artist image

宇佐蔵べに

Idol

Discography

Idol
ex.あヴぁんだんど(avandoned)、CHILDISH TONES feat.宇佐蔵べになどでも活躍の幅を広げ続けるマルチアイドル、宇佐蔵べにのキャリア初となるソロプロジェクト、全6曲入りの1stミニアルバムが完成。 サウンドプロデュースには音楽クリエイター・加納エミリ。楽曲は全て加納エミリと トラックメイカー・犬間シンによるコライト(共同制作)の手法によるもので、2人のアイデアやセンスが詰め込まれている。作詞はすべて宇佐蔵べにが担当。 全体的にアーバンな雰囲気を漂わせ、既存のアイドルポップスとは一線を画した楽曲の数々は、トラップ、ファンク、ドリームポップなどそれぞれが異なるジャンルになっており、色とりどりな作品になった。 トレンドを追いかけながらも、時代へのカウンターとして製作したミニアルバムになっている。
6 tracks
Idol
ex.あヴぁんだんど(avandoned)、CHILDISH TONES feat.宇佐蔵べになどでも活躍の幅を広げ続けるマルチアイドル、宇佐蔵べにのキャリア初となるソロプロジェクト、全6曲入りの1stミニアルバムが完成。 サウンドプロデュースには音楽クリエイター・加納エミリ。楽曲は全て加納エミリと トラックメイカー・犬間シンによるコライト(共同制作)の手法によるもので、2人のアイデアやセンスが詰め込まれている。作詞はすべて宇佐蔵べにが担当。 全体的にアーバンな雰囲気を漂わせ、既存のアイドルポップスとは一線を画した楽曲の数々は、トラップ、ファンク、ドリームポップなどそれぞれが異なるジャンルになっており、色とりどりな作品になった。 トレンドを追いかけながらも、時代へのカウンターとして製作したミニアルバムになっている。
6 tracks
Idol
ex.avandoned(あヴぁんだんど)、CHILDISH TONES feat.宇佐蔵べになど、様々な形態での活動を経たマルチアイドル、宇佐蔵べにのソロプロジェクト。自主レーベルを立ち上げ、楽曲制作陣と密にディスカッションしながら制作。自らアートワークも全て担当。 2ndシングルは1stに引き続きSSW・加納エミリが手がけ、カッティングギターが心地良いダンスチューン、"Brand New うさべにFunk"に仕上がった。作詞も前作に引き続き宇佐蔵べにが担当。 また、加納エミリ サウンドプロデュースの1stミニアルバムも11月にリリース予定。トレンドを追いかけながらも時代へのカウンターとして2人で製作した、色とりどりの楽曲たちに注目。
1 track
Idol
ex.avandoned(あヴぁんだんど)、CHILDISH TONES feat.宇佐蔵べになど、様々な形態での活動を経たマルチアイドル、宇佐蔵べにのソロプロジェクト。自主レーベルを立ち上げ、楽曲制作陣と密にディスカッションしながら制作。自らアートワークも全て担当。 2ndシングルは1stに引き続きSSW・加納エミリが手がけ、カッティングギターが心地良いダンスチューン、"Brand New うさべにFunk"に仕上がった。作詞も前作に引き続き宇佐蔵べにが担当。 また、加納エミリ サウンドプロデュースの1stミニアルバムも11月にリリース予定。トレンドを追いかけながらも時代へのカウンターとして2人で製作した、色とりどりの楽曲たちに注目。
1 track
Idol
avandoned(あヴぁんだんど)、CHILDISH TONES feat.宇佐蔵べに、APOKALIPPPS、FRUN FRIN FRIENDSなど、様々な形態での活動を経たマルチアイドル、"うさべに"こと宇佐蔵べにの ソロプロジェクトがついに始動。 自主レーベルを立ち上げ、楽曲制作陣と密にディスカッションしながら制作。自らアートワークも全て担当し、"いまの宇佐蔵べに"を自ら表現していく。 2曲入りの1stシングルは、シンガーソングライターの加納エミリが手がけ、両曲ともにR&B/SOUL/RAPとアンニュイなポップサウンドを融合させ、Mac Millerやiri等をリファレンスした「うさべに的ソウル」に仕上がった。 表題曲「passion」はR&Bに壮大なメロディが乗るミドルチューン。カップリング曲「keep on」は軽快なダンスチューンで、トラックメイカー・犬間シンと加納エミリの共同制作曲。2曲とも宇佐蔵べに作詞になっており、楽曲に合わせた心情を素直な歌声で表現している。 コレオグラファーとしても多数のアイドルに振付を提供している宇佐蔵べには、2曲とも自ら振付も考案。K-POPダンスに影響を受けつつ、自身なりのジャパニーズ・ソロアイドルとして落とし込んでいる。 アートワークは、配信ジャケットだけではなく、CD盤の全ての制作物も宇佐蔵べに自身がデザインを担当。特製ZINE付きの"premium type"と、"standard type"を制作。手触りまでこだわったフィジカルも注目すべき作品である。
2 tracks
Idol
avandoned(あヴぁんだんど)、CHILDISH TONES feat.宇佐蔵べに、APOKALIPPPS、FRUN FRIN FRIENDSなど、様々な形態での活動を経たマルチアイドル、"うさべに"こと宇佐蔵べにの ソロプロジェクトがついに始動。 自主レーベルを立ち上げ、楽曲制作陣と密にディスカッションしながら制作。自らアートワークも全て担当し、"いまの宇佐蔵べに"を自ら表現していく。 2曲入りの1stシングルは、シンガーソングライターの加納エミリが手がけ、両曲ともにR&B/SOUL/RAPとアンニュイなポップサウンドを融合させ、Mac Millerやiri等をリファレンスした「うさべに的ソウル」に仕上がった。 表題曲「passion」はR&Bに壮大なメロディが乗るミドルチューン。カップリング曲「keep on」は軽快なダンスチューンで、トラックメイカー・犬間シンと加納エミリの共同制作曲。2曲とも宇佐蔵べに作詞になっており、楽曲に合わせた心情を素直な歌声で表現している。 コレオグラファーとしても多数のアイドルに振付を提供している宇佐蔵べには、2曲とも自ら振付も考案。K-POPダンスに影響を受けつつ、自身なりのジャパニーズ・ソロアイドルとして落とし込んでいる。 アートワークは、配信ジャケットだけではなく、CD盤の全ての制作物も宇佐蔵べに自身がデザインを担当。特製ZINE付きの"premium type"と、"standard type"を制作。手触りまでこだわったフィジカルも注目すべき作品である。
2 tracks
Rock
ガレージ、パワー・ポップ、パンク、インディー、ギター・ポップ、すべてのティーンエイジ・ミュージックの玉手箱!大ヒットした7インチx4に新曲を4曲追加したアルバムが登場! 今作は60年代のグループのようにシングル曲を中心にコンパイル、もちろんアルバムのための新曲も追加。 全国の音楽ファンをうならせてきた選曲はアルバムになると一層際立っています。60’sから90’sまで、2020年の現在でも愛されているクラッシック・ポップと隠れた名曲を集めました。新曲の「THE BEAT GOES ON」はソニー & シェール、バディ・リッチの名曲にピチカート・ファイブの「TWIGGY TWIGGY」のフレーズをサンプリングした渋谷系90’sへのガレージパンクとしてのアンサー。
12 tracks
Rock
トイ楽器のみでロックンロールを演奏する”CHILDISH TONES”が以前から親交のあった”あヴぁんだんど”の”宇佐蔵べに”をVoに迎えてレコーディングした音源! ”CHILDISH TONES”のトイ楽器のみで演奏されたサウンドは、プリミティブでストレンジ!オモチャの楽器で演奏された、ロックンロールのオモチャ。 今回の作品は、エンジニアとして、カセットテープ・マエストロ、シンムラテツヤ氏を迎えてカセットMTRで録音。 ゲスト・ミュージシャンとして、THE BOHEMIANSの本間ドミノがトイ・ピアノで参加。 ゼア・シー・ゴーズの訳詞は、謎の訳詩家”屋久島黙聴(やくしま・もくちょう)”によるもの。 フィーチャリングされた”宇佐蔵べに”の歌声は、ピュアでチャーミングでありながら10代のSADフィーリングも感じさせる。 オリジネーターへの愛情とリスペクトを込めて、ポップミュージックの歴史からインスパイアされたアイデアがサンプリングされた表現は、影響を受けた音楽へのラブレターのようなものかもしれません。
2 tracks

