artist image

BUNNY

HipHop/R&B

Discography

HipHop/R&B

BUNNYの新曲「Freefall」は、ダーク・ポップとニュー・メタルを融合させ、複雑で多層的なサウンドスケープと憂いを帯びたクリーンボーカルが特徴だ。2000年代のニューメタルを彷彿とさせるエモーショナルな深みと、このジャンル特有の強烈なエネルギーを巧みに融合させている。

1 track
HipHop/R&B

BUNNYの新曲「Freefall」は、ダーク・ポップとニュー・メタルを融合させ、複雑で多層的なサウンドスケープと憂いを帯びたクリーンボーカルが特徴だ。2000年代のニューメタルを彷彿とさせるエモーショナルな深みと、このジャンル特有の強烈なエネルギーを巧みに融合させている。

1 track
HipHop/R&B

BUNNYの最新曲 “I Wish…”は、ダーク・ポップとニュー・メタルを融合させ、憂いを帯びたクリーンボーカルとヘヴィー且つドリーミーなリフがキャッチーな美しさをもたらしている。この曲は、2000年代のニューメタルを彷彿とさせるエモーショナルな深みと、このジャンル特有の強烈なエネルギーを巧みに融合させている。

1 track
HipHop/R&B

BUNNYの最新曲 “I Wish…”は、ダーク・ポップとニュー・メタルを融合させ、憂いを帯びたクリーンボーカルとヘヴィー且つドリーミーなリフがキャッチーな美しさをもたらしている。この曲は、2000年代のニューメタルを彷彿とさせるエモーショナルな深みと、このジャンル特有の強烈なエネルギーを巧みに融合させている。

1 track
HipHop/R&B

BUNNYの最新曲 “Poison”は、ダーク・ポップとニュー・メタルを融合させ、美しいメロディーとパワフルでヘヴィーなリフを聴かせる。この曲は、エモーショナルな深みと、このジャンル特有の強烈なエネルギーを巧みに融合させている。

1 track
HipHop/R&B

BUNNYの最新曲 “Poison”は、ダーク・ポップとニュー・メタルを融合させ、美しいメロディーとパワフルでヘヴィーなリフを聴かせる。この曲は、エモーショナルな深みと、このジャンル特有の強烈なエネルギーを巧みに融合させている。

1 track
HipHop/R&B

BUNNYの最新曲 "Run "は、ダーク・ポップとニュー・メタルの影響を融合させ、説得力のあるメロディーとパワフルでヘヴィーなコーラスを聴かせる。この曲は、エモーショナルな深みと、このジャンル特有の強烈なエネルギーを巧みに融合させている。

1 track
HipHop/R&B

BUNNYの最新曲 "Run "は、ダーク・ポップとニュー・メタルの影響を融合させ、説得力のあるメロディーとパワフルでヘヴィーなコーラスを聴かせる。この曲は、エモーショナルな深みと、このジャンル特有の強烈なエネルギーを巧みに融合させている。

1 track
HipHop/R&B

日本と世界を繋ぐ若手プロデューサーBUNNY、New EP「from cocoon to butterfly EP」をリリース! “孤独、寂しさ、閉鎖した心の共有”と”自身の新しいサウンドへの進化” この二つを蛹から蝶への進化になぞって表現した本作 コラボシンガーにはSleeping With SirensのKellin QuinnをはじめJohnnie Guilbert、星熊南巫など、今世界のロックシーンで話題のアーティストが参加。 初のBUNNY本人が全編作詞のLonely Together、Curse of Your Love、sortir de sa chrysalideに見られるように、孤独と向き合う歌詞や寂しさを抱えた人に手を差し伸べるような歌詞、その果ての狂気のような愛をテーマにした曲を収録。 EP全体を通して誰しもが抱える閉鎖的な感情を解き放つエモーショナル且つ激しいサウンドが輝きを放つ作品となっている。 カバーアートにはEd Sheeran / Bring Me The Horizon - Bad Habitsのアートワークや、Bring Me The HorizonのボーカルOli Sykesが立ち上げた世界中のエモカルチャーのアイコンとも言えるクロッシングブランド"drop dead”の3Dビジュアルを担当するイギリスのCGデザイナーALYXを起用。 EPについてBUNNYから以下のコメントが到着している。 “僕にとってこのEPはひとつの分岐点で、大きな意味を持ちます。パンデミック以降の混沌とした世界を見ていてどうしても作りたかった作品でした。自分自身人生でいじめや差別を味わってきた経験もあって、今この世の中だからこそ、抑圧されている人へ手を差し伸べる音楽をどうしても作りたかった。孤独や閉塞感、愛や温度を求める感情。そんな気持ちになる瞬間が僕の人生でたくさんあったし、誰しもあると思う。同時に現代社会全体に通ずるテーマでもある。そんなメッセージをハードでキャッチーな音楽に込めました。EP全体を通して、拠り所や愛を求めてる人と少しでも気持ちを共有できたらと思います。” 激動の数年間で思考もサウンドも蛹から蝶へとアップデートされたBUNNY、第二章へ向けて始動した彼の今後の動向から目が離せない。

