sgt.

Jazz/World

Artist Profile

1999年結成。2003年より現在のメンバー編成にて活動。映画音楽的な手法にロック、ジャズ、ノイズ、エモや即興といったサウンドが融合したマルチ・インストゥルメンタル・バンド。2005年11月に1st mini album『perception of causality』でデビュー(mastering engineer : mino takaaki/toe)。翌年11月にgood music! とのSplit CD『sggmt!!』を発売。これまでにオリジナル、ライブ盤、DVD、オムニバスも含め8作品を製作/参加。主にライブを活動の主軸に置くスタイルで、ジャーマン・プログレの“CAN”のボーカリストDamo Suzukiと共演(60分の即興ライブ・セッション)や、山本精一(ROVO)を中心に千住宗臣(ボアダムス,ウリチパン郡)やEXPEも参加するPARA、中村達也×勝井祐二とも共演。また、The World Heritage(勝井祐二, 鬼怒無月, ナスノミツル,吉田達也)、芳垣安洋(ROVO、ONJQ)率いるVincent Atmicusや、54-71、twin electric violins band(勝井祐二,定村史朗,芳垣安洋,益子樹)とのツーマン・ライブも開催。近年はOTONOTANI、アラバキ・ロック・フェスに出演や、rega、nhhmbase、Saxon Shore(us)等のツアー・サポートも勤める。 2008年9月には約3年振りとなるオリジナル作品を初のフル・アルバムとしてリリース。また作品の全てのアート・ワークを新進気鋭のクリエイター迫田悠が手掛け、楽曲とリンクしたコンセプチアルな内容となり話題に。作品自体も海外で高い評価を受ける。現在はサポートだったギターの田岡が正式メンバーとなり4人編成に戻り精力的に活動中。またメンバーの成井幹子は、大友良英率いるONJOのライブでストリングスへの参加や、木村カエラ、ILL(ex.SUPERCAR)のバック・バンド参加などの経歴がある。ソロとしても勝井祐二とのデュオや、坂本弘道や巻上公一などと共演。

Discography

People who bought this artist's album also bought

Popular albums of same genre

News

新鋭レーベルTokage records主催イベントに、sgt.、キツネの嫁入り、Aureoleら

新鋭レーベルTokage records主催イベントに、sgt.、キツネの嫁入り、Aureoleら

音楽レーベル・Tokage recordsが主催するイベント〈無数の影と光の像〉が、3月15日(土)、下北沢ERAにて開催される。 Tokage records所属のソロ・アーティスト・Geckoを中心にしたバンド編成Gecko&Tokage Para

〈GROOVISIONS vol.1〉Aureole、UHNELLYSら出演で開催

〈GROOVISIONS vol.1〉Aureole、UHNELLYSら出演で開催

下北沢GARDEN で2014年1月31日(金)に開催されるイベント〈GROOVISIONS vol.1〉に、Aureole、UHNELLYS、sgt.、NETWORKSが出演する。 “踊れるポスト・ロック・バンド”をピック・アップして初めて開催される

祝配信200回!! radioDTMの記念イベント初日がスタート!!——OTOTOY最速レポ

祝配信200回!! radioDTMの記念イベント初日がスタート!!——OTOTOY最速レポ

3月30日、これから新たな生活を始めようという人も多くいる年度末に、radioDTMの番組配信200回を記念したイベントが、新宿LOFTにて開催された。 radioDTMとは、インディーズのアーティストを中心とした、時代の最先端の音楽を世に送り出し続け

インディ・シーンを一望! aoki laskaやsgt.など40組出演のイベント開催

インディ・シーンを一望! aoki laskaやsgt.など40組出演のイベント開催

東京のインディ・シーンを中心に、良質な音楽ばかりをボーダレスに紹介してきた音楽Podcast番組、radioDTM。2013年の春に配信200回を迎える予定の同番組が、それを記念したビッグ・イベントの開催を発表した。 来年3月30日(土)、31日(日)

egoistic 4 leavesの東京レコ発は今夜nestで!——OTOTOY編集部・井上ぱおのぱおぱおニュース

egoistic 4 leavesの東京レコ発は今夜nestで!——OTOTOY編集部・井上ぱおのぱおぱおニュース

こんにちは。井上ぱおです。6月23日、お昼のニュースをお伝えいたします。 変拍子・ポリリズムを大胆に取り入れ、スタイリッシュなジャズを魅せる、名古屋の次世代ニュー・ジャズ・セクステット "egoistic 4 leaves"が、本日夜、東京でリリース・

Articles

sgt.インタビュー

インタヴュー

sgt.インタビュー

あの重厚な『capital of gravity』でさえも、今思えばここに至るまでの伏線だったということか。フル・アルバムとしては『Stylus Fantsticus』以来3年ぶりとなるsgt.の新作『BIRTHDAY』は、ひとつの物語が徹頭徹尾貫かれた壮…

PENGUINMARKET RECORDS5周年記念特集

インタヴュー

PENGUINMARKET RECORDS5周年記念特集

PENGUINMARKET RECORDS 5th Anniversary90年代後半のCDバブル期から下降を続けるレコード業界。反対に、ライヴ・ハウスには少しずつだが人が集まり、mixi(ミクシィ)やMySpace等の繋がるサービスが人気となり、アーティ…

結成10周年を迎えたsgt.の集大成となるHQD高音質ライヴ・アルバム発売 text by 西澤裕郎

ライヴレポート

結成10周年を迎えたsgt.の集大成となるHQD高音質ライヴ・アルバム発売 text by 西澤裕郎

sgt.の迫力のライヴ音源を高音質HQDファイルでお送りします映画音楽的な手法にクラシック、ノイズ、エモ、ジャズ、即興といったジャンルを融合させてきた。彼らの高音質ライブ音源が遂に発売。録音からミックス、マスタリングまでをオトトイで行い、24bit/48K…

sgt.『capital of gravity』 text by 西澤裕郎

レヴュー

sgt.『capital of gravity』 text by 西澤裕郎

 インストゥルメンタルで起伏のある曲が簡単に”ポスト・ロック”と区分されてしまうくらい、その手のサウンドは飽和状態だ。そうした条件など気にする様子もなく、少し離れた立場からインストゥルメンタルなサウンドを奏でるのが、2nd ミニ・アルバム『capital …

sgt.「銀河の車窓から-reprise-」 レビュー by 渡辺裕也

レヴュー

sgt.「銀河の車窓から-reprise-」 レビュー by 渡辺裕也

さあ、未知なる重力の都へ!ここしばらくはリリース・ラッシュが続くようで、今僕の手元にも大量の新作が届いてきています。充実作はなるべくこのrecommuniで紹介していきたいと思っているのだけれど、その中でも、もしあなたが「説明臭いのはいいから、瞬時に彼方ま…