Tyme.

プロフィール

Tyme. (from MAS)エレクトロニカ/ダブ/ジャズのエッセンスをサウンドに注入したバンド"MAS(マス)"のリーダー「ヤマダタツヤ」のソロ名義。2010.11.10にMASの3rdアルバム「えんけい/En Kei」をリリース。Tujiko NorikoとのユニットTyme. x Tujiko、toto (suika)のアルバムプロデュース、美術作家ヤノベケンジ作品の音楽を手がる他、グランツーリスモ5、FIFAワールドカップ、HONDA、BMW、SONYなど様々な広告音楽制作も多数行う。http://ttymd.com/

Tyme. (from MAS / Tatsuya Yamada)Leader of MAS, a group that infuses Electronica, Dub and Jazz into the ban sound. Aside from MAS, Tyme. has been proactive in collaborations and production; getting involved with such talent as Tujiko Noriko, sgt., microshot, Sibitt (Origami), Nanorunamonai (Origami), sim and more, just to name a few. He has produced ad music for several major businesses, including Sony PS3 / Gran Turismo 5, Honda jet, Google, BMW, etc. and has a reputation for having a one-of-a-kind, radical yet ubiquitous, sound.The past several years, Tyme. has provided music for artist Kenji Yanobe's films, installations and portfolio, and has embarked on the sound design on his newest works"Ultra-Black Sun" and "Lucky Dragon".Tyme. has performed at numerous art installations, including ones at theFukushima Prefectual Museum of Art, Suito Osaka 2009, Toyota Municipal Museum of Art, Roppongi Art Night, Aomori Prefectural Museum of Art, 21st Century Museum of Contemporary Art, Kanazawa, Toride Art Project, ICC, among others.

http://ttymd.com/

公式サイト: http://soundcloud.com/tymemas

ディスコグラフィー

  • インスト・レゲエ/ダブ・バンドmicroshotは6月にアルバム『ECHO SATELLITES』をリリースし、それに合わせてアルバム収録曲『ambrosia』のダブワイズ・コンテストを実施。多数の応募の中から選ばれた6組のアーティストの作品と、元CULTIVATORのベーシストsahnty nob、自身のバンドMASやツジコノリコへのトラック提供でも有名なTyme.、自身のレーベル術の穴の運営や、トラック・メイカーとしても今やアンダーグラウンド・ヒップホップ・シーンの最重要アーティストであるfragment、d.v.d.やトクマルシューゴ・バンドでも存在感を放つイトケンの作品をコンパイルしたのが本作『ambrosia DUBWISE』である。各人の個性が際だつ楽曲群はDUBという手法が内包する多様性を鮮やかに描き出し、原曲の解体と再構築がどのように行われたかを探るサンプラーとしても聴き応え十分。DUBマニアのみならず音に対する好奇心旺盛なリスナーにも是非聞いて貰いたい仕上がりとなっている。
  • インスト・レゲエ/ダブ・バンドmicroshotは6月にアルバム『ECHO SATELLITES』をリリースし、それに合わせてアルバム収録曲『ambrosia』のダブワイズ・コンテストを実施。多数の応募の中から選ばれた6組のアーティストの作品と、元CULTIVATORのベーシストsahnty nob、自身のバンドMASやツジコノリコへのトラック提供でも有名なTyme.、自身のレーベル術の穴の運営や、トラック・メイカーとしても今やアンダーグラウンド・ヒップホップ・シーンの最重要アーティストであるfragment、d.v.d.やトクマルシューゴ・バンドでも存在感を放つイトケンの作品をコンパイルしたのが本作『ambrosia DUBWISE』である。各人の個性が際だつ楽曲群はDUBという手法が内包する多様性を鮮やかに描き出し、原曲の解体と再構築がどのように行われたかを探るサンプラーとしても聴き応え十分。DUBマニアのみならず音に対する好奇心旺盛なリスナーにも是非聞いて貰いたい仕上がりとなっている。