artist image

Kotaro Saito

Discography

2018年に全くの無名ながらSpotifyバイラルトップ50(日本)で1位になり、以来リリースする楽曲がSpotify公式プレイリストの常連となったKotaro Saito(齊藤 耕太郎)。日本だけでなくアメリカ、台湾、インド、インドネシアなど様々な地域で聴かれており、現代的な音楽シーンを個人で切り拓く彼の動向に、徐々に注目が集まりつつある。そんな彼の最新作「Offshore」は、真夏の海辺を彷彿とさせる爽快なダンスインストゥルメンタル。湘南エリアを拠点としながら、海を通じて感じた陽気な空気を女性目線の多彩な色使いで表現する画家、山田結実の作品をアートワークに起用。Kotaro Saitoが得意としているアコースティックな音色とアナログシンセの生き生きとしたサウンドの掛け合わせが、繊細で奥ゆかしい海を描いた絵画と折り重なり、タイトルの通り沖に向かって漕ぎ出したくなるような推進力を生んでいる。焼けるように暑い日が続く夏。Offshoreは湘南エリアのドライブや夕暮れのチルタイムなどは勿論のこと、Kotaro自身がこの作品を着想した、ビルに囲まれて灼熱となる東京での移動時にイヤフォンを通じて感じられる涼の喜びもまた心地よい。街並みや景色に着想し曲を生み出し続けるKotaro Saitoが提唱する「Life Style Music」を、生活の一部に取り入れてみてほしい。
2018年に全くの無名ながらSpotifyバイラルトップ50(日本)で1位になり、以来リリースする楽曲がSpotify公式プレイリストの常連となったKotaro Saito(齊藤 耕太郎)。日本だけでなくアメリカ、台湾、インド、インドネシアなど様々な地域で聴かれており、現代的な音楽シーンを個人で切り拓く彼の動向に、徐々に注目が集まりつつある。そんな彼の最新作「Offshore」は、真夏の海辺を彷彿とさせる爽快なダンスインストゥルメンタル。湘南エリアを拠点としながら、海を通じて感じた陽気な空気を女性目線の多彩な色使いで表現する画家、山田結実の作品をアートワークに起用。Kotaro Saitoが得意としているアコースティックな音色とアナログシンセの生き生きとしたサウンドの掛け合わせが、繊細で奥ゆかしい海を描いた絵画と折り重なり、タイトルの通り沖に向かって漕ぎ出したくなるような推進力を生んでいる。焼けるように暑い日が続く夏。Offshoreは湘南エリアのドライブや夕暮れのチルタイムなどは勿論のこと、Kotaro自身がこの作品を着想した、ビルに囲まれて灼熱となる東京での移動時にイヤフォンを通じて感じられる涼の喜びもまた心地よい。街並みや景色に着想し曲を生み出し続けるKotaro Saitoが提唱する「Life Style Music」を、生活の一部に取り入れてみてほしい。
2018年に全くの無名ながらSpotifyバイラルトップ50(日本)で1位になり、以来リリースする全ての楽曲がSpotify公式プレイリストの常連となったKotaro Saito(齊藤 耕太郎)。月間リスナーは2019年6月現在8万人を超え、日本だけでなくアメリカ、台湾、インドネシアなど海外での注目が集まる。そんな彼の最新作「Reason」は、1年ぶりとなる待望のボーカル入りの楽曲。八景島シーパラダイス「LIGHTIA」のメインテーマである「Love Song」を歌うMAYUMI、3月リリースの「Blue」に参加したヴァイリオリニスト・友田 絢、4月の「Memento」を共作したCM音楽業界の重鎮作曲家・内山 肇がギタリストとして参加した意欲作だ。「Love Song」でMAYUMIが示した美しく伸びやかなボーカルが、今作では更に艶を帯び、大人びた印象に進化。彼女が持つ圧倒的な音域を活かしながら、風のように優しくそよぐヴァイオリン、幻想さと崇高さを漂わせるギター、淡々と意志に溢れるピアノやシンセ、大地を揺らすモダンなグルーヴが融合。現代的であり、ノスタルジック。都会的であり、どこかファンタジー。様々な相反する要素が重なり合う3分4秒が完成した。また今作では作詞家として、「恋し君に」「Love Song」に引き続きシンガー・モデルとしても活躍するSAYUKIが参加。「歌うことの理由」「生きることの理由」を不変の真理として綴った言葉は、聴き手の心に染み込み、聴くたびに必要な答えを示してくれるだろう。神秘性溢れる楽曲の印象が、都会の街の空気や雑踏と交錯する瞬間を体験してほしい。
