artist image

ジャック達

PopRock

シネマ、タイツのメンバーだった一色進が、しばしの活動休止を経て、 重たくなってた腰を上げようかなと思い始めた2003年、元「面影ラッキーホール」に宙GGPキハラ、元「チューインガム・ウィークエンド」の夏秋文尚、「キリング・フロア」の福島ピート幹夫らと「ジャック達」結成。 ■http://homepage3.nifty.com/jackjackjack/ ■http://www.myspace.com/jacktati

Official site: http://jacktachi.exblog.jp/

Discography

Pop
東京インディーシーンの隠れた秘宝・一色進率いるバンド“ジャック達”2015年発売の『JOYTIME』以来110週間振りとなる新作『JACK TOO MUCH』堂々完成!東京インディーシーンの隠れた秘宝・一色進率いるバンド“ジャック達”前作『JOYTIME』は前人未到のロック・オペラを収録した大作志向だったが今作はバンド結成時に戻ったかのようなロックの初期衝動を感じさせるキッチュでキャッチーで小粒で粋なパワーポップナンバーが勢揃い!今作もサポートゲストに大田譲(カーネーション)を迎え、極々一部で話題のインディーアイドル(?)麥野むぎ(パンタンシノワ)との驚愕のデュエットナンバーも収録、ジャック達渾身の新たな名盤の誕生。これぞ日本が生んだ真のパブ・ロック!
13 tracks
Pop
ジャパニーズ・インディー・シーンに一色進あり! 安定感あるバンド・サウンドと不安定な歌唱で描かれる甘酸っぱいモダン・ポップの世界。その心許ない歌唱も、二度三度と聴くうち、むしろこの歌声だからこその魅力に気づかされる。英国B級ポップを極上の嗜好品とするポップ・フリークの皆々さまに推薦。
2 tracks
Pop
ジャパニーズ・インディー・シーンに一色進あり! 安定感あるバンド・サウンドと不安定な歌唱で描かれる甘酸っぱいモダン・ポップの世界。その心許ない歌唱も、二度三度と聴くうち、むしろこの歌声だからこその魅力に気づかされる。英国B級ポップを極上の嗜好品とするポップ・フリークの皆々さまに推薦。
2 tracks
Pop
ジャパニーズインディーシーンに一色進あり!安定感あるバンド・サウンドと不安定な歌唱で描かれる甘酸っぱいモダン・ポップの世界。その心許ない歌唱も、二度三度と聴くうち、むしろこの歌声だからこその魅力に気づかされる。英国B級ポップを極上の嗜好品とするポップ・フリークの皆々さまに推薦。
2 tracks
Pop
ジャパニーズ・インディー・シーンに一色進あり!安定感あるバンド・サウンドと不安定な歌唱で描かれる甘酸っぱいモダン・ポップの世界。その心許ない歌唱も、二度三度と聴くうち、むしろこの歌声だからこその魅力に気づかされる。英国B級ポップを極上の嗜好品とするポップ・フリークの皆々さまに推薦。
2 tracks
Pop
V.A.
ジャパニーズインディーシーンに一色進あり!安定感あるバンド・サウンドと不安定な歌唱で描かれる甘酸っぱいモダン・ポップの世界。その心許ない歌唱も、二度三度と聴くうち、むしろこの歌声だからこその魅力に気づかされる。英国B級ポップを極上の嗜好品とするポップ・フリークの皆々さまに推薦。
2 tracks
Pop
V.A.
4 tracks

Related labels

News

一色進率いる“ジャック達”1年振り新作『JACK TOO MUCH』12/7発売&レコ発ライヴ開催

一色進率いる“ジャック達”1年振り新作『JACK TOO MUCH』12/7発売&レコ発ライヴ開催

東京インディーシーンの秘宝・一色進率いるバンド“ジャック達”が1年振りとなる新作アルバム『JACK TOO MUCH』を12月7日(水)にリリースする。 また、発売当日の12月7日(水)には渋谷ラママにてレコ発ライヴが行われる。 前作『JOYTIME』は

Articles

ジャック達、約2年ぶり新作アルバムをリリース メンバー全員インタヴュー

インタヴュー

ジャック達、約2年ぶり新作アルバムをリリース メンバー全員インタヴュー

東京インディーシーンの隠れた秘宝・一色進率いるバンド、ジャック達が約2年ぶりにアルバムをリリース。サポート含めたメンバー全員がヴォーカル担当の曲あり、ゲスト・アーティストとのデュエットありと多彩な曲で構成された『JACK TOO MUCH』について、メンバ…

ジャック達 『CHERRY-JACK TATI's JACKFRUIT SINGLES#5』 インタビュー by 飯田仁一郎

インタヴュー

ジャック達 『CHERRY-JACK TATI's JACKFRUIT SINGLES#5』 インタビュー by 飯田仁一郎

昨年から頻繁にジャック達の名前をきくようになった。シネマ、タイツの一色進、元面影ラッキーホールの宙GGPキハラ、元チューインガム・ウィークエンドの夏秋文尚の3人が、フルーツが散りばめられたジャケットと共に、配信限定で2ヶ月に2曲のペースで新曲をリリースしだ…