artist image

IKU

Discography

IKU
ピアノの繰り返される美しいリフと、4つの楽器で構築される音楽。それは美術のようであり、物語のようであり、音楽の作品である。タイトルは自然の周期を表している。piano 芝田育代 guitar 深見光明 bass 梶祥太郎 drums 鳥居亮太 mix mastering 上原翔
1 track
IKU
一つの物語が始まる。 扉を開けて、地面を蹴って走りだす...___ ピアノインストゥルメンタルで送る、 青春ファンタジーソング。 「清純無垢な少年少女よ、今風が吹く時。 それに乗って、大空へ羽ばたくのだ...」 今作はピアノ、ギター、ベース、ドラムを軸に、シンセやエレピなど多種な音色により世界観が広がっている。 前向きな疾走感と明るいサウンド。後半に起こる展開にも注目して聴いて欲しい。聴いてくれる方にも、どこか懐かしい青春のような(それはまるでファンタジー)無邪気で見返りのない強いパワーを感じ取ってもれえたら嬉しい。
1 track
IKU
一つの物語が始まる。 扉を開けて、地面を蹴って走りだす...___ ピアノインストゥルメンタルで送る、 青春ファンタジーソング。 「清純無垢な少年少女よ、今風が吹く時。 それに乗って、大空へ羽ばたくのだ...」 今作はピアノ、ギター、ベース、ドラムを軸に、シンセやエレピなど多種な音色により世界観が広がっている。 前向きな疾走感と明るいサウンド。後半に起こる展開にも注目して聴いて欲しい。聴いてくれる方にも、どこか懐かしい青春のような(それはまるでファンタジー)無邪気で見返りのない強いパワーを感じ取ってもれえたら嬉しい。
1 track
IKU
『時が刻まれてく。 過ぎ去った記憶が時空を彷徨い 一つ一つ音の玉となって弾けてゆく。 本当に手放したくないのは自分かもしれない。 まだ消えない、でも さよなら』 ピアノを主体に描くインストミュージッック。今作はハウス調のビートのなかで音楽はストーリーのように抑揚して流れてゆく。目をつぶり音に委ねると、過去、現代、未来へと歩む人の人生のような切なさと、未来への歩みが見えて来るようだ。
1 track
IKU
『時が刻まれてく。 過ぎ去った記憶が時空を彷徨い 一つ一つ音の玉となって弾けてゆく。 本当に手放したくないのは自分かもしれない。 まだ消えない、でも さよなら』 ピアノを主体に描くインストミュージッック。今作はハウス調のビートのなかで音楽はストーリーのように抑揚して流れてゆく。目をつぶり音に委ねると、過去、現代、未来へと歩む人の人生のような切なさと、未来への歩みが見えて来るようだ。
1 track
IKU
IKU 待望の2020年度 EP IKUとC.G mixの音楽の融合。
2 tracks
IKU
IKU 待望の2020年度 EP IKUとC.G mixの音楽の融合。
2 tracks
IKU
0から無限に広がる、 新しい壮大でドラマティックなストーリー。 最後まで聴いたその時、あなたの胸に 広がりゆく 切なくも美しい音の大波… ピアノで描く音楽、新しい舞台へ 5 拍子の斬新なピアノのイントロから始まる、3分40秒の物語。 「個人という一人の小さな存在と、広がる世界のコントラスト」この曲は、そんなテーマを語りかけている。 一見キャッチーでメロディアスなAメロから、音楽は部屋を開けてゆくように展開してゆき、一曲を通し拍子、アレンジは挑戦的である。今作では、ピアノが軸となり、ギター、ベース、ドラムが土台を作る。今作初となるストリングスレンジや、シンセサイザーの音も大胆に盛り込み、音で聴き手の耳に畳み掛ける。
1 track
IKU
0から無限に広がる、 新しい壮大でドラマティックなストーリー。 最後まで聴いたその時、あなたの胸に 広がりゆく 切なくも美しい音の大波… ピアノで描く音楽、新しい舞台へ 5 拍子の斬新なピアノのイントロから始まる、3分40秒の物語。 「個人という一人の小さな存在と、広がる世界のコントラスト」この曲は、そんなテーマを語りかけている。 一見キャッチーでメロディアスなAメロから、音楽は部屋を開けてゆくように展開してゆき、一曲を通し拍子、アレンジは挑戦的である。今作では、ピアノが軸となり、ギター、ベース、ドラムが土台を作る。今作初となるストリングスレンジや、シンセサイザーの音も大胆に盛り込み、音で聴き手の耳に畳み掛ける。
1 track
IKU
気怠くも熱く照らす、夏の終わり。 水面をゆらゆら、蜃気楼のごとく 暑さとともに心も焼け落ちてゆく。 いつかのあの夏の日 幻はまだそこに。 ピアノとギターのduo処女作。 Dear my sweet piano
1 track
IKU
気怠くも熱く照らす、夏の終わり。 水面をゆらゆら、蜃気楼のごとく 暑さとともに心も焼け落ちてゆく。 いつかのあの夏の日 幻はまだそこに。 ピアノとギターのduo処女作。 Dear my sweet piano
1 track
IKU
IKU初のピアノソロ集。ピアノの音が、安らぎと暮らしと共に。込められた想いを、情景を浮かべて聴いてください。
5 tracks
IKU
IKU初のピアノソロ集。ピアノの音が、安らぎと暮らしと共に。込められた想いを、情景を浮かべて聴いてください。
5 tracks
IKU
ピアノインスト曲。出会いや別れ、期待、温かく切なく美しく、混同した気持ちを抱え一瞬に駆け抜けてゆく「春」。ピアノとギターがメロディーの8分の7拍子のテーマを主題に、拍子が変動してゆく。それを感じさせない、爽やかに吹く風のように、ストーリーは展開してゆくその末に。あなたの中にどんなものが残るだろうか。
2 tracks
IKU
ピアノインスト曲。出会いや別れ、期待、温かく切なく美しく、混同した気持ちを抱え一瞬に駆け抜けてゆく「春」。ピアノとギターがメロディーの8分の7拍子のテーマを主題に、拍子が変動してゆく。それを感じさせない、爽やかに吹く風のように、ストーリーは展開してゆくその末に。あなたの中にどんなものが残るだろうか。
2 tracks
IKU
IKU 3rd ALBUM Terminal
13 tracks
I've 20周年を記念し新たに収録した。 SHIFT -世代の向こう- 20th anniversary ver。 お聞き逃しなく。
1 track
I've 20周年を記念し新たに収録した。 SHIFT -世代の向こう- 20th anniversary ver。 お聞き逃しなく。
1 track
View More Discography Collapse
Collapse