2018年に全くの無名ながらSpotifyバイラルトップ50(日本)で1位になり、以来リリースする全ての楽曲がSpotify公式プレイリストの常連となったKotaro Saito(齊藤 耕太郎)。月間リスナーは2019年6月現在8万人を超え、日本だけでなくアメリカ、台湾、インドネシアなど海外での注目が集まる。そんな彼の最新作「Reason」は、1年ぶりとなる待望のボーカル入りの楽曲。八景島シーパラダイス「LIGHTIA」のメインテーマである「Love Song」を歌うMAYUMI、3月リリースの「Blue」に参加したヴァイリオリニスト・友田 絢、4月の「Memento」を共作したCM音楽業界の重鎮作曲家・内山 肇がギタリストとして参加した意欲作だ。「Love Song」でMAYUMIが示した美しく伸びやかなボーカルが、今作では更に艶を帯び、大人びた印象に進化。彼女が持つ圧倒的な音域を活かしながら、風のように優しくそよぐヴァイオリン、幻想さと崇高さを漂わせるギター、淡々と意志に溢れるピアノやシンセ、大地を揺らすモダンなグルーヴが融合。現代的であり、ノスタルジック。都会的であり、どこかファンタジー。様々な相反する要素が重なり合う3分4秒が完成した。また今作では作詞家として、「恋し君に」「Love Song」に引き続きシンガー・モデルとしても活躍するSAYUKIが参加。「歌うことの理由」「生きることの理由」を不変の真理として綴った言葉は、聴き手の心に染み込み、聴くたびに必要な答えを示してくれるだろう。神秘性溢れる楽曲の印象が、都会の街の空気や雑踏と交錯する瞬間を体験してほしい。
昨年Spotify バイラルトップ 50(日本)にて1位を獲得し、2019年、毎月リリースする楽曲が全てSpotify公式プレイリストで紹介されるKotaro Saito(齊藤 耕太郎)。リスナーの約7割を海外が占め、月を追うごとに着実に世界市場へと乗り出している。そんな彼が6月にリリースする作品「4AM」は、Kotaro Saitoが最も得意とする「ピアノ」「アナログシンセ」の2つを融合した1曲。梅雨の湿った空、夜風の匂い漂う心地の良いリズムが、不安定に響くピアノの旋律、包み込むほど豊かに低域を支えるシンセベース、街頭にきらめく雨粒のような高音のシンセリフと絶妙に溶け合う。イラストレーターNoLによる儚く退廃的な美しさを纏った女性をアートワークに冠し、オーガニックで都会的、スピード感あふれるダンストラックがここに完成した。彼が提唱する「Life Style Music」とは、聴くことを目的とするのだけではなく何気ない日常のシーンをブーストするもの。新曲「4AM」は深夜のチルアウトタイムや集中時のお供、そして曇り空のドライブ、RUNミュージックとして聴き手の気持ちに寄り添い、背中を押してくれるだろう。