News

8/20から開催〈ナノボロ2022〉ズカイ、Hue’s出演決定

8/20から開催〈ナノボロ2022〉ズカイ、Hue’s出演決定

明日、8月20日(土)から京都KBS HALLにて開催される〈ナノボロ2022〉。 水曜日のカンパネラ、DENIMS、新東京、WANG GUNG BANDなど魅力的なアーティスト出演でいよいよ開演となるが、新型コロナウイルスの影響により、出演者の変更がア

〈ナノボロ2022〉タイムテーブル発表 トリは大阪&京都の2バンド

〈ナノボロ2022〉タイムテーブル発表 トリは大阪&京都の2バンド

2022年8月20日(土)、21日(日) に京都で開催される“夏のボロフェスタ”こと〈ナノボロ2022〉。 そのタイムテーブルが発表された。 KBSホールに会場を移してから3度目となるナノボロ。今年は関西の音楽シーンで頼れる存在のDENIMS、過去2回の

〈ナノボロ2022〉最終出演アーティスト発表

〈ナノボロ2022〉最終出演アーティスト発表

2022年8月20日(土)、21日(日) に開催される“夏のボロフェスタ”こと〈ナノボロ2022〉。 その最終出演アーティストが発表された。 最終発表では、等身大の日常を音楽で表現する関西発のバンド・ヤユヨがナノボロに初出演。さらにHave a Nice

〈ナノボロ2022〉第3弾でAcidclank、くぴぽ、児玉真吏奈、幽体コミュニケーションズら9組決定

〈ナノボロ2022〉第3弾でAcidclank、くぴぽ、児玉真吏奈、幽体コミュニケーションズら9組決定

2022年8月20日(土)、21日(日) に開催される“夏のボロフェスタ”こと〈ナノボロ2022〉の第3弾出演アーティストが発表された。 今回の第3弾発表では、〈FUJI ROCK FESTIVAL〉への出演も決定したAcidclank、ナノボロ連続出演