(the)beds

ディスコグラフィー

  • 1曲目のMVにもなっている「サイクリン」は必聴。晴れの日に自転車を漕ぐには良いテンポ感。平坦な道をひたすら漕いでいるようなリズムやメロディーになるように心がけて作成。「washing life one」に比べてコーラスやアコースティックギターを多く取り入れてレコーディングしたポップ感の強い仕上がりになっている。全体的に明るく爽やかな曲調が多く、所謂「ギターソロ」が全曲にあるのが特徴か。
  • 1曲目の「砂は舞う」から最終曲「ab」まで、全6曲に散りばめられた「王道」とされる泥臭いロックの醍醐味、独特の中低音を響かせる声と、独特の歌いまわし、シンプルでどっしりとしたリズム隊、などを楽しんで欲しい。MVにもなっている「ヤギの手紙」はthis is 90’s rock。最終曲の「ab」はwashing life twoへの布石。全体的に暗めな曲調が多く、所謂「ギターソロ」が全曲にあるのが特徴か。