rem time rem time

Rock

様々なジャンル、シーンで活動していたが交流のあったメンバーが集まり、ボーカル初鹿利佳の確かな歌唱力を激情ハードコア、パンク、90’sエモ、シューゲイザーなどで消化し、様々なシーンに伝わる音に進化させた八王子発オルタナティヴロックバンド。

激しくも繊細で、感情的なライブパフォーマンスと初鹿の切なくもどこか温かみのある歌詞とメロディは懐かしさと新しさを兼ね備えた全く新しいジャンルを形成している。

Official site: http://remtimeremtime.com/

Discography

Rock
結成3年目にして初の単独流通盤となる今作。ボーカル初鹿の切なさ結成3年目にして初の単独流通盤となる今作。ボーカル初鹿の切なさや優しさ、力強さを包含したエモーショナルな歌を中心にギターアンサンブルの響くオルナタティブロックバンド、rem time rem time。デビュー盤にして様々な一面を見せてくるがこの手のジャンルにありがちな自己陶酔に走ることなく、常に楽曲と初鹿の歌に忠実であるからこそのバランス感があり、決して散らかることなく一貫してキャッチーでありリスナーを選ばない間口の広さは、このジャンルでは貴重な存在となるだろう。先行して会場盤としてリリースされた「pool」の高揚感のあるサビのシンガロングやBPMの早さに頼らない疾走感とアンサンブルの心地良さは、まるでそこにこれからのバンドとしての期待感や加速度も重なっていくようである。そっと寄り添うような優しさを持ちながらも、抱えきれない焦燥感や様々な情景を思い起こさせてくれる「sleepy record」や、ジュングレイコンピ参加曲の再録である「遠くへ」など、これからの飛躍を否応なく期待させる全10曲。決して常に前向きなわけではなく、けれど日々の迷いや葛藤も捨てずに抱えたまま進むべき道を探し続けるrem time rem timeの1stフルアルバムの完成である。
10 tracks

Related labels