椿屋四重奏

Artist Profile

椿屋四重奏

中田裕二 Vocal&Guitar安高拓郎 Guitar永田貴樹 Bass小寺良太 Drums

2000年中田裕二が18歳の時、仙台で結成。

2002年幾度のメンバーチェンジを経て中田、永田、小寺の三人編成に。

2003年1st Mini Album『椿屋四重奏』でデビュー。アルバム全体にみなぎる初期衝動と鋭角的なサウンド、そして艶やかに非日常を歌う世界観が巷で話題を集め、その名を一躍全国に轟かす。

2004年1st Full Album『深紅なる肖像』発売。他の追随を許さぬハードでドラマティックな激情サウンドをこの時点で確立させる。東京・大阪・仙台等、各地ワンマンを成功させた後は「ROCK IN JAPAN FES」はじめ全国のフェス/イベントに出演。

2005年1st Single『紫陽花/螺旋階段』発売。全国各地でパワープレイを獲得した他、「ミュージックステーション」「POP JAM」他、地上波出演で大反響を得る。発売後、東京・九段会館でワンマン。サポートギターに安高拓郎を新たに迎え入れる。

2nd Full Album『薔薇とダイヤモンド』発売。第一期・椿屋四重奏を総括した本作では、これまでの持ち味を存分に発揮すると共に、新機軸も打ち出し、そのスケールの大きさは改めて各方面から非常に高い評価を得た。アルバム発売後、日比谷野外大音楽堂ワンマンを皮切りに全国30公演のツアー「ROCK ON GENTLEMEN」を行う。

2006年安高拓郎、正式加入(3/31SHIBUYA-AX)結成以来、遂に四重奏が揃う。2nd Single『幻惑』発売。四人編成としての新たなスタートを切った椿屋四重奏を、世に知らしめるべく放たれた、超攻撃型ロックナンバー。

3rd Single『トワ』発売。昨年の全国ツアーでも披露され、音源化を待ちのぞむ声が多かった、椿屋四重奏史上・屈指のバラード曲が遂にリリース。これら2枚のシングルを携え、全国ツアー「sexual beat explosion」全国18公演開催。ツアーファイナルは東京・渋谷公会堂。

History DVD『愛と幻のエンドレスゲーム』発売。結成時から現在に至る、そしてこれからの椿屋四重奏を完全にコンプリートした2枚組作品。

そしてバンド史上初の大晦日カウントダウンライブが決定。12/31東京・中野サンプラザホール「ナカノ・サンライズ」。

http://www.ukproject.com/tsubakiya/profile.html

News

町田直隆、小寺良太(ex.椿屋四重奏)、海北大輔(LOST IN TIME)によるバンド、moke(s)が2曲で1つの作品となるMVを公開

町田直隆、小寺良太(ex.椿屋四重奏)、海北大輔(LOST IN TIME)によるバンド、moke(s)が2曲で1つの作品となるMVを公開

驚異の新人、moke(s)が2018年7月18日(水)にリリースする初の全国流通盤アルバム『BUILD THE LIGHT』。今作の収録曲「BOY MEETS NERD」と「END OF THE NIGHT」のMVが公開された。 moke(s)は2014

洋楽マニアも虜にしたwilberry、17年ぶりの全国流通アルバムをリリース

洋楽マニアも虜にしたwilberry、17年ぶりの全国流通アルバムをリリース

1990〜2000年代に一部の邦楽、そして洋楽マニアを虜にしたバンド、wilberry(ウィルベリー)。そんな彼らが、なんと17年ぶりに全国流通のアルバムをリリースする。 ヴォーカルは結成当初からのメンバーであるジョウミチヲ。そして、脇を固めるメンバーが