artist image

有安杏果

IdolPop

Discography

Idol
2019年7月・8月に開催された「有安杏果 Pop Step Zepp Tour 2019」のライブアルバム。 Vo:有安杏果 Band Member G:福原将宜、B:山口寛雄、Key:宮崎裕介、Dr:玉田豊夢
Idol
2019年7月・8月に開催された「有安杏果 Pop Step Zepp Tour 2019」のライブアルバム。 Vo:有安杏果 Band Member G:福原将宜、B:山口寛雄、Key:宮崎裕介、Dr:玉田豊夢
Idol
有安杏果が、ニューシングル「ナツオモイ」を8月12日に配信リリースすることを発表。7月22日にリリースしたシングル「Runaway」に続くシングルリリース。この楽曲は、有安杏果自身が設立したレーベル「APRICOT MUSIC RECORDS」からのリリースとなる。 「ナツオモイ」は、昨年夏に開催された「Pop Step Zepp Tour 2019」で初披露した際に、「夏の終わりの哀愁を想い作った曲」と話していたミディアムバラード。アレンジはバンドメンバーでもある山口寛雄。
Idol
有安杏果が、ニューシングル「ナツオモイ」を8月12日に配信リリースすることを発表。7月22日にリリースしたシングル「Runaway」に続くシングルリリース。この楽曲は、有安杏果自身が設立したレーベル「APRICOT MUSIC RECORDS」からのリリースとなる。 「ナツオモイ」は、昨年夏に開催された「Pop Step Zepp Tour 2019」で初披露した際に、「夏の終わりの哀愁を想い作った曲」と話していたミディアムバラード。アレンジはバンドメンバーでもある山口寛雄。
Idol
有安杏果、デジタルシングル「Runaway」をリリース!
Idol
有安杏果、デジタルシングル「Runaway」をリリース!
Idol
「ここから誰も歩いたことない道へ」「自分で見つけた道 人に笑われてもいいんだ」 舗装されてない道を自分の足で歩んでいくことを決めた強い意志と周りの人の幸せを願う気持ちを込めた2曲。約1年間芸能活動を休止し、2019年1月に個人事務所を設立して自身のペースで音楽と写真活動をしていくことを発表した、有安杏果。 活動を再開することを決めて最初に作詞作曲した“サクラトーン”、そして何十日もかけて“サクラトーン”を完成させた後にふとメロディが浮かんで出来上がったという“虹む涙”。2019年3月のライブ(『サクライブ 2019〜Another story〜』)でファンに向けて初披露されたこの2曲が、約1年のときを経て、ついにリリースされることが決定。まさに「ファン待望」のリリースだ。 「ここから誰も歩いたことない道へ」(“サクラトーン”)、「自分で見つけた道 人に笑われてもいいんだ」(“虹む涙”)と、自身の再スタートに向けた強い意志が込められている一方で、「弱い虫が大声で泣く」「ため息くらい そりゃ出るよなぁ」など、有安杏果が胸の内に抱えている繊細な気持ちや本心も表れている。 “虹む涙”は、「悲しんでいる人の涙を集めて虹に変えたい」という想いから生まれた言葉。自身の音楽を通して人に少しでも希望や生きる楽しみを与えたいという想いは、“虹む涙”という言葉にも、「いっせーのでみんなに良いこと起こりますように」(“サクラトーン”)という歌詞にもまっすぐと表れている。 「桜」「花」「空」「虹」など、忙しない日々を過ごしていると見落としがちな自然の美しさに目を向けているところも、今の有安杏果らしさと言えるだろう。
Idol
「ここから誰も歩いたことない道へ」「自分で見つけた道 人に笑われてもいいんだ」 舗装されてない道を自分の足で歩んでいくことを決めた強い意志と周りの人の幸せを願う気持ちを込めた2曲。約1年間芸能活動を休止し、2019年1月に個人事務所を設立して自身のペースで音楽と写真活動をしていくことを発表した、有安杏果。 活動を再開することを決めて最初に作詞作曲した“サクラトーン”、そして何十日もかけて“サクラトーン”を完成させた後にふとメロディが浮かんで出来上がったという“虹む涙”。2019年3月のライブ(『サクライブ 2019〜Another story〜』)でファンに向けて初披露されたこの2曲が、約1年のときを経て、ついにリリースされることが決定。まさに「ファン待望」のリリースだ。 「ここから誰も歩いたことない道へ」(“サクラトーン”)、「自分で見つけた道 人に笑われてもいいんだ」(“虹む涙”)と、自身の再スタートに向けた強い意志が込められている一方で、「弱い虫が大声で泣く」「ため息くらい そりゃ出るよなぁ」など、有安杏果が胸の内に抱えている繊細な気持ちや本心も表れている。 “虹む涙”は、「悲しんでいる人の涙を集めて虹に変えたい」という想いから生まれた言葉。自身の音楽を通して人に少しでも希望や生きる楽しみを与えたいという想いは、“虹む涙”という言葉にも、「いっせーのでみんなに良いこと起こりますように」(“サクラトーン”)という歌詞にもまっすぐと表れている。 「桜」「花」「空」「虹」など、忙しない日々を過ごしていると見落としがちな自然の美しさに目を向けているところも、今の有安杏果らしさと言えるだろう。
Idol
「ここから誰も歩いたことない道へ」「自分で見つけた道 人に笑われてもいいんだ」 舗装されてない道を自分の足で歩んでいくことを決めた強い意志と周りの人の幸せを願う気持ちを込めた2曲。約1年間芸能活動を休止し、2019年1月に個人事務所を設立して自身のペースで音楽と写真活動をしていくことを発表した、有安杏果。 活動を再開することを決めて最初に作詞作曲した“サクラトーン”、そして何十日もかけて“サクラトーン”を完成させた後にふとメロディが浮かんで出来上がったという“虹む涙”。2019年3月のライブ(『サクライブ 2019〜Another story〜』)でファンに向けて初披露されたこの2曲が、約1年のときを経て、ついにリリースされることが決定。まさに「ファン待望」のリリースだ。 「ここから誰も歩いたことない道へ」(“サクラトーン”)、「自分で見つけた道 人に笑われてもいいんだ」(“虹む涙”)と、自身の再スタートに向けた強い意志が込められている一方で、「弱い虫が大声で泣く」「ため息くらい そりゃ出るよなぁ」など、有安杏果が胸の内に抱えている繊細な気持ちや本心も表れている。 “虹む涙”は、「悲しんでいる人の涙を集めて虹に変えたい」という想いから生まれた言葉。自身の音楽を通して人に少しでも希望や生きる楽しみを与えたいという想いは、“虹む涙”という言葉にも、「いっせーのでみんなに良いこと起こりますように」(“サクラトーン”)という歌詞にもまっすぐと表れている。 「桜」「花」「空」「虹」など、忙しない日々を過ごしていると見落としがちな自然の美しさに目を向けているところも、今の有安杏果らしさと言えるだろう。
Idol
「ここから誰も歩いたことない道へ」「自分で見つけた道 人に笑われてもいいんだ」 舗装されてない道を自分の足で歩んでいくことを決めた強い意志と周りの人の幸せを願う気持ちを込めた2曲。約1年間芸能活動を休止し、2019年1月に個人事務所を設立して自身のペースで音楽と写真活動をしていくことを発表した、有安杏果。 活動を再開することを決めて最初に作詞作曲した“サクラトーン”、そして何十日もかけて“サクラトーン”を完成させた後にふとメロディが浮かんで出来上がったという“虹む涙”。2019年3月のライブ(『サクライブ 2019〜Another story〜』)でファンに向けて初披露されたこの2曲が、約1年のときを経て、ついにリリースされることが決定。まさに「ファン待望」のリリースだ。 「ここから誰も歩いたことない道へ」(“サクラトーン”)、「自分で見つけた道 人に笑われてもいいんだ」(“虹む涙”)と、自身の再スタートに向けた強い意志が込められている一方で、「弱い虫が大声で泣く」「ため息くらい そりゃ出るよなぁ」など、有安杏果が胸の内に抱えている繊細な気持ちや本心も表れている。 “虹む涙”は、「悲しんでいる人の涙を集めて虹に変えたい」という想いから生まれた言葉。自身の音楽を通して人に少しでも希望や生きる楽しみを与えたいという想いは、“虹む涙”という言葉にも、「いっせーのでみんなに良いこと起こりますように」(“サクラトーン”)という歌詞にもまっすぐと表れている。 「桜」「花」「空」「虹」など、忙しない日々を過ごしていると見落としがちな自然の美しさに目を向けているところも、今の有安杏果らしさと言えるだろう。
Idol
2019年3月24日、27日に開催された有安杏果 サクライブ 2019 ~Another story~の東京公演、大阪公演のライブアルバム Vo:有安杏果 Band Member G:福原将宜、B:山口寛雄、Key:宮崎裕介、Dr:波田野哲也
Idol
2019年3月24日、27日に開催された有安杏果 サクライブ 2019 ~Another story~の東京公演、大阪公演のライブアルバム Vo:有安杏果 Band Member G:福原将宜、B:山口寛雄、Key:宮崎裕介、Dr:波田野哲也
Idol
ももクロメンバーの中でも歌唱力とダンスのキレに定評のある有安杏果がファースト・フル・アルバムをリリース!新曲はもちろんのこと、2016年の横浜アリーナで販売し、大反響を呼んだ『ココロノセンリツ♪ feel a heartbeat』から「feel a heartbeat」「Drive Drive」「裸」「Another Story」「心の旋律」「小さな勇気」を収録。