6 tracks
HipHop/R&B

日本と世界を繋ぐ若手プロデューサーBUNNY、New EP「from cocoon to butterfly EP」をリリース! “孤独、寂しさ、閉鎖した心の共有”と”自身の新しいサウンドへの進化” この二つを蛹から蝶への進化になぞって表現した本作 コラボシンガーにはSleeping With SirensのKellin QuinnをはじめJohnnie Guilbert、星熊南巫など、今世界のロックシーンで話題のアーティストが参加。 初のBUNNY本人が全編作詞のLonely Together、Curse of Your Love、sortir de sa chrysalideに見られるように、孤独と向き合う歌詞や寂しさを抱えた人に手を差し伸べるような歌詞、その果ての狂気のような愛をテーマにした曲を収録。 EP全体を通して誰しもが抱える閉鎖的な感情を解き放つエモーショナル且つ激しいサウンドが輝きを放つ作品となっている。 カバーアートにはEd Sheeran / Bring Me The Horizon - Bad Habitsのアートワークや、Bring Me The HorizonのボーカルOli Sykesが立ち上げた世界中のエモカルチャーのアイコンとも言えるクロッシングブランド"drop dead”の3Dビジュアルを担当するイギリスのCGデザイナーALYXを起用。 EPについてBUNNYから以下のコメントが到着している。 “僕にとってこのEPはひとつの分岐点で、大きな意味を持ちます。パンデミック以降の混沌とした世界を見ていてどうしても作りたかった作品でした。自分自身人生でいじめや差別を味わってきた経験もあって、今この世の中だからこそ、抑圧されている人へ手を差し伸べる音楽をどうしても作りたかった。孤独や閉塞感、愛や温度を求める感情。そんな気持ちになる瞬間が僕の人生でたくさんあったし、誰しもあると思う。同時に現代社会全体に通ずるテーマでもある。そんなメッセージをハードでキャッチーな音楽に込めました。EP全体を通して、拠り所や愛を求めてる人と少しでも気持ちを共有できたらと思います。” 激動の数年間で思考もサウンドも蛹から蝶へとアップデートされたBUNNY、第二章へ向けて始動した彼の今後の動向から目が離せない。

6 tracks
HipHop/R&B

BUNNY x Kellin Quinn - Lonely Together RMXS

3 tracks
HipHop/R&B

BUNNY x Kellin Quinn - Lonely Together RMXS

3 tracks
HipHop/R&B

Sleeping With SirensのボーカリストKellin Quinnとコラボしたシングル「Lonely Together」をリリース。 BUNNY自身の10代の頃の経験に基づいた歌詞にKellin Quinnも共振したことでコラボが実現 孤独感を抱えている人に手を差し伸べ寄り添うようなエモーショナルな歌詞に仕上がっている ダイナミックかつメロディックなトラックと感情揺さぶるボーカルが見事に融合した力強く感情的なメッセージが込められた作品となった。 楽曲についてBUNNYから以下コメントが到着している。 ”属性や人種に基づいた差別、学校やコミュニティでの疎外感、パンデミックでの隔離、様々な立場での分断、あとは失恋とか、現代社会に於いてあらゆる理由で”この世界で独りなんだ”って孤独を感じる瞬間があると思う。凍えそうな気持ちになる瞬間があると思う。自分自身もそんな経験を10代の頃から味わってきて、そんな時に自分を救ってくれたのが音楽だったし、Sleeping With Sirensの曲にも15歳の僕は救われた。 そんな当時の自分のように孤独を感じてる人と少しでも”寂しさを分け合う”ような曲になったらいいなと思って作りました。”

1 track
HipHop/R&B

Sleeping With SirensのボーカリストKellin Quinnとコラボしたシングル「Lonely Together」をリリース。 BUNNY自身の10代の頃の経験に基づいた歌詞にKellin Quinnも共振したことでコラボが実現 孤独感を抱えている人に手を差し伸べ寄り添うようなエモーショナルな歌詞に仕上がっている ダイナミックかつメロディックなトラックと感情揺さぶるボーカルが見事に融合した力強く感情的なメッセージが込められた作品となった。 楽曲についてBUNNYから以下コメントが到着している。 ”属性や人種に基づいた差別、学校やコミュニティでの疎外感、パンデミックでの隔離、様々な立場での分断、あとは失恋とか、現代社会に於いてあらゆる理由で”この世界で独りなんだ”って孤独を感じる瞬間があると思う。凍えそうな気持ちになる瞬間があると思う。自分自身もそんな経験を10代の頃から味わってきて、そんな時に自分を救ってくれたのが音楽だったし、Sleeping With Sirensの曲にも15歳の僕は救われた。 そんな当時の自分のように孤独を感じてる人と少しでも”寂しさを分け合う”ような曲になったらいいなと思って作りました。”

1 track
HipHop/R&B

日本在住プロデューサーBUNNYとイタリア在住シンガーのBecko (from Hopes Die Last)によるセルフリミックスEP ロック、メタル、スクリーモ、EDM、エモラップ等幾多の時代を駆け抜けた2人ならではのサウンドは進化を止める事を知らない

3 tracks
HipHop/R&B

日本在住プロデューサーBUNNYとイタリア在住シンガーのBecko (from Hopes Die Last)によるセルフリミックスEP ロック、メタル、スクリーモ、EDM、エモラップ等幾多の時代を駆け抜けた2人ならではのサウンドは進化を止める事を知らない

3 tracks
HipHop/R&B

前作「BRAND NEW DAY」「拙者BUNNY」から約1年7ヶ月ぶりにBUNNY史上初のファーストアルバムがリリース。アルバムリード曲の「ONLY ME」、何かを生み出す楽しさを綴った「生涯最高秘蔵レシピ」、コロナ禍に負けずに前向きに強い気持ちを歌った「灯せ」、不安な世の中でも大切なものを忘れない「その気持ちをもってIMA」などトラックも多方面からのアプローチにより今までの楽曲にはない、インスト含め全12曲が収録されている。

12 tracks
View More Discography Collapse
Collapse