Jonny

プロフィール

2004年10月、佐藤美生(Vo)、野々垣貴彦(Dr)により結成。名古屋のライヴ・ハウスを中心に活動を始める。 2005年1月くらい、篠田尚希(G)加入。10月、自主制作ミニ・アルバム『JONNY』を発売。ライヴ会場のみならず、熊谷モルタルレコーズ、下北沢ハイラインレコーズなどで販売され、あっという間に1000枚完売。2006、多分ライヴばっかしてた。どっかのタイミングでベースにロビンが加入(その時点でベーシストは4代目) 。2007、5月~6月、お笑い芸人ザ・プラン9の劇 『フォーチュンと僕たち』のBGMにJONNYの楽曲が起用される(奇跡)。2008年1月、2年間ベーシストを務めたロビンが脱退。5月、大阪にて行われた「御堂筋アートグランプリ」にて優勝。8月、THIS TIME RECORDSの国内、海外、メジャー、インディーが入り乱れた、パワーポップ・バイブルとも言えるコンピレーション・アルバム『OK!POWER POP』の第2弾に参加。12月、ONE BY ONE RECORDSに所属。2005年発売の自主制作ミニ・アルバムを『cake album』として再発売。発売直前、一身上の都合により美生が坊主になる。2009年12月、ONE BY ONE RECORDSよりタワーレコード限定シングル『Get some lack to be punky』を発売。2010年1月、美生がギターをかなぐり捨てピン・ヴォーカルに転向。 不完全密室殺人/紙コップスよりギタリスト、各務鉄平を迎え、更に問題の多いライヴ・バンドと化す。3月、1年間のサポート期間を経て、舟橋孝裕(Ba)が正式加入。5月、初期メンバーであった野々垣が脱退。同月、野々垣脱退記念に初のワンマン・ライヴ開催。 大成功。滞りなく野々垣を送り出す。6月、ONE BY ONE RECORDSよりアルバム『POP STAR』を発売。2011年1月、美生がギターを再び手にする。サポート・メンバーであるはずの各務鉄平があまりに強烈なプレイヤーであるため、訳が分からなくなり、元の4人体制となり初心に帰る。

公式サイト: http://www.jonny-web.com/