昨年Spotify バイラルトップ 50(日本)にて1位を獲得し、2019年、毎月リリースする楽曲が全てSpotify公式プレイリストで紹介されるKotaro Saito(齊藤 耕太郎)。リスナーの約7割を海外が占め、月を追うごとに着実に世界市場へと乗り出している。そんな彼が6月にリリースする作品「4AM」は、Kotaro Saitoが最も得意とする「ピアノ」「アナログシンセ」の2つを融合した1曲。梅雨の湿った空、夜風の匂い漂う心地の良いリズムが、不安定に響くピアノの旋律、包み込むほど豊かに低域を支えるシンセベース、街頭にきらめく雨粒のような高音のシンセリフと絶妙に溶け合う。イラストレーターNoLによる儚く退廃的な美しさを纏った女性をアートワークに冠し、オーガニックで都会的、スピード感あふれるダンストラックがここに完成した。彼が提唱する「Life Style Music」とは、聴くことを目的とするのだけではなく何気ない日常のシーンをブーストするもの。新曲「4AM」は深夜のチルアウトタイムや集中時のお供、そして曇り空のドライブ、RUNミュージックとして聴き手の気持ちに寄り添い、背中を押してくれるだろう。
昨年、新アルバムリリース直後に収録曲2曲がSpotify バイラルトップ 50(日本)にて、それぞれ1位・2位にランクイン。2019年、毎月リリースする楽曲が全てSpotifyプレイリストで紹介され、台湾のバイラルチャートランクインも果たすなど活動の領域をワールドワイドに拡げる音楽プロデューサー、Kotaro Saito(齊藤 耕太郎)。 5月にリリースする作品「Cactus」では、俳優としても活躍する作曲家の友人、内田朝陽をフィーチャー。Kotaro Saitoが作った陽気なトラックを基調に、2人が出かけた先で見つけたサボテンをモチーフにセッション。グルーヴ感満載のトラック、Kotaro Saitoが得意とするアナログシンセの音色、内田朝陽の味わい深いヴィンテージギターのリフレインを融合し、都会的でチルエレクトロな楽曲が完成した。   彼が提唱する「Life Style Music」とは、聴くことを目的とするのだけではなく何気ない日常のシーンをブーストするもの。新曲「Cactus」は休日の朝の目覚め、初夏の海辺、夕暮れのカフェでのひと時など、肩の力を抜いてゆったりと過ごすひと時に軽快なビートで寄り添ってくれるだろう。
昨年、新アルバムリリース直後に収録曲2曲がSpotify バイラルトップ 50(日本)にて、それぞれ1位・2位にランクイン。2019年、毎月リリースする楽曲が全てSpotifyプレイリストで紹介され、台湾のバイラルチャートランクインも果たすなど活動の領域をワールドワイドに拡げる音楽プロデューサー、Kotaro Saito(齊藤 耕太郎)。 5月にリリースする作品「Cactus」では、俳優としても活躍する作曲家の友人、内田朝陽をフィーチャー。Kotaro Saitoが作った陽気なトラックを基調に、2人が出かけた先で見つけたサボテンをモチーフにセッション。グルーヴ感満載のトラック、Kotaro Saitoが得意とするアナログシンセの音色、内田朝陽の味わい深いヴィンテージギターのリフレインを融合し、都会的でチルエレクトロな楽曲が完成した。   彼が提唱する「Life Style Music」とは、聴くことを目的とするのだけではなく何気ない日常のシーンをブーストするもの。新曲「Cactus」は休日の朝の目覚め、初夏の海辺、夕暮れのカフェでのひと時など、肩の力を抜いてゆったりと過ごすひと時に軽快なビートで寄り添ってくれるだろう。
昨年、新アルバムリリース直後に収録曲2曲がSpotify バイラルトップ 50(日本)にて、それぞれ1位・2位にランクイン。さらに今年2月、3月にリリースされた新作3曲を含む計7曲がSpotify公式プレイリストにてピックアップされるなど、何かと話題をさらうKotaro Saito(齊藤 耕太郎)が2019年4月11日(木)に新曲「Memento」をリリースする。本作は、現在日本のCM音楽業界の重鎮と言われ2CELLOSとの共演でも知られる作曲家・内山肇、さらにCM音楽業界のサウンドを約30年にわたり牽引し、これまでのKotaro Saitoのサウンドの柱であるミキシングエンジニア鎌田岳彦との連名リリース。