SLY MONGOOSE

Artist Profile

ディレイの彼方に立ち上がるスカ、レゲエ、ダブの裏打ちとヘヴィーなベース・ラインを下地に、目の覚めるようなロックン・ロールの8ビートや祝祭感に満ちたニューオリンズのセカンド・ライン、ディスコやハウス、テクノを貫き、朝まで続くイーブン・キック、密林をひた走るアフロ・ビート。それらあらゆるグルーヴ・ミュージックのコンテクストを剥ぎ取り、徹底的にミックスすること。その先でSLY MONGOOSEの目くるめく旅は2002年に始まった。ライヴ・バンドとして、THE SKATALITES、ZAZEN BOYS、EGO-WRAPPIN'、ROVOら、広範なアーティストと共演する一方、その楽曲が瀧見憲司の『Sessions Vol.2:The DJ At The Gates Of Dawn - Dancestonelive』(2003年)、Radio Slaveの『Radio Slave Presents Creature Of The Night』(2006年)、Riton & Serge Santiagoの『We Love...Ibiza』(2007年)といった国内外のミックスCDに収録されるなど、世界的なDJの現場でも支持を集めている彼ら。ベーシストであった笹沼位吉がバンド休止後、スチャダラパーやTOKYO No.1 SOUL SETのサポートを務める過程で、活動の母体となるバンドを求め、COOL SPOONの元メンバーであるキーボードの松田浩二、トランペットの外間正巳、ドラムの武村国蔵と共に結成したのが、つまりはSLY MONGOOSEである。2004年8月のミニ・アルバム『DACASCOS』では、マッド・プロフェッサー、岩城健太郎、Force Of Nature、Garalude(川辺ヒロシ+DJ KENT+笹沼位吉のユニット)によるリミックスと2曲の新曲によって、ダブの先進性を抽出し、それを熟成発酵させること2年。サポートを務めていたネタンダーズ、ピラニアンズのギタリスト、塚本功とパーカッショニストの富村唯を正式メンバーに加えると、2006年3月の2ndアルバム『TIP OF THE TONGUE STATE』をリリース。この作品は、オルタナティヴなダンス・ミュージック・シーンと共振しつつ、通常なら同居し得ない音楽要素を哀愁とユーモアを交えた生演奏の精緻なポスト・プロダクションでまとめ上げた唯一無比の傑作となった。

公式サイト: http://www.slymongoose.jp/news/

Discography

Related labels

People who bought this artist's album also bought

News

『YOUR SONG IS GOODの超2日間』第2弾でSLY MONGOOSE、王舟 2日目はユアソン・ワンマンでフロアライヴ敢行

『YOUR SONG IS GOODの超2日間』第2弾でSLY MONGOOSE、王舟 2日目はユアソン・ワンマンでフロアライヴ敢行

12月2日(土)3(日)に恵比寿LIQUIDROOMで開催されるYOUR SONG IS GOODの毎年恒例2DAYS企画、「YOUR SONG IS GOODの超2日間」。 その第2弾出演アーティストが発表された。 今回第2弾として発表されたのは、SL

相対性理論も参戦! THE HELLO WORKSの恒例イベントが恵比寿LIQUID ROOMで開催!

相対性理論も参戦! THE HELLO WORKSの恒例イベントが恵比寿LIQUID ROOMで開催!

スチャダラパー、SLY MONGOOSE、ロボ宙によるバンド、THE HELLO WORKS。総勢10人にも及ぶ大所帯の彼らが、毎年恒例となっているイベント〈PAYDAY〉を今年も開催する。 12月9日(日)に恵比寿LIQUIDROOMで行われる今年の

Articles

SLY MONGOOSE『Wrong Colors』

レヴュー

SLY MONGOOSE『Wrong Colors』

'''2年半振り4作目のフル・アルバム'''''SLY MONGOOSE / Wrong colors''80年代のバレアリックが再解釈されている、今日の世界的なダンス・ミュージックを目指す起死回生のアルバム! オルタナティヴなダンス・ミュージック・シーン…