artist image

miscorner/c+llooqtortion

北海道旭川市で、それぞれ別のハードコア、エモーショナル・ロック・バンドで活動していた二人によって2005年9月に結成。シーケンス&スタンディング・ドラム+ドラムという構成の異端のユニット。2006年3月、フジテレビ「FACTORY」にeastern youthの強力な推薦で、eastern youth、ZAZEN BOYSらと出演し反響を呼ぶ。エレクトロニカ/ハードコア/ノイズ/アヴァンギャルド/カオティック/エクスペリメンタル/マスなどに破壊衝動をぶちまけ、様々な印象を与えながら独特のスタイルで孤高の存在感を放つ。2008年5月、secreta tradesより1st Album「there was no scenery」をリリース。続いて7月にVAPよりリリースされたeastern youth主催のV.A.「極東最前線2」にも参加。9月には山形で行われたdo itに出演。多数の大物バンドが出演する中、ベスト・アクトの声もあがる程のパフォーマンスを見せ、この評判をきっかけに全国からも注目が集まる様になる。デジタル・ノイズの轟音やグリッジ、複雑なリズムがカオティックに交差し、ポスト・ロックを遥か彼方へと吹き飛ばしてしまう圧倒的な音の渦・・・あらゆるジャンルを通過したサウンドは「次世代の・・・」と言うにはいささか突然変異過ぎるようで、放出される異形の音魂は聞く者を混乱に陥れ、シューゲイザーと同様の快楽的で中毒性の強いウォール・オブ・ノイズにに酔いしれてしまう。クールで研ぎ澄まされたトラックとは対極に、熱ほとばしる刺激的なライヴ・アクトの野蛮性と爆発力は正にハードコア。

Official site: http://www.miscorner.net/

Discography

インストゥルメンタル・エレクトロ・ハードコア・ユニット、ミスコーナー・ルークトーションの約一年半振りとなる新作は、彼らの音楽性に賛同した4人のヴォーカリストが1曲づつコラボレーションしたヴォーカル・バージョンと、別mixのオリジナル・インスト・バージョンを収録したミニ・アルバム! 参加アーティストのラインナップは、蛯名啓太(Discharming man)、SEIKI(Naht)、小谷美紗子、五味岳久(lostage) という、センスある音楽ファンのハートをわし掴みする超強力豪華メンツ!
旭川を拠点に活動する2人編成のインストゥルメンタル・エレクトロ・ハードコア・バンドの1stアルバム。カタルシスを感じさせる打ち込みのトラックに、ドラム+スタンディング・ドラムの2人が生のビートを乗せるスタイルで、あらゆる音の中からリズムを前面に押し出した異端のユニット。エレクトロニカ/ハードコア/ノイズ/アヴァンギャルド/カオティック/エクスペリメンタル/マスに破壊衝動をぶちまけ、様々な印象を与えながら独特のスタイルで孤高の存在感を放ち、2006年3月、フジテレビの「FACTORY」にeastern youthの強力な推薦で、eastern youth、ZAZEN BOYSらと出演し反響を呼ぶ。クールで研ぎ澄まされたサウンドとは対極に、熱ほとばしるライヴ・アクトは危険で刺激的。その野蛮性と爆発力で観る者をハッとさせ、“LIVE”という言葉に秘めた底力を充分に感じさせる。言葉を介さない彼等の音楽には国境も無く、全人類のDNAに共通して刻み込まれているビートを武器に多くの人達に何かを投げかけるだろう。eastern youth、NAHT、Melt-Banana、bloodthirsty butchers/吉村 秀樹、DischarmingMan等の各共演陣も絶賛の逸材!NAHTの新レーベルSECRETA TRADESからのリリース!

Related labels

People who bought this artist's album also bought

Articles

miscorner/c+llooqtortion『view for voices』 インタビュー

インタヴュー

miscorner/c+llooqtortion『view for voices』 インタビュー

北海道旭川出身、インスト・エレクトロ・ハードコア・バンド、。最新作『view for voices』はゲスト・ボーカルに蝦名啓太()、SEIKI(Naht)、小谷美紗子、五味岳久(lostage)が参加し、4人のそれぞれの個性がの個性と時に共鳴し、時にぶ…