百戦錬磨の内山が最もこだわりを持つ妖艶でサイケデリックなギターの音色と、Kotaro Saitoの目まぐるしく動き回るアナログシンセが、鎌田の緻密かつ魔術的なミキシングで融合。サイケデリックロック、ダブステップ、エレクトロどれとも名付けられない、世界照準のドラマティックな楽曲が、世代を越えたコラボレーションにて完成した。「Memento」はSpotifyで話題をさらった「Brainstorm」の文脈を継承し、更に攻撃力を増した1曲。お酒を片手に楽しむ深夜のチルアウト、勉強や思考時の強力なスパイス、知力を尽くすゲームミュージックなど、没頭性の強いシーンでぜひ聴いていただきたい。月間1曲ペースで新曲をリリースしている彼の今後にも期待がかかる。
昨年、新アルバムリリース直後に収録曲2曲がSpotify バイラルトップ 50(日本)にて、それぞれ1位・2位にランクイン。さらに今年2月、3月にリリースされた新作3曲を含む計7曲がSpotify公式プレイリストにてピックアップされるなど、何かと話題をさらうKotaro Saito(齊藤 耕太郎)が2019年4月11日(木)に新曲「Memento」をリリースする。本作は、現在日本のCM音楽業界の重鎮と言われ2CELLOSとの共演でも知られる作曲家・内山肇、さらにCM音楽業界のサウンドを約30年にわたり牽引し、これまでのKotaro Saitoのサウンドの柱であるミキシングエンジニア鎌田岳彦との連名リリース。百戦錬磨の内山が最もこだわりを持つ妖艶でサイケデリックなギターの音色と、Kotaro Saitoの目まぐるしく動き回るアナログシンセが、鎌田の緻密かつ魔術的なミキシングで融合。サイケデリックロック、ダブステップ、エレクトロどれとも名付けられない、世界照準のドラマティックな楽曲が、世代を越えたコラボレーションにて完成した。「Memento」はSpotifyで話題をさらった「Brainstorm」の文脈を継承し、更に攻撃力を増した1曲。お酒を片手に楽しむ深夜のチルアウト、勉強や思考時の強力なスパイス、知力を尽くすゲームミュージックなど、没頭性の強いシーンでぜひ聴いていただきたい。月間1曲ペースで新曲をリリースしている彼の今後にも期待がかかる。
昨年、新アルバムリリース直後に収録曲2曲がSpotify バイラルトップ 50(日本)にて、それぞれ1位・2位にランクイン。さらに今年2月にリリースされた新作2曲を含む 5曲がSpotify公式プレイリストにてピックアップされるなど、無名ながら何かと話題をさらうKotaro Saito(齊藤 耕太郎)が2019年3月6日(水)に新曲「Blue」をリリースする。 今作ではヴァイオリニスト友田 絢をフィーチャーし、キレのある感情的なヴァイオリンの音色を基調にKotaro Saitoらしい生楽器と電子音が融合させた生命力あふれる楽曲に仕上がっている。指板を駆る指、弦を往復する弓から漏れる激しい吐息、そしてピアノの旋律とシンセサイザーの妙がまるで歪み黎明期のロックにも似たグルーヴを生み、聴き手のペースを一気に飲み込む。そんな緻密に計算されたKotaro Saitoのシナリオは一度あじわえば「また体験したい」そんな衝動を感じられるはずだ。 彼が提唱する「Life Style Music」とは、聴くことを目的とするのではなく何気ない日常のシーンをブーストするもの。新曲「Blue」は朝の目覚め、出勤時の電車の中、旅立ちの日など、何かの「スタート」にスパイスを加える演出をしたい際にぜひ聴いていただきたい。
