エイミー・ワインハウス

Discography

2006年11月に本国イギリスで発売され瞬く間に大ヒットとなった、エイミーの2nd アルバムにして最後のオリジナル・アルバム。 彼女の代表曲となる、“リハブ” などが収録。1stアルバム同様、プロデューサーにはサラーム・レミ、またDJ/コンポーザー/アーティストであるマーク・ロンソンが参加して制作された。 アルバムは全英チャートで第1位(全米では最高第7位)を記録し、翌2007年に全英で最も売れたアルバムとなる。 2007年ブリット・アワードでは最優秀女性ソロ・アーティスト賞を受賞。また、2008年の第50回グラミー賞では最優秀新人賞ほか5部門を受賞し、一躍世界的な注目を浴びたエイミーは、名実ともに英国を代表するシンガーの一人となった。
2003年に発表されたエイミー・ワインハウスの記念すべきデビュー・アルバム。(日本盤は2007年に発売) ジャズやR&Bなどからの影響を感じさせるソウルフルなヴォーカルを聴かせ話題になった同作は、ヒップホップ・プロデューサー兼キーボードプレイヤー、サラーム・レミのプロデュースによるもの。
View More Discography Collapse