News

有安杏果、2カ月連続リリースが決定

有安杏果、2カ月連続リリースが決定

有安杏果が、ニューシングル”ナツオモイ”を8月12日に配信リリースすることを発表した。 7月に発売のシングル”Runaway”に続く本作は、有安杏果自身が設立したレーベル「APRICOT MUSIC RECORDS」からのリリースとなる。 "ナツオモイ"

有安杏果、配信シングル “Runaway” MV公開

有安杏果、配信シングル “Runaway” MV公開

有安杏果が、7月22日に配信リリースしたニューシングル“Runaway”のミュージック・ビデオを公開した。 今春に決定していたツアーは中止・延期となり、2020年になってからまだ一度もライブをできてない有安杏果だが、この映像の中では彼女が熱くエレキギター

有安杏果、強いメッセージを込めて作ったロックナンバー “Runaway”配信開始

有安杏果、強いメッセージを込めて作ったロックナンバー “Runaway”配信開始

有安杏果が、ニューシングル「Runaway」を7月22日に配信リリースした。 この楽曲は、有安杏果自身が設立したレーベル「APRICOT MUSIC RECORDS」からのリリースとなる。 「Runaway」は、昨年夏に開催された「Pop Step Ze

有安杏果、ソロ活動後初の新曲2曲が配信開始

有安杏果、ソロ活動後初の新曲2曲が配信開始

有安杏果が活動再開後初リリースとなる「虹む涙」「サクラトーン」2曲の配信がスタートした。 「サクラトーン」のミュージックビデオも公開。制作の裏側が見えるレコーディング風景を捉えた映像作品となっている。 活動を再開することを決めて最初に作詞作曲した「サクラ