Eels

Discography

シンガー・ソングライター兼マルチ・プレイヤーのEことマーク・オリヴァー・エヴァレットによる変幻自在のプロジェクト、イールズは1996年に『ビューティフル・フリーク』でデビューして以来コンスタントに作品を発表してきた。2014年に発表された前作『ザ・コーショナリー・テイルズ』はペイスト・マガジンで8.9/10、ガーディアンでは4/5を獲得。音楽媒体での評価も高く「現代のポップ・ミュージックにおける希少な存在(ニューヨーカー誌)」、「過去10年で最も多作で冒険的且つ感動的なソングライターの一人(Qマガジン)」と絶賛されてきた。そして前作から約4年、12作目となる待望の新作『ザ・ディコンストラクション』をリリースすることが決定!レコーディングは米カリフォルニアの複数のスタジオにて行われた。本作の演奏は、イールズの2作目『エレクトロ・ショック・ブルース』にも参加している米プロデューサー、ミッキー・ぺトラリア、映画音楽作曲家でもあるクール・G・マーダーとP・ブー、そしてフロントマンのマイクが率いるオーケストラ&合唱団によって行われた。マイクは本作について次のようにコメントしている。「イールズのこの新しい15曲は、君をインスパイアしたりロックさせるかもしれないし、しないかもしれない。世界は狂っていってるよ。でも探せばまだ、美しいものを見つけることができる。ときには探す必要もなかったりするし、あるいは自分でそういうものを生み出そうとしなければいけないこともある。そしてときには、何かを引き裂いてその中に隠された美しいものを見つけ出さなきゃいけないこともあるんだ。」
シンガー・ソングライター兼マルチ・プレイヤーのEことマーク・オリヴァー・エヴァレットによる変幻自在のプロジェクト、イールズは1996年に『ビューティフル・フリーク』でデビューして以来コンスタントに作品を発表してきた。2014年に発表された前作『ザ・コーショナリー・テイルズ』はペイスト・マガジンで8.9/10、ガーディアンでは4/5を獲得。音楽媒体での評価も高く「現代のポップ・ミュージックにおける希少な存在(ニューヨーカー誌)」、「過去10年で最も多作で冒険的且つ感動的なソングライターの一人(Qマガジン)」と絶賛されてきた。そして前作から約4年、12作目となる待望の新作『ザ・ディコンストラクション』をリリースすることが決定!レコーディングは米カリフォルニアの複数のスタジオにて行われた。本作の演奏は、イールズの2作目『エレクトロ・ショック・ブルース』にも参加している米プロデューサー、ミッキー・ぺトラリア、映画音楽作曲家でもあるクール・G・マーダーとP・ブー、そしてフロントマンのマイクが率いるオーケストラ&合唱団によって行われた。マイクは本作について次のようにコメントしている。「イールズのこの新しい15曲は、君をインスパイアしたりロックさせるかもしれないし、しないかもしれない。世界は狂っていってるよ。でも探せばまだ、美しいものを見つけることができる。ときには探す必要もなかったりするし、あるいは自分でそういうものを生み出そうとしなければいけないこともある。そしてときには、何かを引き裂いてその中に隠された美しいものを見つけ出さなきゃいけないこともあるんだ。」