちの生き様を切り取って行く。 夏と彗星は、夏代孝明がソロ・プロジェクトとしてトータルプロデュース。 CDリリース前段のほぼ全てが新曲という異例の1stワンマンツアー"彗星の果てに僕らは"は全会場ソールドアウト。
Pop
まだ誰も知らないモンスター。彗星のごとく現れた若き才能、"夏と彗星”。 2019年、中毒性抜群の楽曲"juice"と"City”を立て続けに公開すると、瞬く間に30万再生を超え、一躍、注目株に躍り出た。80~90年代カルチャーからのゴリゴリの影響を密室で独自解釈しパッチワークしたかのようなその音楽性は、昨今のシティポップリバイバルからは絶妙に逸脱した異端のポップソングライターの登場だ。 DTMで緻密に組み上げられたアレンジの中に、踊るかの如く揺らぐヴィンテージライクな生演奏の抜け出せない余韻の中で、危うさとエモが交錯するどこか物憂げなボーカルが、街、夜に蠢くモンスターたちの生き様を切り取って行く。 夏と彗星は、夏代孝明がソロ・プロジェクトとしてトータルプロデュース。 CDリリース前段のほぼ全てが新曲という異例の1stワンマンツアー"彗星の果てに僕らは"は全会場ソールドアウト。
Pop
2019年初夏に彗星のごとく現れた若き才能、"夏と彗星"。中毒性抜群の現代版シティポップとも言える"juice"を初投稿すると30万再生を超えるなど注目株に躍り出た。 80~90年代カルチャーとそのリバイバルブームからの影響を独自のセンスで解釈し、抜け感がありながらもどこか刹那的であるエモーショナルなボーカルと、TOKYOや都市、夜を背景にした揺らぎのあるサウンドは、ヴィンテージライクな生演奏と現代的なDTMを組み上げた手法によって綿密に構成された完成度の高さが伺える。 同時にどことなく滲み出る、肩ひじ張らない自然体な雰囲気が耳元に心地よい余韻を残してくれる。 夏と彗星はシンガー・ソングライターの夏代孝明がソロ・プロジェクトとしてトータルプロデュース。2020年1月に控える、渋谷WWWを含む1st Tourはソールドアウトしている。

Related labels

News

「短編アニメーションの〈いま〉を知る」アニメーション作家・山田遼志 特集上映開催

「短編アニメーションの〈いま〉を知る」アニメーション作家・山田遼志 特集上映開催

国内の短編アニメーションにさまざまな角度から光をあてるシリーズ「短編アニメーションの〈いま〉を知る」。 その第五弾として、アニメーション作家・山田遼志の特集上映が開催される。 山田は、WONK、キセル、King Gnu、夏と彗星といったアーティストのミュ