昨年、新アルバムリリース直後に収録曲2曲がSpotify バイラルトップ 50(日本)にて、それぞれ1位・2位にランクイン。さらに今年2月にリリースされた新作2曲を含む 5曲がSpotify公式プレイリストにてピックアップされるなど、無名ながら何かと話題をさらうKotaro Saito(齊藤 耕太郎)が2019年3月6日(水)に新曲「Blue」をリリースする。 今作ではヴァイオリニスト友田 絢をフィーチャーし、キレのある感情的なヴァイオリンの音色を基調にKotaro Saitoらしい生楽器と電子音が融合させた生命力あふれる楽曲に仕上がっている。指板を駆る指、弦を往復する弓から漏れる激しい吐息、そしてピアノの旋律とシンセサイザーの妙がまるで歪み黎明期のロックにも似たグルーヴを生み、聴き手のペースを一気に飲み込む。そんな緻密に計算されたKotaro Saitoのシナリオは一度あじわえば「また体験したい」そんな衝動を感じられるはずだ。 彼が提唱する「Life Style Music」とは、聴くことを目的とするのではなく何気ない日常のシーンをブーストするもの。新曲「Blue」は朝の目覚め、出勤時の電車の中、旅立ちの日など、何かの「スタート」にスパイスを加える演出をしたい際にぜひ聴いていただきたい。
作曲家でプロデューサーのKotaro Saitoが、自身2枚目となるオリジナルアルバム「BRAINSTORM」をリリース。日本やアジア諸国のコマーシャル音楽を手がけてきたKotaro Saitoが、シンセサイザー、弦楽器、管楽器など沢山のアコースティック楽器を織り交ぜた実験的なサウンドを作り上げる。才能ある13人のミュージシャン、クリエイターが参加した10曲を堪能してほしい。
作曲家でプロデューサーのKotaro Saitoが、自身2枚目となるオリジナルアルバム「BRAINSTORM」をリリース。日本やアジア諸国のコマーシャル音楽を手がけてきたKotaro Saitoが、シンセサイザー、弦楽器、管楽器など沢山のアコースティック楽器を織り交ぜた実験的なサウンドを作り上げる。才能ある13人のミュージシャン、クリエイターが参加した10曲を堪能してほしい。
作曲家でプロデューサーのKotaro Saitoが自身2枚目となるオリジナルアルバム「BRAINSTORM」をリリース。リードシングル2枚目の楽曲は、フランス語のポエムと妖艶なサウンドを掛け合わせ、女性の揺れ動く心、強さをメッセージした「Je Suis」。詩人・ポールダンサーとして国内外で活躍するYoko Uiを作詞家に、演奏者・作曲家として日本のチャートを賑わせる谷村庸平をサックスに迎えたセクシーな楽曲が誕生。
作曲家でプロデューサーのKotaro Saitoが自身2枚目となるオリジナルアルバム「BRAINSTORM」をリリース。リードシングル2枚目の楽曲は、フランス語のポエムと妖艶なサウンドを掛け合わせ、女性の揺れ動く心、強さをメッセージした「Je Suis」。詩人・ポールダンサーとして国内外で活躍するYoko Uiを作詞家に、演奏者・作曲家として日本のチャートを賑わせる谷村庸平をサックスに迎えたセクシーな楽曲が誕生。
作曲家・音楽プロデューサーKotaro Saitoの2ndアルバム「BRAINSTORM」から、リードシングル「Love Song」が先行リリース!ボーカリストにMAYUMI、ヴァイオリンに相知明日香、作詞にSAYUKI、そしてコライトに石坂翔太をフィーチャリングした美しいダンストラックが完成。
作曲家・音楽プロデューサーKotaro Saitoの2ndアルバム「BRAINSTORM」から、リードシングル「Love Song」が先行リリース!ボーカリストにMAYUMI、ヴァイオリンに相知明日香、作詞にSAYUKI、そしてコライトに石坂翔太をフィーチャリングした美しいダンストラックが完成。

Related labels

News

Kotaro Saito、新曲「Blue」を3月6日(水)配信開始

Kotaro Saito、新曲「Blue」を3月6日(水)配信開始

昨年、 新アルバム・リリース直後に収録曲2曲がSpotify バイラルトップ 50(日本)にて、 それぞれ1位・2位にランクイン。さらに今年2月にリリースされた新作2曲を含む5曲が、Spotify公式プレイリストにてピックアップされるなど注目を集める音楽